冷蔵庫の悪夢ふたたび

2021年の元旦に壊れた我が家の冷蔵庫。

2005年製の古い冷蔵庫のため、メーカーに問い合わせたものの「製造中止のため修理部品なし」との回答で修理の可能性はゼロ。

潔く諦めて、買い替えのためビッグカメラへ。

使い勝手がよさそうな、今のものよりも一回り小型のものに決めて、配送の手続きをしたのだけれど、問題は壊れた冷蔵庫の処分。

配送担当の方が現地調査に来てくれたところ、新しい冷蔵庫を搬入することはできるけれど、壊れた冷蔵庫を搬出できないという問題が。

実は搬入した時に、家の構造と比較して大き過ぎたためにひと悶着(←その時のこと)あったのです。

搬入してくれたんだから、同じように搬出して欲しいところですが、担当の方曰く、「それは古いやり方なんです。15年前はなんとか搬入していましたが、今は商品にも作業員にもリスクが大きいので、冷蔵庫をロープで吊り上げたり、吊り下げたりする方法は取れないんです」。

じゃあ、どうしたらいいんですか?、と一緒に悩んでほかの方法を探すことになり、未解決。

もしかしたら、壊れた冷蔵庫は、ただの棚として利用し続け、この家を取り壊すそのときがくるまで置いておかなければならないのかもしれません。

そんな馬鹿な・・・。

ゆったり過ごそうと思っていた冬休みの最終日は、冷蔵庫問題のやり取りで丸つぶれ・・・。

たかが冷蔵庫、されど冷蔵庫。

ネットで調べて便利屋さんにも問い合わせ中ですが、どうなることやら。

新年早々、明るい話題がまったくない、前途多難の我が家です。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ