抗がん剤治療後

はじめての抗がん剤治療後、病院内でも元気なバブーです。

ポールから、もしかしたら、ぐったりしているかもしれないと言われていたので不安な気持ちで迎えに行ったのですが、普通に元気でしたし、今のところいつもと変わりません。

今回の抗がん剤治療では、投与してから数日のうちに吐き気が出て、1週間後くらいに下痢の症状が出る可能性があるそうで、その時に合わせて薬も処方されました。

わんこの個体によって、合う合わないがある治療なので、もしぐったりしているようなことがあったら、すぐに病院に連れてきてくださいと先生から説明がありました。

この治療のせいで急に具合が悪くなって、2~3日様子を見ることが命取りになることがあり得るので、必ずすぐに連れてきてください、と念を押されました。

傷跡も生々しく痛々しいですが、それだけ大変な治療をはじめたのだと傷を見るたびに覚悟しています。

今週と来週は特に注意してバブーの観察。

ぐったりしているかどうかは、いつも一緒に過ごしている飼い主にしかわからないですからね。

ポールが在宅ワークで本当に良かったです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

抗がん剤治療スタート

今日は朝9時前にバブーを連れて病院に行ってきました。

抗がん剤治療が今日からスタートします。

昨夜から食事抜き。

点滴治療で夕方までかかります。

まずはこの治療を続けて、合うか合わないか、治療に耐えられるかどうかをを見極める必要があるそうです。

抗がん剤治療の副作用としては下痢や嘔吐が考えられるそうで、特にバブーは胆のうを摘出していて、もともと内臓が弱いので、先生としてはそこが心配だそうです。

人間と違って、副作用としての脱毛は犬の場合はほとんど見られないと聞いて少し安心しました。

当面、1週間ごとに血液検査も必要になります。

頑張ってもらうしかないのですが、これまで何度も手術を受けて、これからもずっと採血したり治療が続くと思うと本当にかわいそうです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

日常

コロナの影響で、なんとなく気分が晴れないですよね。

仕方のないこととはいえ、なんでも自粛、自粛で寂しい限りです。

東京オリンピックの掲示物を見るたびに、あと数か月しかないのに、本当に実施できるの?というなんともいえないモヤモヤした気持ちになってしまいます。

そんな中、家の中にはバブーの笑顔が戻ってきました。

エリザベスカラーも取れて、抜糸も終わったので、家の中では今まで通り元気に動き回っていて、外のお散歩も少しずつできるようになってきました。

「いつも通り」というのは本当にありがたいことだとつくづく思います。

世の中もバブーも、一日も早く日常に戻れますように。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

抜糸

バブーの肺の切除手術から10日目。

今日は抜糸の日でした。

ポールが病院に連れて行ってくれたので、抜糸の時の状況は分かりませんが、帰宅すると元気なバブーが待っていてくれました。

傷跡も順調に回復してひと安心です。

先生によると、バブーの肺がんのステージは「ゼロ」。

転移がなく、このまま再発しないことを祈るのみですが、現時点では判断がつかないため、これから抗がん剤治療がはじまります。

まずは日曜日に病院に行って最初の治療を受け、抗がん剤がバブーに合うかどうか見極める必要があるそうです。

抗がん剤治療が始まった場合、通院は3週間に一度の頻度で投薬を続け、費用は月2万円くらいかかることになるそうですが、バブーが痛みもなく健やかに過ごしてくれるなら、精一杯やります。

夫婦共働きで子供のいない我が家ですから、なんとかなります、なんとかします。

天使のバブーがいなくなることの、心の準備がまったくできていない私たち夫婦に、神様がチャンスと時間を与えてくれたのだと思います。

一日でも長く一緒に過ごすことができますように。

ただただ、そう願ってやみません。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

なぜ、転ぶ?

仕事の帰り、会社を出てすぐの信号のある交差点を渡って、銀行でお金をおろそうと急いでいた時、交差点の前で転びました。

雪道でも凍った道でもなく、歩きやすい普通のアスファルトの歩道で、です。

信号が変わらないうちに渡ろうと、ちょっと小走りした瞬間、なぜか左足がもつれて、持っていたカバンを地面に叩きつけるような形で前に転び、右ひざを激しく地面に打ちつけました。

痛かったのですがすぐに立ち上がり、そのまま道路を渡って銀行でお金もちゃんとおろすことができたのですが、転んだことがショックです。

今シーズンはどんなにツルツルの氷の路面でも、一度も転ばなかったのに、なぜ今、ここで転ぶ?

思えば、先日の女子会で同年代の女子トモが近づいてきた市電に乗ろうと走りだしたところ、激しく転倒して大恥をかいたという話をしていました。

同じです。

ということは、これはもしかして、エイジングということなのでしょうか?

家に帰ってよくチェックしてみると、履いていたパンツは破れることもなく無事でしたが、膝から流血していました。

「もう若くないんだから、気をつけなさい」という神のお告げだと思って、気を引き締めて、慌てず、ゆっくり、走らないことにします。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

何を信じたら・・・

コロナウイルスの脅威が凄まじいです。

公共の場所では、咳と間違われないように、飲み物でゴホゴホむせることさえ許されない状況ですよね。

仕方がないこととはいえ、息が詰まりそうです。

世界保健機関(WHO)は「咳など呼吸器症状がない一般の人に必要ではない」 と世界的なマスク不足を背景に過度の使用を控えるよう呼び掛けていますが、ウイルスを持っていても無症状のケースがあるのが怖いです。

それに、WHOに言われなくても、マスクが入手できない状況下では、今あるマスクを使い切ってしまうと、コロナウイルスに感染した時はもちろん、普通の風邪か何かで咳が出始めた時にマスクがなくなってしまう可能性もあり、無症状の時に使うことが憚られるようになってきました。

何よりマスクは医療機関や福祉施設で働く人や高齢者が優先されるべきだと思うと、無駄遣いは絶対にできません。

今の時代ゆえ、フェイクとリアル、処理しきれないほどの情報が日々、入ってきます。

一体何を信じたらいいのか・・・。

冷静になって、それぞれが自分で考えて、自分で対処するしかないですね。

我が家は毎朝、体温を測ることがポールによって義務付けられました。

夫婦ともに35度代の低体温で、今のところは大丈夫です。

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ジャンプはやめて

まだ抜糸もしてないのに、すっかり元気になったバブーはいつものようにソファーやベッドにジャンプして飛び乗り、ジャンプして降りようとします。

傷口がまた開いてしまっては大変なので、やめさせたいのですが、やめません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手術からまだ1週間なのに、こちらがハラハラするくらいアクティブです。

嬉しいですが、困ります。

今はとにかく「安静」にしていて欲しいのに、バブーに「術後」だからと「安静」にしてもらうのはとても難しいです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

手術から1週間

バブーが肺の切除手術を受けてから、ちょうど1週間が経ちました。

傷を舐めないようにエリザベスカラーをつけて、左側の胸のあたりに大きな手術跡と、右前脚に点滴の跡、右の腰のあたりも痛み止めのパッチが貼ってあって、毛を剃られてピンク色の肌もかなり見えるので、見た目はなんとも痛々しいですが、動くバブーはすっかり元気です。

もう部屋の中を荒い呼吸でウロウロ歩き回ることもありません。

バスルームとキッチンの間の通路にべったり寝そべっているのはいつものことで、私たちが一番通る場所に陣取ってアピールして、美味しいものをもらおうとしているだけです。

今日は1週間ぶりに、知育トイの「コング」におやつを詰めてくれと、咥えて持ってきました。

大好きな「コング」を投げ飛ばして遊べるようになったらすっかり本調子、もう大丈夫です。

順調に回復している様子に胸をなでおろしています。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

落ち着いてきました。

退院して2日目の夜はバブーも落ち着きを取り戻してくれました。

部屋を歩き回ることもなく、カラーの扱いにも慣れてきたようです。

退院初日の夜は興奮していたのかもしれませんね。

昨夜は朝までスヤスヤよく眠ってくれました。

寝顔は赤ちゃんの頃のままですね。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

眠れぬ夜と・・・

退院したばかりの昨夜は、バブーにとっては試練だったようです。

せっかく自宅に戻ってきたのに、エリザベスカラーが邪魔で上手に動き回れない上、傷跡が痛むのか、夜中もずっと部屋の中を歩き回っていて、ほとんど眠っていなかったと思います。

私もバブーがフローリングの上を歩く時の「チャカ、チャカ」爪音、足音でほとんど眠れませんでした。

そして今日は、ポールによると、リビングのカーペットの上で2回、トイレを失敗してしまったそうです。

大きい方と小さい方を1回ずつ。

小さい方はともかく、大きい方を失敗するのは本当に珍しいです。

でも、手術をしたばかりなので、今は何が起きても仕方がないです。

バブー自身、自分の身に何が起きているのかが分からず、うまくコントロールできないのでしょう。

だから、全然問題なしです。

どうってことないです。

とはいえ私も寝不足のため、今夜はスヤスヤ一緒に眠れますように。。。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ