なごり雪

先週末は近所の子供たちが半袖Tシャツ姿で遊んでいたくらい暖かかったのに、今日はまた雪が降りました。

朝起きて窓から外を見ると、ちょうどポールとバブーがお散歩している姿が見えました。

曇り空で、なごり雪が降っている中を、お互いをいたわるように、ゆっくりゆっくり歩いています。

ポールもバブーも歳を取りましたね。

もちろん私もですが。

家族の中で一番健康なのは私で、ポールもバブーも若い頃から体に爆弾を抱えているので、最近ますます心配になってきました。

それでなくても、コロナをはじめ暗いニュースばかりで気が滅入りますが、悲観せず、明るい春を待ちましょう♪

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

日常

コロナの影響で、なんとなく気分が晴れないですよね。

仕方のないこととはいえ、なんでも自粛、自粛で寂しい限りです。

東京オリンピックの掲示物を見るたびに、あと数か月しかないのに、本当に実施できるの?というなんともいえないモヤモヤした気持ちになってしまいます。

そんな中、家の中にはバブーの笑顔が戻ってきました。

エリザベスカラーも取れて、抜糸も終わったので、家の中では今まで通り元気に動き回っていて、外のお散歩も少しずつできるようになってきました。

「いつも通り」というのは本当にありがたいことだとつくづく思います。

世の中もバブーも、一日も早く日常に戻れますように。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

なぜ、転ぶ?

仕事の帰り、会社を出てすぐの信号のある交差点を渡って、銀行でお金をおろそうと急いでいた時、交差点の前で転びました。

雪道でも凍った道でもなく、歩きやすい普通のアスファルトの歩道で、です。

信号が変わらないうちに渡ろうと、ちょっと小走りした瞬間、なぜか左足がもつれて、持っていたカバンを地面に叩きつけるような形で前に転び、右ひざを激しく地面に打ちつけました。

痛かったのですがすぐに立ち上がり、そのまま道路を渡って銀行でお金もちゃんとおろすことができたのですが、転んだことがショックです。

今シーズンはどんなにツルツルの氷の路面でも、一度も転ばなかったのに、なぜ今、ここで転ぶ?

思えば、先日の女子会で同年代の女子トモが近づいてきた市電に乗ろうと走りだしたところ、激しく転倒して大恥をかいたという話をしていました。

同じです。

ということは、これはもしかして、エイジングということなのでしょうか?

家に帰ってよくチェックしてみると、履いていたパンツは破れることもなく無事でしたが、膝から流血していました。

「もう若くないんだから、気をつけなさい」という神のお告げだと思って、気を引き締めて、慌てず、ゆっくり、走らないことにします。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

何を信じたら・・・

コロナウイルスの脅威が凄まじいです。

公共の場所では、咳と間違われないように、飲み物でゴホゴホむせることさえ許されない状況ですよね。

仕方がないこととはいえ、息が詰まりそうです。

世界保健機関(WHO)は「咳など呼吸器症状がない一般の人に必要ではない」 と世界的なマスク不足を背景に過度の使用を控えるよう呼び掛けていますが、ウイルスを持っていても無症状のケースがあるのが怖いです。

それに、WHOに言われなくても、マスクが入手できない状況下では、今あるマスクを使い切ってしまうと、コロナウイルスに感染した時はもちろん、普通の風邪か何かで咳が出始めた時にマスクがなくなってしまう可能性もあり、無症状の時に使うことが憚られるようになってきました。

何よりマスクは医療機関や福祉施設で働く人や高齢者が優先されるべきだと思うと、無駄遣いは絶対にできません。

今の時代ゆえ、フェイクとリアル、処理しきれないほどの情報が日々、入ってきます。

一体何を信じたらいいのか・・・。

冷静になって、それぞれが自分で考えて、自分で対処するしかないですね。

我が家は毎朝、体温を測ることがポールによって義務付けられました。

夫婦ともに35度代の低体温で、今のところは大丈夫です。

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

Keep Calm and Carry On

「イギリス政府が第二次世界大戦の直前に、開戦した場合のパニックや戦局が悪化した場合の混乱に備えて作成した、国民の士気を維持するためのポスター」(Wiki調べ)に使われたこの言葉、凄く好きなフレーズで、我が家の階段の突き当りの壁に貼っています。

日本語訳は「平静を保ち、普段の生活を続けよ」。

イギリスに行くと、このフレーズをそのままプリントしたTシャツや小物類などの土産物もたくさん売っていて、「爆弾が降る中でも勇気と不屈の意思を秘め、紅茶を入れていたというイギリスの伝説的イメージ」が、多くの人の心をとらえているようです。

嫌なことがあった時はもちろん、大きな地震でパニックになりそうな時、バブーが手術の時、そして、コロナウィルスで非常事態の今も、この言葉を思い出しています。

私が帰宅すると、いつもは階段の上でひょっこり顔を出して笑顔でお迎えしてくれるバブーが入院中で家にいないので、「Keep Calm~」の文字がダイレクトに目に飛び込んできました。

今、必要なのはまさにこの言葉だと思います。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

「当たり前」に違和感

「当たり前」という言葉、最近とても違和感を覚えます。

それが、質問や問い、投げかけに関しての発言だった場合、言葉の攻撃になり得る、 相手を馬鹿にしている印象しか残らない、発言している本人にとっては「最強」ですが、受け手側にとっては思考停止につながる「最恐」にネガティブな言葉になりえるわけですよね。

気のせいなのかどうなのか・・・、最近、この言葉を使う人が増えているような気がします。

口癖なのか、もしかしたら日本のテレビのお笑い番組か何かで流行っているのかもしれませんがよくわかりません。

相手を威圧するだけで、その場に居合わせた人たちの空気が確実に悪くなる言葉だと思います。

ある人にとっては当たり前であっても、他の人にとっては当たり前でないことは世の中にたくさんあるわけで、「当たり前」と言う言葉を使うことは非常に危険だと思います。

正直なところ、多用はしていませんが、自分自身も使っていたことは多々あります。

自分自身も反省を込めて、人を傷つける可能性の高い言葉だと感じるようになりました。

これも50を過ぎたからこそ覚える違和感なのかもしれません。

若い頃ならまだしも、この年になって面と向かって「当たり前」と言われたり、同じ場にいる同年代以上の誰かが言われているのを聞いたりすると激しく不快感を覚える、というね。。。

年を取れば取るほど、経験と知識で当人にとっての「当たり前」の範疇が若い頃より格段に広がっているわけで、そう言いたくなる気持ちも十分わかりますが、「当たり前」は、「常識」、「普通」と同様、自分の中の使わない言葉リストに入れたいと思います。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

 

緊急事態宣言

昨日の夕方、コロナウィルスの感染拡大を受けて、北海道知事がマスク姿で記者会見し、緊急事態宣言を出しました。

北海道では、特にこの週末は外出を控えるようにとのお願いです。

その前日に、マスク着用と消毒を義務付けて予定通りレッスンを実施する方針を通知したばかりの通訳学校も、この知事の会見後の昨夜、すぐにメールで、「知事の会見で状況が変わったと判断し、スクールは当面休校して自宅学習できるようにe-ラーニングに切り替える」との連絡が来ました。

昨夜は少人数で食事をしましたが、金曜日の夜なのに飲食店はどこもガラガラ、今日は近所のスーパーに買い物に行きましたが、マスクどころかトイレットペーパーも、ティッシュペーパーも除菌シートも、棚からすっかりなくなっていました。

「入荷予定は未定」だそうです。

我が家は幸いなことに当面のストックがあるので大丈夫ですが、本当に困っている方々もたくさんいると思います。

早く収束することを願っています。

そのためには、この1~2週間は移動を控え、人との接触を避け、拡大を防ぐことが何よりの対策ですよね。

今はじっと我慢の時です。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ホットスポット

新型コロナウィルス、北海道がホットスポットになっています。

数時間前にも北海道ではじめて感染者から死者が出たというニュースや、札幌出張中の大阪の会社員の感染が判明したとか、怖いニュースが続々と出てきています。

このまま広がり続けたら大変なことになってしまうので、今はとにかく感染を拡大させないようにそれぞれができることをするしかないですね。

多くの専門家が、ウイルスを封じ込めるかどうかは、この1~2週間が勝負だと言っています。

勇気をもってイベントを中止したり、いかなる場面でも、「不急」の「集まり」、「移動」を避けることは絶対に必要なことでしょう。

SARSの時もここまでのことはなかったので、誰もがはじめての経験ですよね。

正解も前例もありませんので、それぞれが試行錯誤しながら対策を講じるしかありません。

ウィルスは目に見えないだけに本当に怖いですが、過剰反応せず、とはいえ楽観視もせず、冷静な行動こそが必要ですよね。

なんとなく落ち着かず、気持ちがザワザワしますが、今はじっと耐えましょう。

って、自分に言い聞かせています。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ひとつ直せば、またひとつ

自宅から徒歩数分のところに新しいタイプの予防型デンタルクリニックができたことと、人生の先輩たちからのアドバイスを受けて、数年前から歯のメンテナンスに力を入れています。※バブーじゃなくて自分のです。

定期的な検査とクリーニングで口腔環境を整え、奥の古い銀歯は撲滅しました。

銀歯の代わりに入れたのが、一番丈夫と言われる保険適用外のジルコニアです。

数年かけて数本変えたので費用も結構かかりましたが、長い目でみれば元が取れるはず、今後の健康のため、と考えて実行してきました。

今となっては、口の中で銀歯がギラギラしていたなんて信じられない・・・、という境地ですが、銀歯がなくなると、今度は、かなり前に保険適用外で入れた、当時はとても高価だったメタルボンドの歯が気になりはじめました。

メタルボンドは中が金属で表面は白いセラミックです。

今まではまったく気になったことがありませんでしたが、ジルコニアの歯が増えてきてからというもの、メタルボンドの歯を撲滅したくなってきました。

美容整形でも、「ひとつ直せば、またひとつ」、と一番気になっていたものがなくなると、今度は今までは気にならなかったことが新たに気になりはじめて、直すことがやめられなくなりエンドレス、という話はよく聞きますが、そんなものなんだと思います。

ちなみに、バブーの歯は、小さい頃から定期的にスケーリングをしたり、かなり気を付けていたので、治療のために抜いたのは2、3本だけで、13歳の今でも丈夫な白い歯がちゃんとしっかり残っています。

さらに言いますと夫のポールは、日本では歯医者に行ったこともありませんが、銀歯も虫歯もありません。

特に頑張ってお手入れをしていたということはなく、ただ単に歯並びもよく骨がもともと硬くて丈夫なんだと思います。

うらやまし過ぎるDNAですね。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

マスク問題

コロナウィルスが発生してからというもの、マスク人口が一気に増えました。

マスクをしている人を見ていると、色も柄も豊富で、もはやファッションの一部みたいなものなんだな、と思います。

白いマスクに慣れていたので、初めて黒いマスクを見た時はギョッとしましたが、白だとすぐに汚れが目立つので黒がいいという人もいれば、 炭の成分が練り込まれた機能性マスク だから着用しているというケースも多いようで、今は見慣れました。

日本では一時、「マスク依存症」が話題になったこともありますが、確かにマスクをしていると外敵から守られている感はありますし、何より、口元や喉の潤いが全然違いますから、特に冬場はメリットも多いと思います。

そんな諸々の事情から、日本ではマスク姿の人は以前からそれほど珍しいものではなく、インフルエンザの流行期などは毎年マスク人口が増えるので見慣れた光景ではありますが、お国によって事情が異なるようでアメリカではマスク着用による暴行事件が起きているようです。

デイリーニュース(英語)によりますと、ニューヨークの地下鉄駅で、マスクを着用していた中国人の女性が、「コロナウィルスの感染者!」、「俺に触るな!」、と見知らぬ男性に傘で叩かれたり、何度も蹴られたりしたそうです。

その様子を動画で撮影してFacebookに投稿した人物によると、その本人がふたりを引き離すまで、通行人は誰も止めに入ることがなかったそうで、「アジア人は一人で行動しないで、周囲に気を付けるように」と注意を呼び掛けていました。

マスクをしているだけで攻撃の対象になるなんて、本当に恐ろしい話ですよね。

日本では自分が病気でなくとも、他人に移さないように、また移されないように、予防の観点からマスク着用をしている人が多いので、マスク着用はむしろ歓迎されているのが現実ですが、他国では、「マスクは重病人がするもの」で、マスクをしている人が近くにいること自体が恐怖になることもあるようです。

そんな認識の違いが、世界規模で広がるコロナウィルスとマスクの関係にどう影響するのか、とても気になります。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ