虫刺されに注意(閲覧注意)

先日、公園で家族写真を撮ったとき、ポールが蚊に刺されてしまいました。

大人6人、子供2人、犬1匹だったのですが、刺されたのはなぜかポールだけで、首の後ろを狙われてに3~4か所やられました。

がっしりと太くて、おいしそうだったからでしょうか・・・。

ちなみに血液型は私と同じA型です。

実家に戻ってすぐに家にあった薬をつけてやり過ごし、その後、近所の薬局で市販の虫刺されに塗る薬を購入し、塗布したところ大変なことに。

グロテスクなので載せるかどうか迷いましたが、備忘録と注意喚起として。

赤味は多少日焼けもありますが、市販の薬を塗ったところ、あっという間に「やけど」のような凸凹の状態になり、もはや虫刺されの部位がわからないほど、首全体に発疹のようなものが広がっています。

慌てたポールがネットで調べて、患部にタルカムパウダーやオリーブオイルを塗布したりしているうちに、よくなるどころか悪化。

眠れないほど痒みも増しているということで、結局、今日になってお医者さんに頼ることに。

運悪く、今日は日曜日の上にお盆です。

救急病院というほどでもないだけに、明日まで待つべきか迷いましたが、明日は私が仕事で病院について行って説明することができないので、日曜日診療のある皮膚科を探したところ、市内中心部に数軒ありました。

早速電話で予約をして、すぐに病院へ。

なんとその病院、初めて行ったのですが、「これが病院?」というような狭いオフィス、かつマスクの段ボールなんかが雑然と積み上げられていたりしてびっくり。

出てきたのは、「尾木ママ」みたいな小柄でフレンドリーな男の先生で、休日だからなのか、受付も診察も請求も、先生ひとりです。

患部を見た瞬間、「これは酷いね。虫刺されの薬、塗っちゃったんでしょ~。ダメなの。ダメ、ダメ。夏は汗をかくでしょ。塗り薬は汗腺をふさいじゃうから、一瞬効いているように思えるけど、その後で悪化する人が多いんだよね~。こうなったら飲み薬しかないからね」。

「痒み止め、出しておくから、すぐ飲んで!」、そう言いながら、手早く5種類の飲み薬を一週間分処方してくれて、診察終了。

診察終了後、私は「ブラックジャック」みたいな先生だと思って慌てましたが、ポールは、「この先生、面白い!気に入った!」と一言。

家に帰って、ネットで病院の口コミを調べてみると、ある病院サイトでは5点満点中の4.8点。

設備の整った大病院でもなかなか取れない高評価で、「先生ひとりなので大目に見てあげてください」など先生を労りながら、「何軒行っても原因がわからなかったのにこの病院で親身に対応してもらって原因がわかって感謝している」などなど、やたらと評判が良くて安心しました。

ポールにそのことを伝えると、”Don’t judge a book by its cover”(見た目で判断してはいけない)、って言うでしょ。

先生が、昨日は「帯状疱疹」の急患が4人来た、とおっしゃっていました。

汗腺がふさがれるのと同じ理由で、特に夏場に増えるそうです。

まだまだ暑さが続きそうです。

汗腺をふさがないように、十分にご注意を!

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

マスク問題。日本に「いいね!」

これだけ世の中でマスク、マスクと言われる日が来るとは思ってもいませんでした。

朝はポールのためと英語の勉強のため、イギリスのBBCかアメリカのCNNのテレビニュースを必ず見ていますが、マスクが話題にならない日はないくらい、毎日、マスクの話が聞こえてきます。

先日は、マスクの効能を説く専門家のアドバイスをずっと無視し続けていたトランプ大統領が、ついにマスクをして公に姿を現したことが大きな話題になっていました。

イギリスでは、今月24日から店舗やスーパー内での買い物客のマスク着用が義務化されることになり、違反者にはなんと100ポンド、日本円で約13,500円の罰金が科されることになるそうです。

そこまでやらないと、誰もマスクを着用しようとしないということですよね。

「なんで24日からなの?なんですぐやらないの?」とポールに聞くと、「本当にその通りだよ」と呆れた様子。

フェイスブックでも、イギリスの「友達」のみなさんは、こんなに感染が広がっているのに、「マスクなんか意味がない」、「マスクを着用するかどうかは個人の自由」と主張している人が多いらしく、ポールは毎日激オコで、イギリスにいたら「ぶんなぐってやりたい!」とプンプン。

「マスクをするのは自分のためじゃない。他人に感染を広げないため、医療を崩壊させないため、社会のためなのに、それを全然わかってない」、と。

そんなポールを見るにつけ、日本人って本当に衛生観念がしっかりしているというか、真面目というか、モラルが高いとつくづく思います。

地下鉄に乗っても、デパートに入っても、近所のスーパーでも、今、マスクを着用していない人は皆無と言ってもいいくらいです。

逆に、外出時にうっかりマスクを忘れようものならもう大変。

すぐにコンビニに駆け込んで購入しなければなりません。

だから、罰則など課されることがなくても、常にマスクを数枚、カバンの中にストックして持ち歩いています。

欧米各国と比較して、日本人の性格は自己主張が足りないとか、自分の意見を言わないとか、同調圧力に弱いとか、個性がないとか、そんな風にネガティブにとらえられがちですが、コロナ対策に関しては、「個」を主張し過ぎることのない、「和」を尊ぶ姿勢、伝統的な精神こそが良い方向に、ポジティブに作用していると言えるのではないかと思います。

ポールは、しばらくイギリスには帰りたくない、帰る気もしない、と言っています。

今までは、母国イギリスの良さを語ることが多かったポールですが、世界的なコロナ禍の中、これまでにないくらい、日本に「いいね!」ボタンを押しまくってます。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

アスパラ

北海道のアスパラは今が旬です。

我が家のアスパラはこちら↓

ちょっ、何コレ~!?

細過ぎ~。

しかも大小さまざまって・・・。

痩せたアスパラ家族なの?

まったく手入れをしておらず、悲惨な状態になっている我が家の猫の額の裏庭でポールが採ってきたアスパラです。

サラダにしていただき、お味はなかなかよろしゅうございましたが、細すぎて味わうも何も・・・。

我が家の家庭菜園は放置し過ぎてトホホです。

いろいろ植えているのですが、あまりに悲惨で、どれが食材になるもので、どれが雑草なのかすらわかりません。

なんでもそうですが、定期的なメンテナンスは絶対必要ですね。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

じゃがいも三昧

このゴールデンウィークの我が家の主食はじゃがいもでした。

普段は一緒に食事をすることがなかなかできないので、ポールはパン、私はお米か麺を主食にしてそれぞれ自由に食べていますが、ふたりで一緒に食べる休日の主食はじゃがいもになります。

早速、ポールが得意料理の「シェパーズ・パイ」を土鍋でたっぷり焼いてくれました。

パイですが、パイ生地はありません。

細かく刻んだ野菜とお肉を調理したものをベースにして、その上にたっぷりマッシュポテトをのせてオーブンで焼いた定番料理です。

イギリス料理ですが、組み合わせは「肉じゃが」的なイメージでしょうか。

夫婦2人ですから、途中でアレンジを加えながら、全部食べきるのに3日かかりました。

子供の頃から、じゃがいものは「おかず」という認識だったので、結婚した当初は、どうしてもお米やパスタを一緒に食べないとちゃんと食事をした感じがしなかったのですが、今はもうすっかり慣れました。

マッシュポテトはバブーも残りをもらえるので、いつも私たちの食事が終わるのをニコニコしながら待ってます。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

長いから!

自分の夫のことを褒めるのもなんですが、ポールはかなりIQが高いのではないかと思います。

もともと理系で、なんでもリサーチするのが好きなので、今回のコロナの件もそうですが、とにかく病的なほどに徹底的に調べて極めて客観的なデータをもとに分析をしつつ、自分の見解をかなりの長文で綴ります。

気になるのは、それをフェイスブックで発信することです。

読書家でもあるので語彙力も半端ないのですが、それを誇示しているかのように受け止められる場合もあるわけで、それを友人たちに強制的に読ませるフェイスブックでやってはいけません。

一般的にはあまり使われないような豊富なボキャブラリーと長ったらしい言い回し、尋常じゃない長文投稿という暗黙のルール違反に違和感を覚える人も恐らくきっと多いのです。

昨今のSNSは短文で、気軽に投稿できるカジュアルなものが基本です。

長文の発信は受け手側から求められていないので、長文の場合は読みたい人だけが読めばいいスタンスのブログやホームページが適していると思います。

これまで何度も助言しました。

フェイスブックで長文を期待している人はいないし、むしろ嫌がられるから控えるように、と。

だがしかし、頑固なポールはまったく聞く耳を持ちません。

ポールが日本で発信する時間帯と、イギリスにいるフェイスブックの友人たちが受信する時間帯にはかなりの時間差があり、更新から数時間経っても「いいね!」がつかなかったり、コメントが入らないと、妻の私がハラハラします。

投稿が「長いから!」。

言いたいのはそれだけですが、ポールはあくまでもフェイスブックで友人たちに読んでもらいたいようです。

別に決まりがあるわけじゃないので本人が好きなように発信すればいいのですが、残念ながらSNSをわかってないな~、といつも思います。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

自分のことは自分で。

結婚して16年目になりますが、振り返ってみると、夫のポールに対して私は過保護過ぎました。

夫が外国人で在宅ワークなのが主な理由ですが、せっかちで合理的な考え方の私は、確定申告や入国管理局の手続きをはじめ、無駄なく効率的に様々な手続きを終わらせるためには、ポールにいろいろ説明するより、自分がやった方が早いと思ってやってきました。

必要な手続きの場合、代行できるなら代行。できない場合は同行。頼まれてもいないのに、いつもひとりで勝手にそう決めて行動していました。

病院に行くときも常に一緒でした。

ポールのことが心配ということはもちろんありますが、日本語は話せるものの、日本語の読み書きができないので、問診票を書いたりするときに病院に迷惑をかけることを避けたいと思ってのことです。

だがしかし、夫婦そろって50代に突入した今、それではいけないと思い始めました。

ポールがすべきことを代行し続けてきた私自身がいつ何時、緊急事態が起きないとも限らないからです。

そう思って、手を差し伸べるのをあえて一切止めました。

有事にそなえて、サバイバル能力を高めてもらわなければなりません。

そんなわけで今日はポールがひとりで銀行の外貨振込と両替の手続きに行ってきました。

ほとんど街にもいかないので、銀行の場所もわからないポールは、通りすがり人に道を聞いたところ、英語で快く答えてくれた上に、スマホでささっと道順をチェックして、「一緒に行きましょう」と案内してくれたそうです。

帰りも道がわからなくなり、また別の人に道を聞いたところ、同じようにスマホでチェックして、英語で「こちらですよ」と案内してくれたそうです。

銀行で行ったのは外国為替や外貨両替の部署なのに、誰も英語を話してくれなかったけれど、道行く人たちは英語で案内してくれた!、本当に親切だった!と、とても感激していました。

私が良かれと思って過保護でいたことは、長い間、異国で経験する、こういう感激や体験も奪っていたことになるんですよね。

嬉々として今日の出来事を報告してくれるポールを見ていて、つくづくそう思いました。

よし、これからは、自分のことは自分で!

苦労することも多いと思うけれど、得難い経験をたくさん得られるはず。

札幌でリュックを背負って心細そうな外国人に道で出会った方は、どうぞよろしくお願いいたします。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

夫・ポールの誕生日

今日は3歳上の夫、ポールの誕生日でした。

またひとつ年を重ねましたが、今年のポールはちょっと違います。

去年の9月にお酒を止めてから、本当に健康になりました。

お友達とのパーティーの時以外、飲酒ゼロ。

先月の人間ドックでも肝臓の数値がC2からA判定に改善。

不調を訴えてありとあらゆる病院で診てもらっていた頃が嘘のように、毎日健康に過ごしています。

去年の1歳若いポールより、今年の1歳年を取ったポールの方がずっと若返った感じです。

このまま継続してくれたら、来年はさらにもっと若くなるかもです。

このまま頑張ってくれますように。

ブログの引っ越しで、過去の写真が消えてしまったので、今日はポールとバブーの懐かしい写真で。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

カタカナ苗字

イギリス人の夫ポールと結婚して以来、戸籍名の苗字はカタカナです。

もともとはフランス由来の、イギリスでも恐らく数人しかいないという珍しい苗字です。

入籍以来16年、もちろんプライベートでは戸籍名のカタカナで名乗っていますが、仕事では去年まで旧姓の日本名を使っていました。

特に旧姓に強いこだわりがあったわけでなく、旧姓使用がOKの会社なので、苗字を変える手続きのタイミングを逃したままだっただけなのですが、ここ数年、戸籍名と仕事で使う名前が違うのは本当に面倒だな~と思うことが増えてきました。

その理由はやはりインターネットです。

いまや航空券やホテル、飲食店の予約は電話ではなくインターネットが当たり前で、それが仕事がらみだからと言って、仕事で名乗っている旧姓を使うことはままなりません。

そんなわけで、結婚から15年経った昨年、仕事で使う名前を戸籍名と同じカタカナに統一しました。

最初は名刺を差し出した時の相手の反応が心配でした。

明らかに和風の私がカタカナの苗字を名乗ると「???」となるのでは、と。

ところが、意外なほど誰もカタカナ苗字に触れません。

名前を変えてから半年が経過し、少なくとも100人以上と名刺交換をしましたが、「どうしてカタカナ?」と問う人はほとんどいません。

「個人情報」に立ち入ってはいけない、聞いてはいけない、というモラルが働いていること、国際結婚が珍しくない時代になったことが要因と思われます。

カタカナ苗字に変えると決断した時、このまま変えないのも面倒だけど、今このタイミングで変えるのも面倒だよな、といろいろ葛藤がありましたが、移行は意外なくらいスムーズでした。

問題なのは、旧姓の名前が名簿にないので私が会社を辞めたと思った人がいたことや、珍しいカタカナ名なので、読み間違いが多発していることくらいでしょうか・・・。

結婚当時の2004年と今、時代は本当に変わりましたね。

旧姓の使用範囲の拡大が求められている昨今、むしろ時代の流れに逆行することをしたわけですが、カタカナ苗字でも意外とすんなり受け入れられることがわかり、結果として思い切って変えて良かったと思っています。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

スムージー

酒豪の夫、ポールが昨年9月にアルコールをやめる宣言をしてから5ヵ月が過ぎました。

原因不明の体調不良が続いて一念発起。

アルコールをやめると決めて以来、自宅では一切アルコールは飲まず、友人たちとのパーティーでも、乾杯のときの最初の1杯程度は飲むこともありますが、ほとんどノンアルで通します。

先日、ブログを通して知り合ったアメリカ在住のご夫妻と札幌でお会いした時も最初の一杯だけはビールを飲んだものの、2杯目のオーダーはまさかの「スムージー」ですよ。

「ポ、ポ、ポ、ポ、ポールがスムージー????」、って、妻の私でも仰天です。

ポールは本当に頑固ですからね~、良く言えば意思が固いわけで、ことアルコールに関しては、意思が固いのは大変すばらしいことです。

私も見習わなければなりません。

さて、来週は人間ドックがあります。

毎年、夫婦一緒に人間ドックを受けています。

私たち夫婦の健康状態のすべてが数値になって明らかになるわけです。

お酒をやめてまだ5ヵ月目ではありますが、禁酒の結果が健康にどう影響しているか確認できる絶好の機会です。

結果次第では、私も禁酒宣言するかもしれません。

続報、ご期待ください。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

 

ホームパーティー

今日はお友達のご実家でホームパーティーでした。

集まったのは国際結婚4家族。

奥様は全員日本人で、旦那様はイギリス、ブラジル、ドイツ。

我が家以外はみんな小さなお子さんがいるので、大騒ぎで目が回りそうな、とっても賑やかなパーティーでした。

生後4か月の赤ちゃんも、チュパチュパしながら参加していました。

小さな子供たちはみんな男の子でとにかく元気いっぱい。

我が家は可愛かった唯一の甥っ子があっという間に中学生になり、声変わりもして叔母さんとはもう遊んでくれなくなったので、小さかったあの頃を思い出して一緒に遊びましたが、エネルギーをすっかり吸い取られました。

一日だけ遊ぶなら楽しいですが、これが毎日・・・となるとね。

育児の大変さがよくわかります。

今夜は私もよく眠れそうです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ