家族で会食

先週末、久しぶりに家族で札幌駅前のJRタワーホテル日航札幌でランチをしました。

市内在住ですが、実家の母が札幌駅まで外出するのは今年初。

35階の「丹頂」という和食レストランで眺めが最高でした。

母は外出することに不安があったようですが、レストランのコロナ対策は万全で、外科医が手術をする時に使っているような青いゴム手袋をはめてサーブしてくれました。

テーブル席もそれぞれ充分なスペースがあって予約制なので、万一感染があってもちゃんと追跡できるという意味でも安心です。

久しぶりにウィンドー・ショッピングも堪能。

せっかく痩せたのに、また太るのが怖くてなかなか思い切った買い物はできませんが、春ですからね~。

そろそろ通販ではなく、店頭でパステルカラーの洋服でも買って、明るい気持ちになりたいものです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

運命の出会いと紅茶

人生には、「運命の出会い」があると信じています。

転職2度目の会社の初任地・函館で夫のポールに出会えたことも、札幌のペットショップでバブーに出会えたことも、すべて運命だと思います。

アメリカ在住のヤングご夫妻に札幌で偶然お会いできたことも、運命だと思っています。

その時のことは「ヤングご夫妻」(←その時のことはコチラから)に書きましたが、ランチタイムの中華料理店でたまたま会えるなんて、こんなご縁はなかなかありません。

そのご夫妻から、とても美味しい地元の紅茶を送っていただきました。

ポールも私もコーヒーより紅茶派なので、これは嬉しい♪

ティーバックが日本にはない大きなアメリカン・サイズなので、大きなマグカップでも2杯は余裕で楽しむことができます。

色合いも渋くてお洒落でかっこ良くて、毎朝テンションがあがります。

コロナ禍でお互い行き来ができず去年からお会いできていませんが、またいつか必ずお会いできると信じています。

アメリカの気になるニュースとしては、アジア人ヘイト事件があるので、日本人妻・ヨーコさんがとても心配です。

治安のいい地域にお住まいなので大丈夫だとは思いますが、それでもやはり心配です。

なのにヨーコさんは私のことを心配してくれて、紅茶を送ってくれました。

この先、私が手術・入院するときは、この紅茶を大切な「お守り」として持って行きます。

アメリカから届いた紅茶を見るたびに「運命」を感じて幸せな気持ちになっています。  

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

たんぽぽの種

今年受けた人間ドックで、人生初の「要精密検査」の結果を受けてからの2ヵ月間、毎週のように病院で次々と検査を受けて「クロ」判定が出るまで、まさか自分が乳がんのことをブログに書くことになるとは思ってもいませんでした。

なので、当初はそれなりにショックを受けましたが、先生の説明と自分調べで、腫瘤がわずか5mmという小ささにも関わらず人間ドックで見つかったのが幸運だったとわかってきました。

欲を言うなら、昨年末に在宅勤務をしていた時に人間ドックを受けて、切除手術も昨年のうちに終えることができていれば職場に迷惑をかけることも少なかったのに・・・、と悔やんでいます。

ですが、ガン細胞の増殖スピードは人間の都合に合わせてくれませんので、昨年末に人間ドックを受けていたら、逆に小さ過ぎて見つからず、もしかしたら一年後、来年の人間ドックではすでにステージが進行している可能性だってゼロではありません。

それを考えるとゾクッとします。

調べてわかったことですが、乳がんはよく「たんぽぽの種」に例えられるそうです。

「タンポポの種は、風に吹かれて遠くの土地まで飛んでいき、発芽に適した場所で芽を出しますが、芽を出して花を咲かせるまではみつけることはできません。それと同じように乳がんと診断された時点ですでに微小転移が存在する場合があります」。

私の場合は、検査の結果、「転移がない」ことと、ごく「一般的なタイプ」ということが先日わかったばかり。

手術はこれからで日程も未定ですが、極めて初期の段階での治療になるのは人間ドックで見つけることができたお陰です。

コロナ感染の懸念から、健康診断の受診率が減っているというニュースを読んだばかりですが、乳がんに限らず、どんな病気も早期発見、早期治療が一番なのは言うまでもありません。

生まれつき健康な人ほど、人間ドックや健康診断をおろそかにしがちだと思いますが、病気が何も見つからなければそれに越したことはないのですから、検査だけは必ず受けて欲しいと思います。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

「いぬと家族」の写真展

札幌・大通の富士フィルムフォトサロンで開催中の、フォトグラファー石川ともえさんの写真展「いぬと家族」(←詳細はココをクリック)に行ってきました。

数年前に知人の紹介でホームページを見て以来、柔らかくて優しい写真の数々に魅了されて大ファンになり、家族の写真を何度か出張撮影してもらっているフォトグラファーさんなのです。

ご自身が愛犬家なので、わんこの最高の瞬間をとらえるべく、根気強く撮影してくれます。

白黒の目をきょろきょろさせていたり、柴犬が4匹並んでおとなしく座っている写真だったり・・・。

どうやったら、こんなにかわいい写真が撮れるの!?

さすがはプロ!

愛犬バブーの写真も、作品のひとつとして展示していただいていました。

それがこちらの写真↓。

私の愛情が、ちゃんとバブーに伝わっていることがわかる写真です。

この写真のピンバッジも展示されていて、写真展終了後に飼い主限定で販売してくれるとのこと。

愛犬と家族の大切な時間が伝わってくるとても素敵な写真展。

今月いっぱいの開催です。

お近くの方は是非♪

世の中、動画流行りですが、一瞬で見過ごされてしまうような「瞬間」をしっかり捕らえて残すことができる写真も本当にいいな~、と思います。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

本日のおやつ

先日も書きましたが、東ハトの「ポテコ」と「なげわ」が大好物です。

でも、「なげわ」は近所のスーパーに売ってなくて・・・、と嘆いていたら、お友達のトモコさんから、まさかのプレゼント!

久しぶりの「なげわ」!!

土日になると、ポリポリ、食べまくっています。

この固めの食感がたまらなく好きなのです。

トモコさんは、2年前に北海道で大地震があってパンが入手できなくなった時にも、自宅で焼いたパンをわざわざ我が家に届けてくれたり、日清の「酸辣湯麺」が大好きだったのに今は近くのスーパーで売らなくなってしまって・・・と話していたら、どこかのスーパーで売っているのを見つけて、在宅勤務の時に、近くに来たついでだからと持ってきてくれたり、困っているとさりげなく助けてくれる、「天使」のような人なのです。

このご恩は一生忘れません・・・。

おやつは大事ですよ。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

転移なし

バブーじゃなくて私の話です。

ステージⅠの乳がんと診断されたあと、がん細胞の全身・骨への転移の有無を調べるためにCT検査と骨シンチ検査を受けてきました。

人間ドックの血液検査で針を刺されるだけでも嫌なのに、腕に針を刺したまま病院内を移動して造影剤を投与して検査、それが終わったらまた次の検査なんて本当に苦痛・・・。

私がこれまで享受していた「健康」は、なにごとにも勝る「宝」。

煽られると弱いタイプなので、「気分が悪くなったらすぐに教えてくださいね」と看護師さんに言われれば言われるほど、気分が悪くなってきます。

なのに、そう思っていた私は反省しましたよ。

その時、同じ検査を受けていたのは私よりもはるかに若い20~30代と思しき女性でした。

足取りの重さから察するに、もっとずっと深刻な状況なのかもしれません。

私自身はすでに50代に突入して子供もいないので、もはや何が起きても受け入れる「わが人生に悔いなし」の境地ですが、彼女の場合は違うでしょう。

そんなことをあれこれ考えながら、検査結果のデータを持って主治医のもとに行くと、「転移なし」とのことでした。

乳がんが遠隔転移しやすいのは、「骨、肺、リンパ節、脳、肝臓」という情報を事前に仕入れてドキドキしていたので、本当に安堵しました。

転移などを起こす可能性のある「浸潤性」ではあるものの、乳がんに罹患した日本人の6~7割に見られる「ごく普通」の乳がんで、幸いなことに「その中でも特におとなしいタイプ」と。

先生曰く、「肺に転移が見つかったりしたら、まったく別の話になりますから」、と。

闘病ブログにしたくはありませんが、もしかしたら同じ病気になる人の助けになる可能性があるかもしれないので、記憶が薄れないうちに「備忘録」として。

「がん」を患うという意味では、大先輩なのが愛犬バブー。

一年前に肺がんが見つかって、切除手術と抗がん剤の治療を受けていましたが、今はフリー。

可愛い寝息を立てながらすやすや眠るバブーを見て癒されます。

  

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

どうしても・・・

乳腺の腫瘤が悪性だと言われてからというもの、見なきゃいいのに、どうしてもネットでいろいろ検索してしまいます。

癌の治療が必要と言われた時に考えるべきことはたくさんありますが、女性たるもの、気になることのひとつが「脱毛」じゃないかと思います。

もともと毛量が多く剛毛で、とにかく扱いにくいやっかいな癖毛なので、自分の髪質は好きではありませんが、それでもさすがに・・・。

そんなモヤモヤした思いを抱きながら、先日、いつもお世話になっている美容師さんのところに白髪染めに行ってきました。

髪を染めながら人生相談に乗ってくれるので、検査結果が悪性だったことと脱毛の不安を伝えると、さすがは経験豊富な美容師さん。

ご本人も若い頃に卵巣に腫瘍が見つかって全摘したサバイバーなので、「なんの心配もいりませんよ」と笑顔。

「癌のお客さんはたくさんいます。早期発見なら癌はちゃんと治ります。ウィッグも扱っていますし、ウィッグのカットもできます。いざその時になったら、ちゃんと似合いそうなものを用意できますから遠慮なく相談してください」。

なんと頼もしい言葉じゃないですか!

自分で勝手に調べれば調べるほど不安ばかりが増殖していく中、こういう身近で頼もしい人の存在が大いなる助け。

本当にありがたいことです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

続く検査

今年受けた人間ドックで乳腺に腫瘤が見つかり、生まれてはじめて「要精密検査」の通知とデータ、専門病院の紹介状が届いて以来、ほぼ隔週で病院に通って検査を受けています。

その後の1ヵ月強で受けた検査はマンモグラフィー→エコー→細胞診→造影MRI→針生検。

検査を受けるたびに、結果が「完全なシロ」ではなく「極めてグレー」なために検査が続くわけですが、前回受けた「針生検」の結果、「クロ」が確定しました。

先生によると、腫瘤は「悪性」で大きさは5mm。

「悪性」=「乳がん」の早期発見でステージⅠだということははっきりしたものの、「転移などを起こす可能性のあるタイプ」のものか「転移を起こさないタイプ」のものかは別なラボにデータを送ってさらに検査中とのことでした。

親族では両家ともに乳がんの病歴がないので、ただの脂肪の塊か何かで、きっと大丈夫だろうと思っていましたが完全に甘かったです。

今週は転移の有無を確認するためのCT検査と骨シンチグラフィ検査の予定が入っています。

健康だけが取り柄だったので乳がんの宣告はショックではありましたが、検査が長引くにつれて、ある意味、少しずつ「覚悟」はできてきていました。

バブーが一年かけてやっと肺がんを克服したと思ったら、今度は自分が乳がんで「まじかー!?」という思いはありますが、出産・授乳歴がない女性の場合、乳がんのリスクは高まるそうなので、人間ドックのおかげで、わずか5mmで「超」早期発見できたことに感謝しつつ、粛々と検査を受けて、慌てず騒がず治療と向き合っていくしかないと思っています。 

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

変わらない

先日、バブーがポールにご飯を催促している様子を書きましたが、この行動は子供の頃からまったく変わりません。

10年前もこうでした↓。

夕方になると必死になって、「ひもじさ」を訴えていましたね。

「ごはんの時間ですよ♪」

今もお腹がすくと、笑顔でぐんぐん迫ってきます。

今はとにかく食べて体力を増強してもらうことが一番なので、この催促が嬉しいのです。

ただ、食べすぎるとお腹が痛くなるので、そこは注意が必要。

バランスが大切です。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

おむつ卒業!?

バブーが抗がん剤治療をやめてからほぼ一ヵ月。

おむつをしていますが、この一ヵ月は一度もおもらししていません。

抗がん剤治療中に腎機能が弱って、おもらしすることが多く、しっぽも足も黄ばんでしまっていましたが、だんだん白くなってきました。

体も少しずつふっくらしてきて、表情も生き生き。

そろそろ、おむつ卒業できそうです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ