伸び悩み

前回の通訳レッスンでは、相当落ち込みました。

日本語→英語の同時通訳訓練だったのですが、英語→日本語よりもやりやすいイメージがありました。

なぜなら、少なくとも余程のことがない限り、母国語の日本語を聞き間違えるとか、意味がわからないということはないはずだからです。

とはいえ、やはり難しいものは難しい。

約5分間でしたが、「経済波及効果」とか「観光立国」なんて単語が出てきて、あれ、なんて言うんだっけって思っているうちにどんどん遅れて、自分がいま何を訳しているのかわからなくなり、体制を途中で立て直すことができないまま、後半はほとんど絶句、無言・・・。

先生には、途中で諦めたことを注意されましたが、本当に泣きたいくらい散々なものでした。

最近、「伸び悩み」を強く感じています。

通訳レッスン後はいつも落ち込みますが、今回は落ち込むというより、「諦め」の気持ちが押し寄せてきました。

あまりに惨めで子供みたいに不貞腐れて、今までではじめてレッスンの途中で教室を退出したい気持ちになりました。

「伸び悩みを感じた時がチャンス!もうあと少しでブレイクスルーできる所まで来たということ」だとメンタルトレーニングの専門家は言いますが、本当にそんなことがあるのでしょうか。

子供のころから大好きでずっと続けてきた語学の勉強。

情熱だけはまだ枯らしたくないないので、歯を食いしばって、あともう少し頑張ってみようと思います。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

季節感ゼロ

外にいるときは、常にコロナのことが頭にあるせいか、週末に家にいるとほっとしますね。

週末は外出せずに家でゆっくり過ごします。

例年ならビアガーデンで美味しいビールを味わっているころですが、今年は致し方ありません。

季節のイベントを楽しむことができないので、今年は本当に季節感がないですね。

今日から8月ですが、いつの間に?という感じです。

お盆休みももうすぐですが、首都圏の感染者急増状況を見ていると、地元に帰省するのも憚られる状況のまま突入しそうで心配です。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

コロナ禍の、ランチタイムの飲食店サービス

今月、ランチに行った飲食店で、立て続けに「えっ?」と思うことがありました。

1店目は札幌の駅前通りにあるお寿司屋さんです。

ランチタイムはいつも混んでいる、席数の多い人気店ですが、この日はほとんど客がいませんでした。

4人グループで行って3人は同じものを注文し、1人だけ違うものを注文したのですが、待てど暮らせど、違う注文をした人の分だけが出てきません。

メニューが違うから仕方ないかと思いつつ、あまりにも遅いので、忘れられているのかと思って心配になり、お店のスタッフの方をテーブルに呼んでそのことを告げると、「すみません」でも「今、確認しますね」でもなく、その場からカウンターにいる寿司職人さんに向かって、不機嫌そうな大声で「催促入りました~」。

2店目は大通にある割と大きなイタリアン・レストランで、4人だったので予約をして行ったのですが、「予約席」の札を置いたテーブルに案内してくれるわけでもなく、入り口で「ご自由にどうぞ」と言われただけで、次々に入ってくる予約なし客とまったく同じ扱いでした。

さらに注文をひとつ間違えたあげく、「注文したものと違う」と言うと、「コレ、もう作っちゃったんで、同じ料金なんでコレでいいですか?」と、面倒と言わんばかりに悪びれる様子もなく要求されました。

3店目は大通にあるステーキハウスで、対応は極めて丁寧なのですが、広いフロアにスタッフが2人しかおらず、店内は混んでいないにも関わらず、明らかにキャパ・オーバーで、入り口のところで何組も待たされていました。

平日のランチタイムは、スピードと正確さが飲食店サービスの命です。

唯一の息抜き、リラックスタイムなので、限られた時間の中で、イライラしたり、ハラハラしたり、不穏な気持ちにはなりたくないのです。

共通していたのは、お店のスタッフが減っているせいで、残念なことに、客が来ることを喜んでいない、むしろ迷惑がっているような雰囲気が感じられたことでです。

コロナ禍の経費削減でスタッフが減らされて、最低限のサービスしかできないことは重々承知しているつもりでいましたが、サービスの対価として支払っている料金はいままでと変わらないわけで、同じサービスを求めてしまう自分の考えの狭さに罪悪感を覚え、なんとも複雑な気持ちになりました。

コロナが長引くと、飲食店は、「コロナで来客減→スタッフ減→サービス減→さらに来客減」という完全な負のループに陥ってしまい、経済を回したいのに回せない状況になるのではないかと心配です。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

飲みニケーションは絶滅するのか?

このコロナ禍で、大きな変化を感じているのは「飲み二ケーション」です。

人事異動に伴う送別会・歓迎会の類は、以前は仕事の延長上で必ず催され、参加が「絶必」のものでしたが、それがぱったりとなくなりました。

アラフィフ会社員としては、「飲みニケーション」のメリット・デメリットの両方がわかっているだけに、良かったような、寂しいような、複雑な心境です。

今でこそ笑い話ですが、付き合い始めたばかりのころ、イギリス人のポールには、仕事の延長上の飲み会というものがどうしても理解されず、結婚前後には常に諍いのネタになっていました。

そのことを思い出すと、恋愛中や結婚を考えているようなカップルにとって、会社の飲み会は「悪」以外の何物でもありません。

デートの約束をしていたのに突然上司に誘われて飲みに付き合わざるを得ず、そのことが原因で、あとで喧嘩になったなんていう話もよくあるものでした。

実は今日も異業種交流を目的とした飲み会が予定されていたのですが、首都圏で感染者が再び増加している状況を踏まえ、急遽キャンセルになりました。

ですが、そのやり取りには賛成派と反対派が入り乱れていました。

コロナ対策の観点から、「当社ではまだ飲み会は解禁されていないので参加を控えます」という人もいれば、「今が落ち着いた状況といえるのでは」という人もいて、感覚はバラバラですが、この状況が長引けば、おのずと「飲みニケーション」は絶滅に向かうような気がします。

コロナ問題、仕事や家族との関係を見直す、いい機会と言えるのかもしれません。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

誰かに見られてる?

先日、妹と「オンライン広告」の話をしました。

フェイスブックやグーグルを使うたびに、妹の場合は、「しみ・しわ・たるみ」に関する広告が次々に出てくると言います。

私の場合は、おばさん好みのゆったりした服や、でっぷりしたお腹の男性のイラスト付きダイエット広告、ほうれい線やシミ退治の広告なんかが続々出てきます。

基本、若い人たちが好みそうなキラキラ感のあるものは一切出てきません。

アラフィフ用のものばかりです。

これらのオンライン広告は、年齢性別などの個人情報はもちろん、過去に、関連するコトをインターネットで調べたり、実際にモノをオンラインショップで購入したりしたからであって、私は表示される広告に納得していますが、妹はまったく覚えがないというのです。

そんなはずはない、絶対に理由があるはず!と一緒に考えていると、もう何年も前に一度だけシミ消しクリームをオンラインで購入したことがあると白状しました。

「しみ・しわ・たるみ」の広告が出るのは、それが理由です。

履歴は消えていないのです。

そんな話をしていた矢先、Facebookをチェックしていると、なぜか今までと毛色の違う、Doleの「エクアドル産のバナナ」の広告が出てきました。

これには私も驚きました。

このエクアドル産のバナナは、さっき、近所のスーパーで購入したものです。

国産、フィリピン産、エクアドル産・・・と数種類のバナナが並んでいる中で、悩んだあげくに購入したのがエクアドル産のバナナでした。

フェイスブックでオンライン広告を見た瞬間、「今、売り出し中の人気沸騰中のバナナだったんだ!」と思い込み、嬉々としてポールに報告すると、「カードを使ったからだよ」と一言。

購入時にクレジット・カードは使っていないことを伝えると、「ロイヤリティ・カードを使ったでしょ」。

まさか、あの、ポイントを貯めるだけの「ララ・カード」のこと?!

「そう、それだよ」。

オンラインショッピングじゃなくても、クレジットを使わなくても、今の時代、購入履歴が情報として蓄積されて、どこかでつながり、即座に「バナナ好き」認定されて、Facebookのオンライン広告に出てくるという事実に愕然としました。

わかっていたようで、実際にはよくわかっておらず、まさかのバナナ広告を目にした時には、「誰かが私の背後で見てたの?」と思うような衝撃でした。

ポール曰く、今の時代、個人情報を取られたくないと思うなら、「スマホもパソコンも一切使わず、クレジット機能の有無にかかわらず一切のロイヤリティ・カードも持たない」ことしか方法がないと。

たいした個人情報ではないので、個人情報を取られて困るとか、怖いとか不快とかそういうことではなく、ただただ、「あなたの情報、見られてますよ」という、世の中の進化に対する新鮮な驚きでした。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

気の緩み

週末、市内にある実家に遊びに行こうと地下鉄に乗った時、マスクを忘れたことに気が付きました。

普段、通勤で利用しているバッグの中には、マスクを数枚常備しているのですが、この日、持っていたのはプライベート用の旅行バッグだったので、常備もありません。

車内を見渡すと、私以外は老若男女一人残らず全員マスクを着けていました。

そんな車内の状況の中で、乗車中、居心地が悪いったらありません。

マスクを着けていないことを見知らぬ誰かに咎められたらどうしよう。

着けられない理由があるならまだしも、忘れた、なんて言ったら怒鳴りつけられるかも・・・と、顔も上げられず、人と目を合わせないようずっと下を向いたままでいるしかありませんでした。

少し前にもブログに書きましたが、日本人のこの真面目さは、欧米各国も本気で見習うべきだと思います。

このコロナ禍で、マスクの効能を疑問視したり、マスクを着けるか着けないかは個人の自由、などと大っぴらに主張する人は、ほとんどいないのではないでしょうか?

結局、いたたまれなくなり、乗り継ぎ駅のコンビニに駆け込んでマスクを買いました。

以前はマスクを着けると息苦しくて嫌だったのですが、今は、公共の場でマスクを着けていないと精神的な息苦しさを感じ、着けてやっと安心できました。

マスクを忘れたのは、完全な気の緩みです。

まだまだコロナは終息していないので、気を付けなければなりません。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

AI(人工知能)を使って発音矯正

先日、たまたま、どなたかの英語ブログを読んでいた時に、AI(人工知能)を使った英語の発音矯正アプリ「Elsa Speak(エルサ スピーク)」があることを知りました。

このアプリは、正しい発音ができているかをAIが判定してくれるというもので、まさに求めていたものです。

発音矯正というのは、その道のプロじゃない限り、人に教えたり、教えられたりというのがとても難しいものですし、一人ではなかなかできないので、こういうものこそAIが力を発揮。

さっそく使ってみると、英語の「BOOK」の発音が正しくできていないことがわかって衝撃を受けました。

BOOKの発音が正しくないなんて、今まで自分で思ったことも、指摘されたこともなかったですが、「OO」の発音は日本語にないので、日本人の多くが苦手とする音だということが、あとでネットで調べてわかりました。

RやL、SやTH、VやBは、自分でしっかり意識しているのですが、これまで注意してこなかった細かい発音の違いがたくさんあることがわかり、とても勉強になっています。

この4連休中は、暇さえあれば「ELSA」でセルフ・トレーニングを続けた結果、発音に対する意識も変わってきました。

夫のポールは流ちょうに日本語を話しますが、発音ではたとえば、「ほうれん草」はどうしても、「ほうれんそう」ではなく、「ほうれんぞう」と発音してしまうようで、一度ついてしまった癖を取るのはなかなか大変です。

ずっと昔、ポールが、「押し入れ」という単語を、「おしいれ」ではなく、「おしり」と発音していて、話が通じなかったこともありました。

日本語でも英語でも、大抵の場合は発音が多少違っても、文脈でわかるので問題ないと思いますが、少しでも正しい発音ができるのに越したことはないですよね。

というわけで、無料プランから有料プランに変更して発音矯正トレーニングを続けることにしました。

姪っ子、甥っ子にも勧めました。

特に耳の柔らかな小さいお子さんたちが、最初からこのアプリを使って練習したら、きっとすごくいい発音ができるようになるのではないかと思います。

英語の発音矯正がAIを使ってできるようになるなんて、本当にいい時代ですね。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ウェスティ・グッズ

先日、グラフィックデザイナーLieさんのオンラインショップ「モンシアン エ トンシアン うちの子あの子」でウェスティ柄の小物類を購入しました。

一番のお気に入りは、こちらのサンダル。

その他にも、マグネットやカードケース、ミニタオルなどなど。

包装資材もすべてウェスティ柄。

可愛すぎて使うのがもったいないですね。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

混乱

この4連休、どうやってコロナの感染拡大を防ぎつつ過ごすべきか。

今までずっと「ステイ・ホーム!」って言われ続けていたのに、状況が変わらないどころか、むしろ悪化している中で、急に「GO TO!」って言われても、なかなかそんな気になれませんよね。

行っていいのか、悪いのか、混乱します。

我が家はふたりとも、休日は家で映画やドラマを見ながらどこにも出かけずに過ごすのが好きなので、ステイ・ホームでもまったく苦痛ではありませんが、逆に「Go To!」、「Go To!」言われると、経済を回すためにどこかに出かけた方がいいのかな、と思ったり・・・。

なんだかモヤモヤします。

連休明けに感染者急増のニュースは見たくないですね。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ぼさぼさバブー

先日、姪っ子を連れて可愛いペットグッズのお店に、バブーの洋服選びに行ってきました。

見つけたのはコレ。

お値段は全然可愛くなくて、その直前にH&Mで姪っ子に買ってあげた服よりも高いのですが、姪っ子も「バブちゃんにはコレがいい!」と言うし、ひとめ惚れでした。

トリミング前のぼさぼさバブー、そのもの。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ