順調です。

昨日はバブーの定期検査で、動物病院へ。

天気も良かったので、病院までゆっくりお散歩しながら歩いて行ってきました。

血液検査の結果は良好で、病気も上手にコントロールできているとのこと。

そのため、今までストロイド剤のプレドニゾロン1/4錠を毎日飲んでいましたが、今度からは、1日おきになりました。

その他の薬は今までと同じです。 
ディアバスター2錠=下痢止め、朝晩各1錠  
セレニア60g、1/8錠=吐き気止め
ファモチジン1錠=消化性潰瘍治療剤

順調で良かったです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

悩みごと

バブーがおしっこを失敗する回数が増えてきました。

1週間前にユニオンジャックのクッションの上におしっこをしたかと思うと、今日はまたソファーのムートンマットにたっぷりしました。

年齢のせいなのか、何か他に理由があるのかわかりません。

今までは年に1~2回あるかないかだったことを考えると、最近のバブーはやっぱり何かおかしいです。

叱っちゃいけないと思いつつ、癖になったら困ると思って今日は少しだけコツンとおでこをつついて、しっかり目を見て叱りました。

でも、病気のせいかもしれないと思うと、叱ってしまったことが今はとても悲しい気持ちです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

今年最後の定期検査

今日は今年最後のバブーの定期検査の日。

雪の中、カートに乗って病院に行ってきましたが、雪道はやっぱりカートが押しにくくて、バブーもあまり快適ではなかった様子でほとんどの道をちゃんとカートから降りて歩いてくれました。

今年の春に「腸リンパ管拡張症」と診断されて以来、投薬治療を受けながら、月一回、血液検査とお薬をもらいに通院中なのです。

今日の血液検査では、リパーゼという膵臓に関係する数値が高めなのが気になるけれど、他の数値が安定しているので、恐らく本犬は不調を感じていないでしょう、とのこと。

とはいえ、何か病気が隠れている可能性があるので、下痢や嘔吐をしたらすぐに病院に連れて来てください、と言われました。

検査結果に一喜一憂している私のそばで、バブーはいつものように思いっきりリラックス。

ペタ~んとモップのように寝そべって、お会計を待っていました。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

膀胱炎でした。

昨日、動物病院に行ってきました。

調べてもらったところ、抗生物質が効いてすでに治りかけているものの、膀胱炎だったことがわかり、再発しないように10日分のお薬をもらって帰ってきました。

血液検査の結果はこれまでとほぼ変わりなく、治療を継続している腸リンパ管拡張症は、うまくコントロールできているようです。

ほっとひと安心していたところ、病院の待合室の壁に「診療時間の変更と休診日のお知らせ」という張り紙がありました。

これまで休診日は一日もなく、午後の診療は19時までだったのですが、今は毎週火曜日が休診、午後の診療は18時までに変わっていました。

理由は「スタッフ不足」で、あくまでも一時的な措置と考えていると書かれていました。

休診日がなく土日もやっていて夜19時まで診てくれるのは、飼い主にとっては非常にありがたく安心してお世話になっていて、患者側にとってはこれ以上ないサービスではあるものの、先生が多忙過ぎて倒れるのでは?、病院で働く側にとってはかなりブラックだな~、と実はかなり前から心配しておりました。

だから、休診日ができ、診療時間が短くなって、ちょっと安心したような複雑な気持ちです。

行きはタクシーでしたが、病院からの帰り道は40分かけて、ゆっくりゆっくりバブーとお散歩しながら歩いて帰ってきました。

まだまだ元気ですよ!

 

読んでいただけたら↓

ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

ウェスティ・ランキングはコチラ↓

にほんブログ村

お漏らししませんでした。

昨日はバブーがひとりでお留守番の時間があり、またお漏らしするのではと心配でしたが、お漏らししませんでした。

ちゃんとトイレシートの上にしていました。

昨日、「タロ兵衛さま」の動画の話を書いたところ、コメントをくれた方が、バブーと同じ犬種ウェスティの「マー坊のシニアライフまだまだ元気やで」というのがあると教えてくれました。

早速、視聴しました。目と耳が不自由で認知症のマー坊は16歳を過ぎています。

部屋のいろんなとこにぶつかって、転んだりしながら、それでも元気に過ごしていて、シニア犬と過ごすのはこういうことなんだと、とても参考になりました。

今日はこれからバブーの病院です。

 

読んで頂けたら↓

ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

↓ウェスティ・ランキングへ

にほんブログ村

また、お漏らししました。

繰り返しますが、私じゃないですよ(笑)。

バブーが今度は別のムートン・シートにおしっこしました。

2日続けてトイレを失敗するなんて、赤ちゃんの頃以外なかったことです。

週末、主治医にしっかり説明しなくては。

病気が隠れているか、認知症か、リベンジか・・・。

年齢が年齢だけに、考えられる可能性はいろいろあります。

ちょうどそんな時、愛犬家の友人が「20歳の超シニア犬、タロ兵衛さま」のYouTube動画がとても可愛くて切ない、すごくいいと教えてくれました。

人間なら軽く100歳越えのタロ兵衛さまの20歳に比べたら、13歳のバブーなんてまだまだひよっこです。

人間と同じで、わんこも高齢になるといろいろなトラブルが出てきます。

保護犬シェルターから15歳の時に飼い主さんに引き取られ、その後、様々な病気を克服して20歳まで生きたタロ兵衛さまの動画を見ていると元気が出てきます。

話題の動画なのでご存知の方も多いとは思いますが、シニア犬と暮らしている方には特にお薦めです。

愛犬の老化をまっすぐに受けとめ、飼い主として大らかに穏やかに接することが大切なんだと教えてくれる動画です。

そんなお手本のような飼い主さんと晩年を過ごしたタロ兵衛さまは、幸せな犬生だったと思います。

バブーにもそんな幸せな犬生をヨボヨボになるまで送ってもらえたら、と心から願っています。

 

読んで頂けたら↓

ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

↓ウェスティランキング

にほんブログ村

 

お漏らししました。

私じゃないですよ(笑)。

バブーがソファーのムートン・シートの上におしっこしたそうで、家に帰ると、洗濯後のシートが干されていました。

ムートンは本来高級なもので家で洗濯など絶対にできませんが、バブー仕様の我が家は安物しか使っていないので、遠慮なく洗濯機で洗います。だからフワフワなのは最初だけで、すぐにボッソボソになります。

一所懸命に頭を動かしてシートにおやつか何かを隠そうとする仕草に気づいてポールがチェックしたところ、おしっこの後があったそうです。

バブーらしくないです。

本犬も恥ずかしかったようです。

悪いことだと認識しています。

いつもはちゃんとトイレシートの上でおしっこをしているバブーが変なところでおしっこをしてしまうのは、飼い主へのリベンジでなければ、どこか体調に異変が起きている証拠だと思います。

食欲もあり、血尿も止まり、苦しそうにしている素振りもなく、いつもと変わらず見た目はいたって穏やかで元気そうですが、きっと何かありますね、これは。

それを見つけて治療してあげるのは飼い主の役目です。

すぐに病院に行って検査をしてもらわなければ。

 

読んで頂けたら、 ブログランキングへ

可愛いシッポにもう1票♪ にほんブログ村

膀胱炎の疑い

今朝の札幌は雪景色だったのですが、それゆえ、バブーがおしっこをした時に異変に気が付きました。

血尿です。

出始めは普通の色のおしっこだったのですが、終わりそうな時に血液が混じっていて、最後の滴は血液だとはっきりわかりました。

以前なら慌てていたところですが、バブーと13年も一緒に生活していると、血尿はたびたびあることなので、もはや驚くことはありません。

冷静に分析します。

実は3日前に、おしっこの匂いがおかしいとポールと話していました。

実は2日前に、珍しく、洗面台にあるマットにおしっこしました。

実は前日に、滅多にしないベッドルームのトイレシートにおしっこしました。

そして、今朝の血尿です。

過去に数回、同じことがあったので、この症状は「膀胱炎」の疑いありです。

女の子でシニア犬ですから、「膀胱炎」になりやすいのも統計的事実です。

今朝、病院から処方されて使わずに残っていた抗生物質を飲ませ、その後は一日中ポールが注意深く観察していましたが、バブーの異変は見られず、むしろ元気だったとのこと。

ただの膀胱炎で、抗生物質がしっかり効いているといいのですが・・・。

バブーの健康管理の備忘録として。

昨日の回答です↓

10月担当の、この子でした!

見事正解した方は、個体の識別が可能な特殊能力を持つウェスティ検定合格です(笑)。

 

読んで頂けたら↓

ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村

10月の定期検査

月に1度のバブーの定期検査に行ってきました。

体重は8.4㎏で、血液検査の結果も前回とほぼ変わらず安定しています。

ただ、中止を試みたステロイドは、やめた途端に下痢が再発したので、当面続けることになりました。

<継続>
ディアバスター2錠=下痢止め、朝晩各1錠 
セレニア60g、1/8錠=吐き気止め
プレドニゾロン1/4錠=ステロイド剤 
ファモチジン1錠=消化性潰瘍治療剤

最近は夜中12時頃に1回起きて、少し何かを食べさせてあげるとまた寝るのですが、その後、3時と4時に起きる毎日が続いています。

3時に少しだけご飯をあげると、ぬいぐるみをくわえて部屋の中を歩き回ります。薬は4時の朝食の時に飲ませていますが、薬を飲むとお腹が落ち着くのか、歩き回るのをやめて、ソファーですやすや眠りはじめます。

バブーの早起きにお付き合いして、私も朝からいろいろな活動を楽しんでいますが、夜更かしできた頃がちょっと懐かしいです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

 

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

油断

昨夜、バブーが3回下痢をしました。

ずっとバブーの体調が良かったのですっかり油断していましたが、やっぱりステロイドをやめた影響が出てきたようです。

まったく暑くもないのに、ハァハァ荒い呼吸をしていることが多いのも気になります。

先生から、念のために取っておくようにと言われて保管していた抗生剤を飲ませたところ、すぐに症状は治まりました。

食欲もあるので緊急事態ではありませんが、やはり心配です。

私自身、子供のころからとても胃腸が弱かったので下痢くらいで驚くことはありませんでしたが、バブーの体調管理をしていると、下痢がいかに異常なことかがよく分かります。

そして、こんな時に限って出張です。

バブーはポールに託して行ってきます。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

 

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ