手術日が決まらないわけ

愛犬のバブーではなく、飼い主の私の話です。

先日、医科大学附属病院で乳がんの手術前検査を受けた時に、担当医から「私のチームの手術の予定は毎週金曜日なので、手術は〇日、入院はその前日にしましょう」と言われ、「手術日程が正式に確定したら、お電話します」と看護師さんから説明を受けました。

てっきり今日、明日中にも連絡が来ると思っていたのに連絡が来ないので、正式決定はいつになるのかを電話して聞いたところ、返ってきた答えは、「遅くとも手術を予定している週の火曜日までにはご連絡できると思います」。

そんなギリギリだとは思ってもいなかったので、驚いて、「えっ!?、手術日の正式連絡が来るのは入院する日の2~3日前ってことですか?!」と聞くと、「そうなんです」。

「休みを取ることになるので、職場には早めに伝えないと・・・」と言うと、「そうですよね~」と理解は示してくれるものの、「手術日が前倒しになることはありませんし、後ろ倒しになる可能性も少ないので、90%以上はその日になると思っていただいて問題ないと思いますが・・・」、となんとも歯切れが悪い。

看護師さんも答えに困っているようなので、電話を終えて自分でググってみたところ、あるサイトに回答がありました。

「手術日の決定スケジュールはどこの病院でもこのスピード感なのか?」という私のような患者の問いに対し、医師を名乗る方が、「手術のスケジュールは概ね1週間分をまとめて提出する事になっているのが普通です。癌センター、一部の大学病院など技術の高い施設の多くはこのやり方です。症例数を増やし、病院の利益を確保する事で医療の質も維持できる、という当たり前の事が実践されている、という事です」と回答されていました。

なるほど!、それは納得。仕方ありません。

病院もビジネスですからね。

「貴方が入院の連絡が早くもらえる事を優先したいなら、残念ながら病院を変わるしかないでしょう。受ける医療の質を確保したいなら、現在の施設にかかったまま、仕事の都合をつける方がベターだと思います」。

そういうものなのだと今回はじめて知りました。

癌と診断されてからというもの、毎日が私の「知らない世界」で勉強になります。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

大学附属病院

1月に受けた人間ドックで乳腺の腫瘤が見つかり、その後、乳腺専門のクリニックで受けた検査の結果、「浸潤性乳管癌・ステージⅠ」と診断され、今日はクリニックの紹介状を持って札幌の医科大学付属病院に行ってきました。

健康に産んでくれた両親のお陰で、これまでの人生、手術・入院知らずだったので、医大附属病院にはじめて行って驚きました。

巨大!!

まず最初に、看護師さんから検査を受けるための院内マップを渡されました。

そのマップを持って、院内の検査室を歩き回って次々と検査を受けます。

今日一日で、先生と手術の打ち合わせに加えて、血液、尿、肺機能検査、心電図、胸部エコー、マンモグラフィー・・・、全部受けました。

手術前の詳細検査ですが、それぞれの検査室まではマップなしではとても辿りつけません。

検査の合間には入院・手術の説明を受け、私はただただ指示されたベルトコンベヤーに乗り、効率的に動くだけという感覚でした。

再診が必要ないように、手術前に必要な検査はすべて今日一日で終わり。

支払いも自動支払い機を使ってカード払い。

すべてが機能的で効率的。

この巨大病院、院内にスターバックスもファミリーマートもあるんです。

入院・手術の日程は未定ですが、入院が1週間程度なら院内探索が終わらないと思えるほど巨大。

不謹慎ではありますが、これまで病院と無縁だっただけに、「知らない世界」に興味津々。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

たんぽぽの種

今年受けた人間ドックで、人生初の「要精密検査」の結果を受けてからの2ヵ月間、毎週のように病院で次々と検査を受けて「クロ」判定が出るまで、まさか自分が乳がんのことをブログに書くことになるとは思ってもいませんでした。

なので、当初はそれなりにショックを受けましたが、先生の説明と自分調べで、腫瘤がわずか5mmという小ささにも関わらず人間ドックで見つかったのが幸運だったとわかってきました。

欲を言うなら、昨年末に在宅勤務をしていた時に人間ドックを受けて、切除手術も昨年のうちに終えることができていれば職場に迷惑をかけることも少なかったのに・・・、と悔やんでいます。

ですが、ガン細胞の増殖スピードは人間の都合に合わせてくれませんので、昨年末に人間ドックを受けていたら、逆に小さ過ぎて見つからず、もしかしたら一年後、来年の人間ドックではすでにステージが進行している可能性だってゼロではありません。

それを考えるとゾクッとします。

調べてわかったことですが、乳がんはよく「たんぽぽの種」に例えられるそうです。

「タンポポの種は、風に吹かれて遠くの土地まで飛んでいき、発芽に適した場所で芽を出しますが、芽を出して花を咲かせるまではみつけることはできません。それと同じように乳がんと診断された時点ですでに微小転移が存在する場合があります」。

私の場合は、検査の結果、「転移がない」ことと、ごく「一般的なタイプ」ということが先日わかったばかり。

手術はこれからで日程も未定ですが、極めて初期の段階での治療になるのは人間ドックで見つけることができたお陰です。

コロナ感染の懸念から、健康診断の受診率が減っているというニュースを読んだばかりですが、乳がんに限らず、どんな病気も早期発見、早期治療が一番なのは言うまでもありません。

生まれつき健康な人ほど、人間ドックや健康診断をおろそかにしがちだと思いますが、病気が何も見つからなければそれに越したことはないのですから、検査だけは必ず受けて欲しいと思います。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

転移なし

バブーじゃなくて私の話です。

ステージⅠの乳がんと診断されたあと、がん細胞の全身・骨への転移の有無を調べるためにCT検査と骨シンチ検査を受けてきました。

人間ドックの血液検査で針を刺されるだけでも嫌なのに、腕に針を刺したまま病院内を移動して造影剤を投与して検査、それが終わったらまた次の検査なんて本当に苦痛・・・。

私がこれまで享受していた「健康」は、なにごとにも勝る「宝」。

煽られると弱いタイプなので、「気分が悪くなったらすぐに教えてくださいね」と看護師さんに言われれば言われるほど、気分が悪くなってきます。

なのに、そう思っていた私は反省しましたよ。

その時、同じ検査を受けていたのは私よりもはるかに若い20~30代と思しき女性でした。

足取りの重さから察するに、もっとずっと深刻な状況なのかもしれません。

私自身はすでに50代に突入して子供もいないので、もはや何が起きても受け入れる「わが人生に悔いなし」の境地ですが、彼女の場合は違うでしょう。

そんなことをあれこれ考えながら、検査結果のデータを持って主治医のもとに行くと、「転移なし」とのことでした。

乳がんが遠隔転移しやすいのは、「骨、肺、リンパ節、脳、肝臓」という情報を事前に仕入れてドキドキしていたので、本当に安堵しました。

転移などを起こす可能性のある「浸潤性」ではあるものの、乳がんに罹患した日本人の6~7割に見られる「ごく普通」の乳がんで、幸いなことに「その中でも特におとなしいタイプ」と。

先生曰く、「肺に転移が見つかったりしたら、まったく別の話になりますから」、と。

闘病ブログにしたくはありませんが、もしかしたら同じ病気になる人の助けになる可能性があるかもしれないので、記憶が薄れないうちに「備忘録」として。

「がん」を患うという意味では、大先輩なのが愛犬バブー。

一年前に肺がんが見つかって、切除手術と抗がん剤の治療を受けていましたが、今はフリー。

可愛い寝息を立てながらすやすや眠るバブーを見て癒されます。

  

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

どうしても・・・

乳腺の腫瘤が悪性だと言われてからというもの、見なきゃいいのに、どうしてもネットでいろいろ検索してしまいます。

癌の治療が必要と言われた時に考えるべきことはたくさんありますが、女性たるもの、気になることのひとつが「脱毛」じゃないかと思います。

もともと毛量が多く剛毛で、とにかく扱いにくいやっかいな癖毛なので、自分の髪質は好きではありませんが、それでもさすがに・・・。

そんなモヤモヤした思いを抱きながら、先日、いつもお世話になっている美容師さんのところに白髪染めに行ってきました。

髪を染めながら人生相談に乗ってくれるので、検査結果が悪性だったことと脱毛の不安を伝えると、さすがは経験豊富な美容師さん。

ご本人も若い頃に卵巣に腫瘍が見つかって全摘したサバイバーなので、「なんの心配もいりませんよ」と笑顔。

「癌のお客さんはたくさんいます。早期発見なら癌はちゃんと治ります。ウィッグも扱っていますし、ウィッグのカットもできます。いざその時になったら、ちゃんと似合いそうなものを用意できますから遠慮なく相談してください」。

なんと頼もしい言葉じゃないですか!

自分で勝手に調べれば調べるほど不安ばかりが増殖していく中、こういう身近で頼もしい人の存在が大いなる助け。

本当にありがたいことです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

続く検査

今年受けた人間ドックで乳腺に腫瘤が見つかり、生まれてはじめて「要精密検査」の通知とデータ、専門病院の紹介状が届いて以来、ほぼ隔週で病院に通って検査を受けています。

その後の1ヵ月強で受けた検査はマンモグラフィー→エコー→細胞診→造影MRI→針生検。

検査を受けるたびに、結果が「完全なシロ」ではなく「極めてグレー」なために検査が続くわけですが、前回受けた「針生検」の結果、「クロ」が確定しました。

先生によると、腫瘤は「悪性」で大きさは5mm。

「悪性」=「乳がん」の早期発見でステージⅠだということははっきりしたものの、「転移などを起こす可能性のあるタイプ」のものか「転移を起こさないタイプ」のものかは別なラボにデータを送ってさらに検査中とのことでした。

親族では両家ともに乳がんの病歴がないので、ただの脂肪の塊か何かで、きっと大丈夫だろうと思っていましたが完全に甘かったです。

今週は転移の有無を確認するためのCT検査と骨シンチグラフィ検査の予定が入っています。

健康だけが取り柄だったので乳がんの宣告はショックではありましたが、検査が長引くにつれて、ある意味、少しずつ「覚悟」はできてきていました。

バブーが一年かけてやっと肺がんを克服したと思ったら、今度は自分が乳がんで「まじかー!?」という思いはありますが、出産・授乳歴がない女性の場合、乳がんのリスクは高まるそうなので、人間ドックのおかげで、わずか5mmで「超」早期発見できたことに感謝しつつ、粛々と検査を受けて、慌てず騒がず治療と向き合っていくしかないと思っています。 

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

乳腺の針生検

今日は先日受けたMRIの画像データを持って主治医の元へ行き、「針生検」を受けました。

先生が見せてくれたMRIの画像には、乳腺に小さな腫瘤がはっきり、くっきり。

さらなる検査のために、局部麻酔をかけて、シャープペン並みの太い針で組織片を取り出してもらいました。

麻酔をかけているので痛みはまったくないものの、特殊な装置で「バチン、バチン」と、体にホチキスを打たれたような衝撃が2回。

先生も看護師さんも、検査の間中、とてもやさしく穏やかに、何度も「大丈夫ですか?」と声をかけてくれましたが、「お気遣いなく・・・」と言いたいくらい、まったく問題なしでした。

順調に検査が済んでお会計。

22,000円でした。

まさかそんなにかかるとは思っていなかったので、現金を所持しておらず、カード決済。

保険適用でこの金額?!とびっくりしましたが、レシートを確かめると、保険なしでは約7万の検査で、保険適用の3割負担でこの金額ということが判明。

なかなかの大掛かりな検査だったということですね。

先日のMRIが保険適用で約1万円だったので、今回の乳腺検査でかかった費用は約3万円。

これから歳を重ねるにつれて、こういう検査費用など体のメンテナンス費用をちゃんと見込まなければ我が家は財政破綻します。

検査費用をケチらなくて済むように、洋服や贅沢品を買うのはもうやめようと心に誓いました。

健康が一番。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

MRI検査

今日、人生初のMRI検査を受けました。

人間ドックで乳腺の腫瘤が見つかり、要精密検査の指示を受けて、紹介されたクリニックで「細胞診」をしてもらったところ、「classⅢb」の微妙な判定で再検査決定。

別な病院で「MRI」と「針生検」が必要になり、今日は「MRI」。

過去に検査を受けたことがあるポールから、「ビービー、バンバン、ガンガン、すごく大きな音がするよ」と聞かされていたので覚悟していましたがその通り、工事現場にいるみたいでした。

音が大きいのでヘッドフォンを着けて、念のため、手には「ナースコール」ボタン。

でも、大丈夫です。

閉所恐怖症でもありませんし、「ER」をはじめとする医療ドラマが好きでよく見ているので、検査のイメージもしっかりできていました。

狭い機械の中に入っての検査時間は30分。

造影剤を投与され、息を吸って、吐いて・・・を何度か繰り返す必要がありますが、検査自体は油断すると寝入ってしまいそうなくらい、まったく苦痛を伴うものではありませんでした。

次は「針生検」が待っています。

「『針生検』では,細胞診よりも太い針を病変部に刺し,その中に組織の一部を入れて,体の外に取り出します。 針が太いので局所麻酔が必要です」。

看護師さん曰く、特殊な機械を使うそうで、「結構な衝撃があります」、と。

痛みに弱いので、こっちの方がMRIよりよっぽど怖い・・・。

検査結果を待つ間はもっと怖い・・・。

健康って、本当に有難いことなのだと改めて。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

甘かった

先月受けた人間ドックで引っかかったのは「乳腺」です。

腫瘤の所見があるということで、その後、再検査の細胞診を受けました。

乳腺の腫瘤は出産や授乳経験のない女性にはよくあり、検査の結果「良性」ということも多いようなので、あまり重く考えていませんでした。

幸いなことに両親ともに家系に「癌」の病歴はなく、遺伝的には可能性は低いはず。

なので、おそらく「シロ」でしょー。

そう思いながら検査結果を聞きに病院に行ったところ、細胞診だけでは「まだ分からない」ということでした。

腫瘤は5mmと小さく、所見は「class Ⅲb」で「初期乳がんの疑いあり」。

先生曰く、「良性かもしれないけれど、悪性だということも否定できない」という、限りなきグレー領域。

ということで来月、別な病院でMRIと局所麻酔による針生検という検査を受けることになりました。

検査を受けてから結果が出るまでには10日以上で、それで診断が確定しなければ、数か月後に再検査となかなかの長期戦になりそうです。

ポールとバブーの体調がよくなったと喜んでいたら、今度は健康だけが取り柄だった自分の番。

バブーが子供の頃から数回大きな病気に悩まされてきた経験もあって、ある意味覚悟はできています。

万一、癌と診断されたら、主治医と相談してその時点で最善の策を講じるしか術はありません。

調べたり、考えたりすればするほど、悪い情報が目に留まるものですからね。

楽観的過ぎるのもよくないですが、結果が出るまではあまり考えないようにしたいと思います。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ