在宅勤務、WEB会議あるある

今月中旬に札幌でコロナ感染が急拡大してから、ずっと在宅勤務が続いています。

最初はドキドキものだったWEB会議も、ZoomであれTeams であれ、なんでも来い!

昭和の、いわゆる「オワコン」ですが、「普通の人にできることが自分にできないわけはない」というのが基本スタンス。

新しいことにチャレンジするのは楽しいもので、慣れればどうってことはなく、在宅なら、会社支給のPCと自宅のPC、モニターをフルに使い倒して、マルチ画面でむしろ業務効率は大幅アップ。

周囲を電子機器とモニターに囲まれ、同時に数台を使いこなす私は、四方をシンセサイザーで囲まれ、最先端の機器を自在に操る、まさに「小室哲哉」状態なわけですよ。

そんな中で、昭和世代ゆえの「あるある」。

アカウントが、「ERI-PON」というハンドル名だったこと。

仕事用に新たにアカウントを作成すればいいものを、既に持っているからとプライベートのアカウントで参加したところ、重要な会議の画面に出ているのが「ERI-PON」というハンドルネーム。

焦りましたね~。

大事な会議中、他の人たちは仕事と同じフルネームなのに、自分だけがハンドルネームで、画面の片隅に映る「ERI-PON」の文字が気になって仕方がありませんでした。

ふざけてるとしか思えませんよね、コレは。

そしてまた、あるWEB会議に参加した時には、自宅の背景が殺風景なので、お洒落なカフェの背景画像を拝借。

違う会議では、「え~、お洒落~♪ それ自宅なの~?」と言われて賞賛されていたのに、なんと、ある会議では、一緒に参加したメンバーがまったく同じ背景画像!!

コロナ禍の中、在宅勤務、WEB会議で日々是勉強。

ピンチはチャンス!

未来の働き方に向けて、ただいま猛勉強です。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ