北の国からの五郎さん。名優逝く・・・。

北海道を舞台にした最も有名なドラマのひとつと言っても過言ではない倉本聰さん脚本の「北の国から」。

家族や友達・仲間の愛が散りばめられていて、昭和世代が何度も泣かされたドラマ。

このドラマの主演、黒板五郎役の田中邦衛さんの訃報を今日知りました。

五郎さんは田中邦衛さん以外にはありえないキャラクター。

ドラマの名シーンは数々ありますが、なかでも印象に残っているのが、五郎と純、蛍がラーメン屋さんにいる場面です。

閉店時間だからと早く店じまいしたくて、まだ食べ終わっていない純のラーメンどんぶりを片付けようとした店員に、五郎が「こどもが、まだ食ってる途中でしょうが!」と激怒してトレイを叩き、落ちて割れたどんぶりを五郎と蛍が片付けるシーン↓。

切なすぎて何度見ても泣けてきます。

もうひとつ印象に残っているのは、純が上京する場面。

純が東京行きのトラックに乗った時に、ドライバー役の古尾谷雅人さんから、「おやじさんからもらった」という謝礼の封筒の中に入っていた泥のついた一万円札を見て泣くシーンです。

ドライバーさんが言います。

「いらんっていうのにおやじが置いていった。しまっとけ。お前が記念にとっとけ。ピン札に泥がついてる。お前のおやじの手についてた泥だろう。俺は受け取れん。お前の宝にしろ。貴重なピン札だ。一生とっとけ」。

親の愛はかくも深いものだということを思い知らされる名場面。

不器用で愛情の深い寡黙な父親役がぴったりでした。

「金なんか望むな。幸せだけを見ろ」。

「謙虚に、慎ましく、生きろ」。

五郎さんの遺言。

ありがとう、父さん・・・。どうぞ安らかに

     

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ