補聴器

心配していたバブーの膀胱炎(疑い)。

抗生物質がしっかり効いたようで、血尿はすぐに止まり匂いも消えました。

とはいえ、シニア犬なので油断は禁物。

どこかに病気が隠れているかもしれないので、調子が悪そうならすぐに病院に行けるように夫婦で万全の態勢を整えています。

話は変わって補聴器の話。

2週間前から、ポールが補聴器のトライアル装着をしています。

ポール・ママもそうなので、完全に遺伝性と思われるのですが、ポールは生まれつき左耳が悪く、イギリスで11歳の時と30歳の時に2度、鼓膜の大きな手術を受けています。

日本では、ごく稀に耳のトラブルで耳鼻科に行くことはあるものの、日常生活で支障はなくそのままだったのですが、最近、ポールがテレビを見ている時のボリュームが大き過ぎるのが気になってきました。

私にとってはうるさすぎるのです。

そのため、先日、ふと思い立ってポールと一緒に補聴器の専門店へ。

いろいろ調べてもらうと、左耳の聴力がかなり低く、耳鳴りもあり、右耳の聴力も下がってきているので、補聴器が必要なステージに入っているとのこと。

ポールの場合、悪い左耳に補聴器を付けるのかと思ったら、悪い方の耳は諦めて、良い方の耳の聞こえをよくするために右耳に着けることになるそうです。

耳の形や聴こえの調整のため、週に1回ペースで専門店に通っていますが、とてもよく聴こえるようになってとても快適そうです。

英会話の先生ですから、生徒さんの声が聞こえにくくて、無意識に何度も聞き返すのは良くないですからね。

今の補聴器は見た目も機能も進化していて、装着していても言われなければ気づかないほどです。

なんとなく自分の勝手なイメージで、ポールは補聴器をつけるのを嫌がるかな、と思っていたのですが、「目が悪い人は眼鏡をかけるでしょ。僕は耳が悪いから補聴器をつけるだけ。嫌がるかって?!何が問題なのかわからない」、とまったく抵抗を感じていないどころか、むしろ嬉しそうです。

私は逆にもともと目が悪い分、耳はおそらく人よりいい自信があるので、テレビの大音量に悩まずに済んでほっとしています。

歳とともにいろんな不具合は出てきますが、我慢せずに必要な助けを借りるのは、快適に日々を過ごすために必要なことだと思います。

 

読んで頂けたら↓

ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村

イギリスからの定期便

イギリスのポール・ママから、定期便が届きました。

ポールが子供の頃から大好きで、札幌では買えない「リクリッシュ」という黒いキャンディーみたいなお菓子が送られてきます。

今回は、一緒にウェスティのぬいぐるみとブローチ。

そして、フェレットのぬいぐるみが入っていました。

ひぃ~、リアル。

フェレットはポールが子供の頃に買っていた動物で、名前はディンキーと名付けました。

写真を撮っていたら、すぐにバブーが気づいてテーブルから引きづりおろし、いたぶっておりました。

イテテ・・・。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

  

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

15回目の結婚記念日

昨日は15回目の結婚記念日&私の誕生日でした。

記念日には無頓着なので、誕生日と一緒に設定しておいて本当に良かったと思っています。

今年の記念日はなかなか忙しかったですよ。

まずは母と待ち合わせをして大通公園近くのレストランでランチ。

天気も良くて、窓から見える大通公園のいちょうが黄金に輝いていて本当にきれいでした。

その後は大通公園を通り抜け、姪っ子のピアノ発表会へ。

おしとやかにピアノを弾いているより、躍動するダンスが似合う活発な姪っ子ですが、ピアノもとっても上手でした。

挨拶もハキハキとしっかりできていたし、ピアノもちゃんと練習していたんですね。

家に帰ると、ポールが近所のケーキ屋さんでケーキを2つ買って待ってくれていました。

思えば、結婚して最初の誕生日はポールが「仏花」をプレゼントしてくれてギョッとしました。

花屋にたくさんあるから、日本人はこの花が好きなんだと思った、と言っていましたね。メインは菊の花でしたよ。懐かしい思い出です。

そして、早めのディナーを済ませ、6時からはラグビー準々決勝、ウェールズ対南アフリカ戦をテレビ観戦。

取って、取られて、素晴らしい、見ごたえのある試合でした。

結婚15年目、50歳の初日は朝から大忙しで、夕方になって記念にバブーと一緒に写真も撮りました。

まだまだこの先何年も、記念日家族写真が撮れますように。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

 

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ノンアルコールで1ヵ月

ポールが突然お酒をやめてから今日で1ヵ月。

お酒を飲まないと決めた9月のあの日から、ポールは1滴もアルコールを飲んでいないんです。

イギリスのパブで飲むギネスが何より好きなポールが、毎日ノンアル・ビールですよ。

驚きです。

別に日曜日の夜くらい飲んでもいいんじゃないかと思うのですが、それもなしです。

頑なです。

ちなみに私は今まで通りマイペースで晩酌をしておりますが、お相手をしてくれないので少々寂しいくらい。

でも、そんなこと言っちゃダメですね。

飲みすぎはよくないですから、お酒を止められるなら飲まない方が絶対いい。

ちゃんと応援しています。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

 

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

甘すぎる

先日一緒に食事をした英会話つながりのお姉さま2人。

もともとはポールの生徒さんでブログも読んでくれているので、近況報告をせずとも我が家の状況をよくご存じなのですが、ふたりとも口を揃えて、私がポールに甘すぎると言うのです。

病院の予約をしてあげたり、病院に付き添ったり、なんでも世話を焼き過ぎていると・・・。

確かにそう言われてみればそうなのですが、最近は土曜日は開いている病院も多いし、いくら日常会話は問題ないとはいえ、医療単語は日本語でも難しいので、自分でしっかり先生の話を聞きたいというのもあるんですよね。

結局は自分のために・・・。

あともうひとつあるのは、問診票が日本語の場合、意味もわからず回答もできないので、忙しい中、看護士さんや受付の方の手を煩わせてしまうことを想像すると、どうしても気になって、一緒について行ってしまうんですよね。

ポールがひとりで病院に行っても、病院側がなんとかしてくれると思うけれど、短時間で誰にも迷惑をかけずに進めようと思うと、私が一緒に行くのが一番簡単でいい、と。

この考え方が「甘い」と注意される所以なんですけどね。

心配症でせっかちな性格なので仕方がないです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

 

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

惜しい

我が家の冷蔵庫を開けると、いつもと違うビールが入っていました。

ポールは、ビールはアサヒのスーパードライと決めていて、それ以外の銘柄が冷蔵庫にあることはなかったので、一瞬びっくりしたけれど、すぐにわかりました。

ついに「ノンアル」を買ってきたのです。あのお酒好きのポールがですよ!

これはもう驚きです。

だけど、よく見ると、惜しい!

これ、「ノンアル」じゃない。糖質、プリン体、人工甘味料がゼロで、名前にZEROと入っているので非常に紛らわしいけれど、アルコールはしっかり5%と書かれています。

「冷蔵庫、見た?」と誇らしげなポールに、「あれ、ノンアルじゃないよ」と言うと、「えっ?ノンアルじゃないの?」。

ちなみに、ポールはすでに1缶飲んでいましたが、アルコールが入っていることに気づかなかったようです。ビールなんて、水みたいなものなんですかね。

もう一度、スーパーに行って、今度はこちらを買ってきました。

今度はちゃんとノンアルです。

バブーも笑っています。

惜しいミスはありましたが、ポールのお酒をやめる宣言、本気のようですね。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

 

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

褒めて伸びるタイプ

夫のポールは相当な酒飲みです。

今月、ラグビーワールドカップが札幌であるというので、多くの飲食店が大量にビールを用意しながら、それでも足りなくなるのではないかと心配しているように、白人のアルコール分解酵素は半端なく、夫の酒量も半端ないのです。

でも、だからと言って、飲んで毎晩ヘベレケになるわけでもなく、人間ドックで肝臓の数値が引っ掛かるわけでもないので、今まではあまり注意したことはありません。

ただ、年を取ってくると、酒量が心配になってきます。

あんなに飲んで長く健康でいられるわけがありません。

最近ずっと体調が悪いのも、長年の不摂生のツケが来ているのではないかと心配になり、先週末、意を決して飲み過ぎを注意しました。

夫婦喧嘩は絶対にしたくないので、かなり言葉を選んで慎重に、妻の私のために健康で長生きして欲しいという文脈に力点を置いて諭し、心に響くように。

効果テキメン!あの日からポールは変わりました。

最初は「明日から飲まない!」と宣言したのですが、きっとそれは無理だろうと思っていました。

案の定、一滴も飲まないというのは無理でしたが、一気に酒量を減らしました。

「今日はこんなに少ししか飲まなかったよ」というのを報告するために、今週はずっと私の帰りを待っていたようです。

この1週間、ポールの酒量は激減しました。

このままうまく行けば、長年の懸案だった夫の飲酒問題は攻略できそうです。

最近、繰り返している英語のフレーズがあります。

”I’m proud of you.” です。

映画やドラマを見ていると、親が子供に対して、あるいは恋人や配偶者、友人に対して、あるいは上司が部下に、とにかくいろんなシチュエーションで、相手を褒めたり、励ましたり、労ったりする時、ネイティブが本当によく使うフレーズです。

「私はあなたを誇りに思います」と直訳すると堅苦しくなりますが、「えらいね」、「すごいね」、「よくやったね」というニュアンスで、かつ、その人の努力をちゃんと知っている人がこの一言を言うとグッとくる、非常に素晴らしいフレーズなのです。

今週は何回 ”I’m proud of you.” とポールに言ったことでしょう。

ポールは間違いなく褒めて伸びるタイプですね。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

涙と瞑想

週末はポールとふたりで自宅で映画をよく観ています。

一番好きなジャンルは世の中で起きている様々な問題を扱ったドキュメンタリー映画。

実話を基にしたストーリーに感動し、心を打たれ、涙することもしばしばです。

私はもともとかなり涙もろい方ですぐ泣きますが、ポールはほとんど泣くことがありません。

こんなに感動する映画なのに、よくもまぁ涙を一滴も流さずに平然と観ていられるものだよな~、とよく思っていましたが、最近、ポールもよく泣くようになってきました。

そのポール、母国イギリスのEU離脱問題のニュースを見るたびに心を乱されているようです。

出るのか、出ないのか・・・、あまりに混迷ぶりに、心を静めるために瞑想をはじめたそうです。

恥ずかしいので、私が家にいない時に瞑想している、と言っていました。

涙と瞑想。

ポールの心の中で、何か変化が起きているのでしょうかね。

ただの年のせいですかね。

そっと見守りたいと思います。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

食事は自由に好きなモノ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イギリス人との国際結婚とわかった時に、一番聞かれるのが食べ物のこと。

「食事はどうしているの?」。

幸いなことにポールは料理が得意なので、ふたりとも仕事をしていて生活時間帯が違う我が家は、それぞれが自由に好きなモノを自分で作って食べています。

たまに私が作って一緒に食べるとしたら、冒頭の写真のサンドイッチくらいなもので、頻度は週末のみ。

夫のポールは完全なパン食。パンじゃなければシリアルで、私はお米か麺類が好きなので、主食の好みがまったく違っているのです。

さらに、外食でも、ポールは例えば焼肉とかしゃぶしゃぶ、ジンギスカンのように自分で調理しなければならないお店の場合は、「お金を払って食べに来ているのに、客が自分で調理をしなければならないのはおかしい。飲食店では、ちゃんと調理されたものが提供されるべき。しかも生肉を素人に調理させるなんて信じられない」という理由で、自分で調理をすることになるお店は嫌がります。

一方の私は、みんなと一緒に調理して食べるのが大好きです。

だから、北海道の定番、夏のジンギスカンとか、冬の石狩鍋なんかはポールと一緒に食べることはできず、いつも日本人の友人たちと、ということになります。

でも、それでいいと思っています。

誰からも強制されることなく、自分の好きなモノを選んで、好きな調理法で食べればいいと思うのです。

そんなわけで、我が家はそれぞれが好きなように食べているのでストレスがまったくありません。

これが国際結婚のサバイバル術のひとつだと思っています。

読んでいただけたら、

人気ブログランキング↓をポチっと♪

https://blog.with2.net/link/?2013920

ついでに、わんこ好きの方は↓

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

函館時代の仲間たち


人気ブログランキング

20代後半から30代前半の約5年間を過ごした函館時代の、懐かしい友人たちと嬉しい再会。

当時通っていた英会話教室の先生だったポールと生徒だった私たち。

そして、レッスンの後に足繁く通って、ビール片手に語り合っていたバーの店長さん。

生徒たちはみんな転勤族で、たまたま配属された函館で、それぞれの理由で英会話教室に通い始め、そこで出会った仲間たちとレッスン後にオシャレなビアバーで一杯。

そんな関係がどんどん発展して、ポールと私はその後結婚。

生徒同士も一生の付き合いに。

函館に転勤することがなかったら、あの時、あの場所で英会話教室に通うことがなかったら、夫のポールと出会うことも、素敵な友人たちも得ることはできなかったわけで、人生ってどこで何が起きるかわからない。

本当に不思議なものです。

話は尽きず、2次会へ。

あれから20年。

その後、国内、国外、それぞれ各地を転々として、私とポール以外は現在関東在住。

当時のエキサイティングな日々を思い出し、一緒に歩いているときもみんな笑顔。

楽しい時間はあっという間に終わり、大通のど真ん中、4丁目交差点で人目もはばからず、がっちりハグ。

次会、函館で再集合を約束してお別れ。

とっても懐かしくて、心から楽しい夜でした。

バブーは静かにお留守番。

読んでいただけたら、


人気ブログランキング

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ
にほんブログ村