シュッとした!?って何?

人生最大のデブ期から10㎏痩せて、若い人たちから最近よく言われるのが、「シュッとした」、という言葉です。

「久しぶりにお会いして、随分、『シュッとしたな~』、と思ったんですよ~」、という具合です。

「在宅勤務で痩せたからですかね?」と言うと、大抵の場合は、「えっ?!」と驚かれ、「在宅勤務って、逆に太るっていいますよね!?」と会話が続きます。

この「シュッとした」、という言葉。

前後の文脈と、言葉の「音」からなんとなくイメージはできるものの、ちゃんとした意味がわからずネットで調べてみると、もともとは大阪弁なのですね。

「関西ではシチュエーションに合わせて幅広い意味で使われる、非常に便利な言葉」、「万能な関西弁」という説明がありました。

基本的には誉め言葉で、悪い意味ではなさそう・・・。

良かった~、と安堵するものの、痩せたことでエイジングに拍車がかかり、みすぼらしくなり過ぎて、我が身を鏡で二度見することが多々。

「シュッとした」は、50歳を超えると「健康」と「病気」のハザマの、手放しでは喜べない微妙な領域なのではないかと思います。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

“シュッとした!?って何?” への4件の返信

  1. シュッとした、は時々使いますね。細くなって、キリッとした、体のシルエットがシャープになったと言うイメージで使ってます。褒められていいじゃないですか。リバンドにはご注意を。
    追伸、函館思い出ポロポロツアーいいですね。ビロングスがあれば最高なんだけど、それは残念です。

    1. 二度と痩せることはできないと諦めかけていたところだったので、絶対にリバウンドしないように気を付けます。
      函館思い出ポロポロツアー、是非♪
      その時はIZUMIさんに一日だけのビロングスを開設していただきましょう♪

  2. シュッとした….
    きっと関西人以外は使い方微妙に違うのでしょうね。
    恵方巻もワケわからず食べている人が多いように(笑)
    英語のsmartの意味も含まれているような。
    暇でもストレスでも食べる私は、とりあえず羨ましいだけです。
    お米一袋分減るなんて❗

    1. 思いがけず、シュッとしたんですよ~(笑)。なんの努力もせずに。
      努力なしで手に入れたものは失いやすいのでキープできるように気を付けます。
      ピーク時からはお米一袋分、少なくともバブー一匹分は脂肪が消えてなくなりました。
      バブーを抱っこしていると思いますが、6~7㎏でも結構重い・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です