Mサイズ

コロナ禍の在宅勤務と飲み会なし生活で、食生活が大いに変わったせいで、なんの苦労もせずに、昨年末の2か月間にスルスル痩せました。

この4か月、揚げ物もラーメンも食べていませんし、ビールもほとんど飲んでいません。

食べているのは主にポールが作ってくれる、肉と野菜とポテトの食事。

お酒は毎晩飲みますが、ワインとウィスキーを少々。

そんな生活で1週間に平均1キロ減で、激太りしていたピークの頃と比べると10キロ減です。

さすがに10キロ痩せると洋服のサイズが変わるので、これまで体型にぴったりで愛用しまくっていたベルト通しのないパンツはずり落ちて履けなくなりました。

先日、病院で細胞診をした時は、問診してくれた看護師さんが「Мサイズ」の検査着を用意してくれました。

私は身長があるので、子供の頃から「Мサイズ」だったことはありません。

「Мサイズ」だと着丈も袖丈も短くて不格好になるので、基本は「Lサイズ」。

それが中年太りで「XLサイズ」になりはじめたのがコロナ前でした。

もういい歳だし、どんなダイエットをしても無駄、「こういうものなんだ」とすっかり諦めていました。

それが、2021年の今、「Mサイズ」です。

不謹慎ですが、コロナがなければ「デブまっしぐら」だったと断言できます。

決して自慢したいのではありません。

中年太りは生活改善をすれば止められるのだという自分への備忘録として、「Mサイズですね!」と看護師さんに言われたこの日、この時の奇跡を書き留めておきたいと思います。

あまりにデブデブになりはじめた時は、他に打つ手なしで「ライザップ」も考えたほどですが、お金を払わずに痩せることができたので、今は得をした気分です。

体が軽くて楽ですし、「痩せなくちゃ!」というストレスから解放されたのが何より。

コロナ後はリバウンドしないように自分との闘いがまたはじまりますが、頑張りますよ。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ