ノートルダム大聖堂の火災


人気ブログランキング

ニュースを見て驚きました。

ノートルダム大聖堂が燃えてる・・・。

パリのアイコン。

フランスに憧れて、大学時代はフランス語を専攻。

大学3年生の夏に2ヵ月間、トゥ―ルという街で語学留学をして以来、数回訪れているパリ。

冒頭の写真は2007年1月に撮ったもので、クリスマスツリーが飾られていました。

コチラ↓の写真は2013年9月、アートフィルターを使って撮ったもの。

フランスの人たち、パリの人たちはどれほどショックを受けていることでしょう。

燃え盛る炎の中で、尖塔が崩れ落ちる瞬間の映像は衝撃以外の何物でもなく、ただフランスに憧れているだけの私でさえ、見ているのが辛過ぎました。

一日も早い再建を願っています。

読んでいただけたら、


人気ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ついでに、わんこ好きの方は、


にほんブログ村

はじめてづくしの東京旅行


人気ブログランキング

可愛い甥っ子の、たっての希望で、真下まで見に行った東京スカイツリー。

先月、母と甥っ子と私の3世代で行った東京ツアーは、リッチな姉夫婦の「おもてなし」のお陰で、「はじめて」づくしの超ゴージャスツアー。

3時のおやつは有名パティシエ・鎧塚さんのケーキ。

銀座のお寿司屋さんでは、はじめての「シロウオの踊り食い」。

はじめての「ウニ3種、食べ比べ」。

ワタクシ、50歳を目前にしての「はじめて」づくし。

そして、私も「おかわり」したかったけど、金額を考えて断念した、このなんだかとっても高級そうなお料理を、甥っ子は無邪気に「おかわり!」。

甥っ子、声変わり中の12歳。

かなりジェラシー。

読んでいただけたら、


人気ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ついでに、わんこ好きの方は、


にほんブログ村

恐るべし、「デジタル・ネイティブ」


人気ブログランキング

先週末、小学校を卒業したばかりの甥っ子、私、私の母の3人で、3世代揃って念願の東京旅行。

主目的は都内にマンションを買ったばかりの姉夫婦宅訪問。

プラス東京観光付きの、甥っ子の卒業旅行。

仕事で忙しい姉夫婦に迷惑をかけないように、宿泊は都内のホテル。

そのホテルにあったのが、ゲスト用の無料貸し出しスマホ「handy」。

データはチェックアウト時に自動的に消える仕組みで、ホテル外への持ち出しも可。

早速、スマホを手にした甥っ子。

自分のスマホは持っていないのに、いつもママのスマホを拝借して使い慣れているせいか、あっという間に使い方をマスター。

助かったのは、到着した当日・夜のディナー。

母の希望で、ホテル近くの天ぷら屋さんを予約。

だがしかし、元々方向音痴な上に、新しいスマホに替えたばかりの私は、使い慣れていないスマホに苦戦。

ナビを使っても、予約した天ぷら屋さんに行く道を間違えてしまう始末。

見かねた甥っ子が、その日初めて持ったスマホでグーグル検索。

「あっちだよ!」」って、まったく反対の道を差しながら、グーグルマップを使って、私たちを完璧に誘導。

あっという間に到着。

デジタル・ネイティブって本当に凄い。

オバの面目、丸つぶれ。

読んでいただけたら、


人気ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ついでに、わんこ好きの方は、


にほんブログ村

イギリス人は赤が好き?

人気ブログランキング

イギリス旅行の写真を眺めていて思った。

イギリス人は赤が好き。

シンボルのロンドンバスも、

ポストも、

電話ボックスもみんな赤。

地下鉄も、

一般家庭のドアも。

だからなんだ?って話ですけどね。。。

ポールにこの話をしたら、「言われてみたら確かにそうだけど、今まで気づかなかった」、と。

ちなみに、ポールのママも赤。

余談ですが、私の「赤」のイメージといえば、還暦か紅白歌合戦か・・・。

大みそかに実家で紅白歌合戦を見ながら思った。

日本の伝統、日本を代表する番組とはいえ、男性が白組、女性が紅組に分かれて競うことは、もはや「時代遅れ」どころか今の時代、逆に何かと問題なのでは?

昨年末はユーミンやサザンが出たり、視聴率も悪くないし、歌番組として素晴らしいのは間違いない。

だからこそ、そろそろタイトルを変えた方がいいのでは?

その1年を代表する歌手のパフォーマンスを楽しんでいるのであって、紅白で戦うこと、そしてその勝敗を楽しみに見ている視聴者は少ないはず。

私が番組関係者なら、まずは番組のタイトルを変えることから。

読んでいただけたら、


人気ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ついでに、わんこ好きの方は、


にほんブログ村

札幌・平岸 ガス爆発

人気ブログランキング

大きな全国ニュースになっている札幌・平岸のガス爆発事故。

我が家は、まさにココ、「札幌・平岸」で、事故現場から徒歩10分くらいの距離。

いつものようにワインをチビチビ飲みながら、ネットで調べものをしていたところ、突然、「ドーン」と大きな音が。

だがしかし、まさかガス爆発とは思いもせず、その日一日天気が悪かったので、勝手に「落雷」だと思い込み、心配になったのは雷嫌いのバブーのこと。

冬の雷って本当に嫌だな~、と思っていたけれど、その後、雷が鳴り続ける気配もなく、バブーも楽しそうにおもちゃで遊んでいて、爆音に怯えることもなかったので、良かった、良かった。

そう思って、充電が切れそうになっていたスマホを充電器に設置して、長時間お風呂で半身浴をした後、スマホをチェックすることもなく就寝。

今思えば、相当数の消防車両や救急車が往来していただろうし、ガスの匂いや、煙、ものが燃えている匂いがしてもよさそうなものなのに、そんな変化にもまったく気づかず。

テレビはスカパーで、日本のテレビ番組やニュース番組を夜に見る習慣がないこともあって、ガス爆発だったことを知ったのは、翌朝、今日の北海道新聞の朝刊。

えっ、あの音、雷じゃなくてガス爆発だったんだ!

スマホを見ると、母や姉、妹、仲のいい友人たちから、安否確認のメールやラインがどっさり・・・。

ごめん、気づかなかった。。。

朝のニュースで知った、というと、それにもまたびっくりされたりして。

だがしかし、朝は凄かったですよ!

ヘリコプターの爆音で起こされ、バブーとお散歩に出ると、ヘリコプターが、「とんぼ」が飛んでるかと思うほど。

その数、4機、5機・・・。

爆音を立てながら頭上に次々と。。

これはただごとではないと思って、家に帰ってテレビを見ると、ほぼ全局でガス爆発のニュース。

空からのライブ映像。

ポールに聞いたところ、今日はイギリスのBBCでも、アメリカのCNNでも、このニュースが流れていたそう。

もはや国内のみならず、国外でも放送されるほどのビッグ・ニュース。

イギリスのニュースで知ったポール・ママからも安否確認の電話。

もちろん大事故のニュースだけれど、これほどの大きなガス爆発なのに、死者がひとりも出なかったのは本当に不幸中の幸いで「奇跡」。

いつも利用している地下鉄・平岸駅周辺は今も立ち入り禁止。

毎月白髪染めとヘッドスパでお世話になっている美容室「グラン」、近所の女友達と愚痴をこぼしに行く焼き鳥屋「串鳥」、ポールが大好きな美味しいサンドイッチのある「ロイヤルホスト」、たまに無性に食べたくなる「KFC」、お金をおろしに行く「北洋銀行」・・・。

思いっきり、どっぷり生活圏で起きた大惨事に茫然の一日。

読んでいただけたら、


人気ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ついでに、わんこ好きの方は、


にほんブログ村

テムズ川・ランチクルーズ

人気ブログランキング

今年の結婚記念日は、テムズ川のランチクルーズへ。

ランチを食べながら、

川沿いに並ぶイギリスのシンボルを眺めるツアー。

最高でした。

夢のひと時。

ポールは髪が真っ白になって、私も隠しているけれど3週間に1度は白髪染に通わないと白黒ごま塩。

あっという間に結婚14年目。

世界中から訪れた観光客でいっぱいのランチ・クルーズ。

案内された席が窓際の「2人席」ではなく、真ん中の4人の「相席」だったので、せっかくの記念日なのに「相席」か~、と私もポールも心の中で思ったけれど、一緒になったのは、とってもフレンドリーなアメリカ人ご夫婦。

甥っ子さんが日本人女性と結婚し、フロリダに住んでいるそうで、最初から最後まで4人で楽しくおしゃべり。

私たち夫婦は置いてきたバブーを、アメリカ人ご夫婦は置いてきた猫ちゃんを心配しながら、写真を見せ合ったりもして。

船を下りる時には別れがたく、何度もハグ。

イギリス旅行を終えて帰ってきたばかりのつもりでいたけれど、早いもので、もう1ヵ月。

夜中にワインをチビチビ飲みながら、旅行の写真を見るのが週末のお楽しみ。

読んでいただけたら、


人気ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ついでに、わんこ好きの方は、


にほんブログ村

イギリス・ブライトン


人気ブログランキング

先月のイギリス旅行で大きな収穫だったのが、ブライトンという素敵な海辺の街で、ずっと会いたいと思っていたマリさん夫婦に会えたこと。

きっかけは、このブログ。

ずっと前からブログを読んでくれていたイギリス在住で日本人のマリさんが、はじめてフェイスブックでメッセージをくれたのが2014年の夏。

日本とイギリスの国際結婚、札幌出身、犬好きで、バブーがいつもお散歩している月寒公園が子供の頃の遊び場。

そんな共通点がたくさんあって、帰省する時には札幌かイギリスで会いましょうね・・・、そんなメッセージをやり取りしていた。

そして、感動したのは2年前のクリスマス。

クリスマスの少し前、私がラザニアを作ろうと、家にあった大根おろし器でチーズを無理やり削ろうとして失敗し、指をざっくり切ってしまったことをブログに書いたところ、それを知ったマリさんが、イギリスで買ったチーズグレーターをクリスマスにプレゼントしてくれた(←その時の記事はココをクリック)。

会ったこともない相手に、指の傷が痛かろうと、チーズグレーターをプレゼントしてくれるなんて!

な、な、なんて優しい人なの!!

そして、今年、イギリス帰省の予定があることをブログに書いたところ、「お時間があったら、ブライトンに遊びにいらしてください。ロンドンとはまた違ったオープンな雰囲気の街で、きっと好きになると思いますよ」、とマリさんからメッセージ。

これを社交辞令と受け止めないところがワタクシ。

行くよ!本当に行っちゃうよ!

そして、実現。

はじめて会ったマリさんご夫婦。

夫婦そろって思った通りのフレンドリーなキャラクターで、はじめてなのに、「はじめまして感」ゼロ。

はじめて行ったブライトンは、イギリスの中でも有数の海辺のリゾート地で、ポールも若い頃、夏になるとよく行っていたという。

治安のいい学生都市で、留学先としても人気があり、学生の数がものすごく多いのだという。

マリさんが言っていた、「ロンドンとは違うオープンな雰囲気」というのがよくわかる。

一瞬でこの街が好きになってしまった。

「LGBT」に寛容な街としても有名なのだと帰国してから知った。

マリさん曰く、わんこにもフレンドリーな街だそうで、わんこたちがリードもなく、海辺で自由に遊んでた。

はじめて会ったのに、はじめて会った感じがまったくしないマリさんご夫婦、そして、マリさんご夫婦が住むブライトンの街の魅力にすっかりハマってしまった。

イギリス行くならブライトン!!

同じイギリスでも、ロンドンのイメージとはまったく違う。

学生時代に、この街に留学したかった・・・、と今更ながら。

そして何より、こんな出会いがあるなんて、ブログを続けていて本当に良かった、と改めて。

読んでいただけたら、


人気ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ついでに、わんこ好きの方は、


にほんブログ村

義母


人気ブログランキング

久しぶりに会ったポールのママ。

イギリスに住む83歳になった私の義母。

真っ白でキレイに整えられたヘア。

真っ赤な洋服を着て、たくさんのアクセサリーをつけて、

太陽が燦燦と入るキラキラの部屋で、ラジオから流れる静かな音楽を聞きながら、素敵に暮らしていてほっとした。

2年前に大きな手術をして心配だったけれど、術後の経過も良好で、今はすっかり良くなり薬も飲んでいないという。

イギリスでは、いろんな美味しいものを食べたけど、ママが作ってくれたランチが一番おいしかった。

お肉と茹でた野菜にたっぷりのソース。

ポールも時々、日本で同じものを作ってくれる。

ポールの料理だと思っていたけれど、「母の味」だったんだ。

読んでいただけたら、


人気ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ついでに、わんこ好きの方は、


にほんブログ村

ミスター・ナイス

人気ブログランキング

先月のイギリス旅行で、最初の2日間滞在したのがポールの故郷ダービーにある幼馴染ボッズの別宅。

もともと資産家で自由気ままなボッズは、趣味で古い家を買い、自分で改装。

近くにある大きな古い家で今も母親と2人で暮らし、実際には使っていないその別宅を、今回まるごと貸してくれた。

誰かのお宅に泊めてもらうのは何かと気を遣うけれど、ポールと2人だけなので快適そのもの。

この家がとても興味深かったのは、IT化が進むイギリスで、何十年も前に時間が止まったような家だったこと。

ホンモノの暖炉とアンティーク・ショップでしか見たことのないような大きなソファーにランプ、重たくて分厚いビロードのカーテン。

キッチンには巨大なオーブンがあるものの、テレビもなく、あるのはラジオだけ。

家中の電気を全部つけても薄暗い。

オーブンの上には、いつ開けたのか分からないドンペリ。

ボッズが彼女と何かお祝いでもしたのかな・・・。

そして、ベッドサイドのテーブルの上には、ハワード・マークスの「ミスター・ナイス」。

『イギリスの小さな町の秀才が、オックスフォード大学で、それまでの学友達とは違ったタイプの学生達と知り合う。それがきっかけで大規模なドラッグ密売に手を染め、IRAと関わり、イギリス政府のスパイもするという波瀾(はらん)万丈のストーリー』で、実話なのだそう。

ミスター・ナイスなボッズのお陰で、非日常の古き良きイギリス生活を体験。

読んでいただけたら、


人気ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ついでに、わんこ好きの方は、


にほんブログ村

マストアイテムはスキニーパンツ

人気ブログランキング

イギリス国内を回っていて気が付いた。

観光客も現地の人も、相変わらずヨーロッパの女性はスキニーパンツ着用率が非常に高い。

素材はデニムだったり、化繊だったり、いろいろ。

色は「黒」が圧倒的に多い。

数年前にパリに行った時も同じことを思った(←その時の記事はココをクリック)から、「トレンド」ではなく「定番」。

なんとなくその時の記憶もあって、今回旅行に持参したボトムはスキニーパンツのみ。

ストレッチ素材のものなら動きやすいし、足さばきもよくて裾も汚れないから旅行にはぴったりで、なおかつ現地でも浮かずに済んで大活躍。

そして、見逃してはならないポイントとしては、スキニーな人がスキニーを履いているかというと、決してそうではなく、かなりボリュームのある体型の方も着用していること。

むしろ、ボリュームのある方たちは、魅力的な丸みのある体型を誇示するかのように、上半身は短めのジャケットをチョイスしてお尻が丸っ。

体のラインが丸見えで、同性の私でも目のやり場に困ってしまうほど。

これが日本なら、目立つ腰回りを丈の長いジャケットで隠したりしそうなものだけれど、あちらではそれがない。

体型なんて気にする必要ない!、

着たいものを着ればいい!、

私は私!

そう気づかせて、自信を持たせてくれるのがヨーロッパ。

年齢とともに代謝が落ちて、太った、太ったと日々嘆き、体にぴったり張り付くような服装は避けているけれど、まだまだ行ける、行っていい!

そう改めて思い錯覚しながら、帰りの香港のトランジットの時にヨーロッパ人と思われるの50代くらいのご夫婦を見てハッと目が覚めた。

ふたりともショートヘアで細身の長身、黒のスキニーパンツに黒革のライダースジャケット。

このふたりが揃って歩いていると、異次元と思えるほどカッコ良くて、ずっと目で追ってしまった。

本音を言えば、太る自分を許したいのはヤマヤマだけど、目指したいのは絶対こっち!!

読んでいただけたら、


人気ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ついでに、わんこ好きの方は、


にほんブログ村