料理のセンス

←人気ブログランキングに参加中♪

オットのポールは、本当に料理が上手。

日曜日のディナーは、ローストビーフ・トマト&ガーリックソースがけ、マッシュポテト&チーズ・ベジタブル。

いつも感心するのは、たっぷり時間をかけて、丁寧に調理してくれるところ。

私も一応、料理はする。

だけど、とにかく早く、すぐにできるものしか作らない、いや、作れない。

お肉を焼くだけとか、チャーハンとか・・・。

体にはあんまり良くないよな~と、思いながらも、「Cook Do®」(クックドゥ)」系の市販の「お助けクッキング素材」もよく使ってしまう。

煮込んだり・・・、自分で味付けしたり・・・、時間と手間のかかる手の込んだ料理が最も苦手。

私には料理のセンスがまるでない、と思う。

だから、ソースでもなんでも最初から自分で作るポールは本当にすごいなー、と思う。

そんなポールが料理を始めると、さっきまで寝ていたはずのバブーがむくっと起きて、舌をぺろりん。

バブーはいつもマッシュポテトを作ったあとのお鍋を舐めてキレイにする係なので、急いでソファーを降りてキッチンへ。

私はキッチンにいても邪魔にされるだけなので、結局いつも食べる係。

いつも申し訳ないなーと思いつつ、自分で作った料理より、ポールが作った料理の方がずっとずっとおいしくて体にもいいので、そこは無理せず割り切って、素直においしくいただくことにしています。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です