ポールの里帰り、無事終了

人気ブログランキングに参加中♪

ポールが帰ってきた!

夫のポールが、故郷イギリスへの3週間の里帰りから日本に無事帰国。

「帰国」という言葉を使うたびに、ポールにとっては、「帰国」ってどっちの国の時に使うんだろうと思うけれど、その戸惑い、というか不安が常に私の中にはあるのです。

「里帰りするのはいいけれど、夫がちゃんと日本に戻って来てくれるのかどうかとっても心配で・・・」、なんて、友人たちに相談すると、返ってくるリアクションは、「まさか、戻って来ないはずはないでしょう?」、「夫婦なのに、なんでそんなこと心配するの?」。

国際結婚の悩ましいところは、やっぱり距離。

国が違うという意味での距離。

「飛行機が遅れて、乗り継ぎの飛行機に間に合わないかと思って焦った」、なんて言いながら、あっけらかんとポールは予定通り戻ってきてくれたけれど、どんなに心配したことか。

前々回は日本に戻る直前に、ポール・ママが体調を崩して入院、前回はポールが体調を崩して、いずれも帰国日が1週間くらい延期になったこともあり、今回も本当に帰って来てくれるその日まで心配で心配で。

結婚して10年経つけど、里帰り帰国のたびに不安でいっぱい。

イギリス人との国際結婚の夫婦の中には、実際に、数年前にクリスマス休暇を取って自国に里帰りして以来、戻ってこなくなってしまい、その後毎年、クリスマスに逆に訪問するようになっているカップルもあり・・・。

誰しも故郷への思いは格別。

私が逆に、今イギリスに住んでいて、数年に1回しか日本に里帰りできないとしたら、一人暮らしの母のことや、これから先の自分の残された人生や、いろんなことを考えると、異国で生活することの負担が年とともにずっしりと重くなって、去りがたくなりそう。

私たち夫婦に子供がいたら違ったかも・・・。

そんな今更考えても仕方がないようなことまで、この数週間ずっと考えていたから、無事戻ってきてくれて本当に良かった。

話は変わって、今回のイギリス土産。

私へのお土産は、今も昔もずっと熊のぬいぐるみ(笑)。

手編みの白いマフラーと手袋は、ポール・ママから。

姪っ子には、英語を話す犬のぬいぐるみと絵本、

甥っ子には、ラジコンのヘリコプター。

そして、自分用には歯磨き粉がどっさり。

日本製のものには満足していることが多いけれど、歯磨き粉のクオリティだけは、日本のものは何を使ってもどうも物足りないらしく、大量に補充。

そして、ポールが里帰りしている間、お留守番が多くて、寂しい思いをしていたバブーも、大喜び。

いつも一緒に生活している家族が、数日とはいえ、ひとりでも欠けてしまうと本当に寂しいもの。

心に穴がぽっかり開いてしまう感じ。

いつもの「群れ」に戻って、「ほっ」。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です