手術日が決まらないわけ

愛犬のバブーではなく、飼い主の私の話です。

先日、医科大学附属病院で乳がんの手術前検査を受けた時に、担当医から「私のチームの手術の予定は毎週金曜日なので、手術は〇日、入院はその前日にしましょう」と言われ、「手術日程が正式に確定したら、お電話します」と看護師さんから説明を受けました。

てっきり今日、明日中にも連絡が来ると思っていたのに連絡が来ないので、正式決定はいつになるのかを電話して聞いたところ、返ってきた答えは、「遅くとも手術を予定している週の火曜日までにはご連絡できると思います」。

そんなギリギリだとは思ってもいなかったので、驚いて、「えっ!?、手術日の正式連絡が来るのは入院する日の2~3日前ってことですか?!」と聞くと、「そうなんです」。

「休みを取ることになるので、職場には早めに伝えないと・・・」と言うと、「そうですよね~」と理解は示してくれるものの、「手術日が前倒しになることはありませんし、後ろ倒しになる可能性も少ないので、90%以上はその日になると思っていただいて問題ないと思いますが・・・」、となんとも歯切れが悪い。

看護師さんも答えに困っているようなので、電話を終えて自分でググってみたところ、あるサイトに回答がありました。

「手術日の決定スケジュールはどこの病院でもこのスピード感なのか?」という私のような患者の問いに対し、医師を名乗る方が、「手術のスケジュールは概ね1週間分をまとめて提出する事になっているのが普通です。癌センター、一部の大学病院など技術の高い施設の多くはこのやり方です。症例数を増やし、病院の利益を確保する事で医療の質も維持できる、という当たり前の事が実践されている、という事です」と回答されていました。

なるほど!、それは納得。仕方ありません。

病院もビジネスですからね。

「貴方が入院の連絡が早くもらえる事を優先したいなら、残念ながら病院を変わるしかないでしょう。受ける医療の質を確保したいなら、現在の施設にかかったまま、仕事の都合をつける方がベターだと思います」。

そういうものなのだと今回はじめて知りました。

癌と診断されてからというもの、毎日が私の「知らない世界」で勉強になります。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ