エコー検査

今日は動物病院でエコー検査とレントゲン検査をしました。

先週がバブーの年内最後の通院予定だったけれど、どうも調子が良くないので念のため。

血液検査の結果からは重大な病気の兆候はなかったのですが、今回の検査で膵臓が腫れていることがわかりました。

抗がん剤の影響と思われ、時々食欲がなかったり、下痢をするのはそのためのようです。

昨夜はずっと部屋の中を歩き回ったり、口を何度もペロペロしたりして、とにかく落ち着きがなかったのですが、そのことを先生に伝えると、お腹が痛くてきっと気持ち悪かったんでしょう、と。

朝から食事抜きでの検査だったので、お腹が空いているはずなのに、帰ってきてからも食欲がなく薬も飲んでくれていません。

2つの病気のバランスを取りながら治療をするのはとても難しいようで、先生も治療方針を立てるのに悩んでいました。

バブーの調子をよく観察して、先生と相談しながら乗り越えて行きたいと思います。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

“エコー検査” への2件の返信

  1. おはようございます。
    うちのもうすぐ16歳も膵炎の既往症があり、薬でコントロールしていますが、最近は、数値<QOLにシフトしつつあります。
    でも、薬の効果はまだ有効とのことなので、ロイヤルカナンの缶詰めで練って丸めて(笑)、喉奥に。
    .「好きなものあげてください」と言われなかった喜びを噛み締しつつ。
    あの、どうしようもなく不快そうな症状は抑えてあげたいですよね。
    バブーちゃんもコントロール方法見つかると良いですね。

    1. 数値<QOLにシフト、わかります。
      バブーの場合は、2つの病気があるので、一方の治療を強化すると他方に悪い影響が出てしまっているようです。
      抗がん剤治療の副作用ともともとのリンパ管症状の悪化。
      栄養が吸収できない、というのが何より心配で。
      まずは食べてもらわなければ!
      喉奥に薬、これがどうしてもできないんですよね~。それが悩みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です