海外でコーヒーが注文できないワケ

少し前にブログで書いた、AIが矯正してくれる英語発音矯正アプリ「ELSA Speak(エルサ・スピーク))」(←詳細はココをクリック)が面白くて、特に小さなお子さんを持つ友人たちに勧めています。

自分が子供のころにこんな素晴らしいアプリがあったなら、今の英語は確実に違うものになっていたはずと思うからです。

9歳になったばかりの姪っ子もアプリで面白がって遊んでいます。

発音の「ネイティブ度」をAIが判定してくれるのが面白いところ。

最高は100点満点ですが、これはなかなか出ません。

ちょうど家族みんなでマカロンを食べていた時だったので、マカロン=「macaron」の発音を一緒に練習したところ、姪っ子は何度繰り返しても20点くらいの超低い点数で、最後は、「『マカロン』って言ってんのーー!」って、スマホに向かって叫んでいました(笑)。

私の母、つまり姪っ子のおばあちゃんの「マカロン」の発音が、まったくネイティブに聞こえないのに意外なくらい高得点で、「このアプリ、絶対、おばあちゃんに優しいよね!」って悪あがきをしていましたが、人間が判定しているならともかく、AIですから絶対にそんなことはありません。

驚いたのは、このアプリ、ネイティブ発音をお手本として聞くことができるのですが、姪っ子の場合、そのお手本を数回聞いてから発音すると、一気にネイティブレベルに得点が上がることです。

Fを発音する時は下唇を噛んでとか、RやTHを発音する時はね・・・・、なんてイチイチ説明しなくても、耳で聞いただけで、ちゃんと耳で覚えてネイティブの発音をすることができるのです。

カタカナ発音の20点台からネイティブレベルの90点台はあっという間です。

これには本当に感動しました。子供の耳って本当に凄い!!

そんなわけで、子供たちが好きなゲームを攻略する感覚で、家族みんなでパパとママと子供たちのネイティブ度を競ったりすれば、遊びながらネイティブ発音が身につく夢の教材だと思います。

先日、飲み会でこの話をしたところ、その中の一人が、「実は、イギリスに行ったとき、コーヒーを注文したのに、『コーヒー』が通じなかったんですよね」、という話を披露してくれました。

ここは「エルサ」の出番です。

早速、私のスマホを使って、アプリの「語彙」のところに「coffee」を入力して、その人の発音をチェックしてみると、ネイティブ度12%という驚異の低い数字が出ました。

通じないはずです。その発音じゃ無理ですよ、10人に9人は理解できませんから・・・、とAIが教えてくれたのです。

その翌日、「コーヒーがイギリスで通じなかった」、その本人から、「ネイティブ度99%が出ました!」と喜びのメールがスマホの画像付きで届きました。

飲み会の後、自分のスマホにアプリを入れて、何度も練習したそうです。

アプリのアドバイスに従ってコツを掴んで発音を矯正すれば、必ずできるようになるんです。

「今度イギリスに行く時は、ちゃんとコーヒーを注文できますね!」と喜んでくれました。

発音矯正が無料でできる時代、本当にいい時代です。

小さなお子様に、大人であれば海外旅行に行く前に、とてもおすすめのアプリです。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です