AI(人工知能)を使って発音矯正

先日、たまたま、どなたかの英語ブログを読んでいた時に、AI(人工知能)を使った英語の発音矯正アプリ「Elsa Speak(エルサ スピーク)」があることを知りました。

このアプリは、正しい発音ができているかをAIが判定してくれるというもので、まさに求めていたものです。

発音矯正というのは、その道のプロじゃない限り、人に教えたり、教えられたりというのがとても難しいものですし、一人ではなかなかできないので、こういうものこそAIが力を発揮。

さっそく使ってみると、英語の「BOOK」の発音が正しくできていないことがわかって衝撃を受けました。

BOOKの発音が正しくないなんて、今まで自分で思ったことも、指摘されたこともなかったですが、「OO」の発音は日本語にないので、日本人の多くが苦手とする音だということが、あとでネットで調べてわかりました。

RやL、SやTH、VやBは、自分でしっかり意識しているのですが、これまで注意してこなかった細かい発音の違いがたくさんあることがわかり、とても勉強になっています。

この4連休中は、暇さえあれば「ELSA」でセルフ・トレーニングを続けた結果、発音に対する意識も変わってきました。

夫のポールは流ちょうに日本語を話しますが、発音ではたとえば、「ほうれん草」はどうしても、「ほうれんそう」ではなく、「ほうれんぞう」と発音してしまうようで、一度ついてしまった癖を取るのはなかなか大変です。

ずっと昔、ポールが、「押し入れ」という単語を、「おしいれ」ではなく、「おしり」と発音していて、話が通じなかったこともありました。

日本語でも英語でも、大抵の場合は発音が多少違っても、文脈でわかるので問題ないと思いますが、少しでも正しい発音ができるのに越したことはないですよね。

というわけで、無料プランから有料プランに変更して発音矯正トレーニングを続けることにしました。

姪っ子、甥っ子にも勧めました。

特に耳の柔らかな小さいお子さんたちが、最初からこのアプリを使って練習したら、きっとすごくいい発音ができるようになるのではないかと思います。

英語の発音矯正がAIを使ってできるようになるなんて、本当にいい時代ですね。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です