愛しさ

バブーの治療が自宅での投薬治療に切り替わったのはいいのですが、元気がありません。

薬の影響なのか、年齢のせいなのか。

しばらくお昼寝をしてからご飯の時間になると、後ろ足は座った状態のままでご飯を食べます。

ご飯をもりもり食べるのは元気な証拠ですが、立つのもダルい感じで、足腰が弱ってきたのは明らかです。

今日はたっぷり足のマッサージをしてあげました。

愛犬の老いに向き合うのは辛いものがありますが、あとどのくらい一緒にいられるのかと思うと、愛しさはますます深まります。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキング

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

“愛しさ” への2件の返信

  1. わかります❗
    投薬で現状維持以上が期待できるなら、どうしても薬を飲んで貰いたい。 うちは、たった一点薬加えたら、ごはんも徐々に食べなくなり最後は見向きもしなくなりました。それでその薬を止めました。
    食べるようになるまで時間がかかりましたが。人も犬も、最終的にはQOLが大事なんでしょうか。

    インスタグラムの、doubutsu_byouin で、Dr.も同様の事を言っていました。(これ、オススメです)

    1. QOLは本当に大事ですよね。
      体が小さいわんこは薬をひとつ変えただけで大きな影響があります。
      一体、何をしてあげるのが本犬にとっていいことなのか、日々悩んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です