是非読んで欲しいブログ

コロナ禍の中、是非読んでもらいたいブログがあります。

もう何年も前から読んでいる、イギリス在住日本人の方のブログ「イギリス毒舌日記」(←タイトルをクリック)です。

もし自分が夫の国・イギリスに住んでいたらどんな感じなんだろうという思いで読み始めたのですが、特に面白いのが義理のお母さんとのやり取り。

とにかくクセのあるお義母さんで、日本語だからバレない前提で、時にひどく辛辣に書いているときもありますが、でもどこか笑っちゃう、そんな日常が面白おかしくて読み始めたら止まらない、そんなブログ。

そのブログに登場しているメイン・キャラクターのお義母さんが、2日前にコロナ・ウィルスで亡くなりました。

感染がわかってから亡くなるまでは、本当にあっという間でした。

日々ブログを読んでいてリアルタイムで情報がわかっていたので、亡くなったと分かった時は、「えっ、まさか!うそでしょ。そんなにあっさり死んじゃうの!?」、と言葉を失いました。

お会いしたこともない人なのに、自分にとって身近な人がコロナで亡くなった感じで、とてもショックでした。

イギリスの感染の深刻さは、ポールが日々報告してくれるのでよくわかっているつもりでしたが、ここまでとは。

ワクチン接種の話題も増えてきたこととコロナのニュースに慣れてしまったことで、なんとなく世の中がウィルスに対する気が緩みがちになっている気がします。

まさにその気の緩みこそが、感染拡大が止まらない理由なのだと思います。

あんなに元気で、まさに毒舌だったお義母さんの死を伝えるブログを読んで、改めてウィルスの怖さを思い知らされるとともに、医療従事者の方たちの日々の奮闘と対応に心からリスペクト。

日本ではなかなか知りえない医療ひっ迫の現場、患者で溢れ、電子音が鳴り続ける病室の様子、助かる人を優先せざるを得ない状況が伝わってきます。

是非、冒頭のリンクから数日間を遡って読んでもらいたいと思います。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

コメント

  1. くまです。 より:

    テレビニュースも感染者の数字ばかりじゃなくこんな感じでかかると怖いし、医療従事者に大変な負担がかかる事を報道して欲しい、わたしも姉や娘が医療従事者、まったく会えない日が続いております、お互いに感染者かもしれないので、読んで悲しくなり、胸が熱くなりました、紹介してくださりありがとうございます。

    • eri-pon より:

      コメントありがとうございます。イギリスの悲惨な現状は日本の比ではありませんが、日本も対応を誤れば近い将来こうならないとも限りません。
      どんなに夜間の外出・外食抑制を求めたところで、昼飲みが増えれば拡散します。ウィルスは夜行性ではありませんから。
      くまさんのお姉さんや娘さんは医療従事者なんですね。本当に心からの感謝の気持ちしかありません。
      医療崩壊が現実になりそうな現場で、まさに命がけで働く医療従事者の方々、そのご家族の方々のことを思うと涙が出ます。

  2. チョビマロ母 より:

    コロナの医療現場、我々には想像もつかない中、とてもリアルに実感出来ました。
    日本国内の現状は表立っていないだけで、おそらく海外に追従しているんでしょうね。日本政府も、原稿読んでいないで自分の言葉で伝えて貰いたいものです。
    イギリスのご家族、心配ですね。
    日本もキャリアとニアミスだらけ、紙一重ですが。

    • eri-pon より:

      おっしゃる通りだと思います。
      感染者数や死者数だけが知らされ、政府が原稿棒読みの状態だと危機感がまったく伝わりません。
      私たちにできるのは、医療機関や医療従事者にこれ以上の負担をかけないことなのだと思います。
      このまま曖昧な態度を取り続けると、想像しただけで恐怖しかありません。

  3. ミント より:

    イギリス毒舌日記、3年前にから読んでました!。YouTubeでおすすめチャンネルがあるのです。「りありこチャンネル」のイギリス引越し準備が大変すぎて発狂しそうなのでライブします、、です。

    えりぽんさん、検査結果心配ですね。わたくしめはサイロイドキャンサー(身をもって覚えた英語)で全摘しました。

    えりぽんさん、何事もありませんように!

    • eri-pon より:

      ミントさんのおすすめ「りありこチャンネル」、この週末に早速チェックしてみます!
      サイロイドキャンサー=甲状腺がん、ですね。
      私の友人も甲状腺がんを指摘されて、喉に針を刺して検査した、と言っていました。
      何事もないことを祈りますが、この歳になると仕方ないと言いますか、何かあっても、ある程度の覚悟はできています!

タイトルとURLをコピーしました