正しいことって何?

コロナの国内の感染確認の発表が初めて2000人超えのニュース。

北海道はホットスポットのひとつになっているわけですが、在宅勤務かつ外出を控えて自宅に引きこもっていればいるほど、今まさにここ北海道・札幌で起きていることが怖く感じます。

感染者数が日本の比ではないくらい多い母国イギリスの様子を常にチェックしているポールによると、日本の今の状況は感染拡大というより、その「入り口」に過ぎないと。

これから感染者数は急増すると予想している人は多く、気を引き締めなければと改めて感じています。

そんな中、たまたま、英語学習者には有名なユーチューバー、バイリンガール・ちかさんの動画炎上のニュースを見て驚きました。

英語と日本語を自由自在に操り、ユーチューバーとして有名になった後に結婚して子供を産み、日本と海外を行き来しながら「ノマド=遊牧民」的で自由な生き方を謳歌している、時代の最先端を行く憧れの象徴のような存在でした。

そのちかさんが、日本と海外の拠点をコロナ禍の中で移動していたことで、「ウィルスを持ち込むな」、「帰ってくるな」ともの凄いバッシング、誹謗中傷を受け、それに耐えきれずに更新を中断。

再開した時の動画は、いつもの明るさとは打って変わってそれはそれは悲壮感の漂う痛々しいものになっていました。

その動画の中で、ちかさんが気持ちを切り替えられたと言っていた言葉に、なるほどと思いました。

「心が広い人は正しいことにこだわるのではなくて、理解することにこだわる」。

今回のコロナ禍で影響されない人はひとりもいません。

露呈したのはコロナに対する捉え方、考え方の違いです。

正解はないのであって、自分とは捉え方や考え方の違う人がいるということです。

ポールのFacebookでは、「新型ウイルスなんて嘘」、「コロナはただの風邪に過ぎない」、「マスクなんて意味がない」、「パンデミックは政府とメディアが仕組んだもの」、という投稿が今もたくさんあるようで、いつもぷんぷん怒っています。

「正しいことにこだわる」のはもちろん素晴らしいことだと思いますし、自分もそうありたいと思いますが、その「正しい」ことこそが人によって違うということですよね。

今回のコロナは、良くも悪くも、今まで考えたこともなかったことを教えてくれていると思います。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

札幌市内の警戒ステージ「4」

札幌のコロナ感染者数増加を受けて、今日、北海道が独自に定めた5段階の指標「警戒ステージ」が、札幌市内に限り「3」から「4」に引き上げられました。

「感染リスクを回避できない場合」という条件付きで、「札幌市内を対象に不要不急の外出や他地域との往来を27日まで自粛するように」ということです。

「感染リスクを回避できない場合」というのが判断が難しいところですが、そんな状況のため、先週からずっと在宅勤務が続いています。

普段使っているPCを持ち帰り、仕事上必要な環境には社外からもでアクセスできるので、今のところなんら支障はありません。

欲しいものはオンラインでなんでも買えるし、友人や家族ともスマホひとつで簡単につながることができるので、プライベートでも特に支障はありません。

多くの人が恐らくそうであるように、春先の第一波の時にすでに「外出自粛」を訓練済みなので、うろたえることもなく冷静に受け止め、時が過ぎるのを待つばかりです。

私の仕事部屋の窓からは、ちょうどポールとバブーが近所の公園に向かうお散歩の様子がバッチリ見えるので、ふたりのお散歩時間のたびに「哀愁漂うゆっくり散歩」にかなり癒されています。

それにしても、このコロナ、いつまで続くのでしょう。

北海道と札幌の感染者数を見ていると、長期化しそうで心配です。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

 

トムヤムクン

若い頃の海外旅行の行き先といえば、東南アジアでした。

タイ、ベトナム、インドネシア・・・。同じアジアで、人々の顔かたち、街並みは自国の様子と親和性が高く、ヨーロッパやアメリカに旅行した時の、まったく異次元の世界とは違う、安心できる「海外」。

そんな旅先のタイで出会ったのが「トムヤムクン」。

ナニコレ、美味しすぎる!・・・一口惚れでした。

それ以来、たまに無性に食べたくなるので、いつも家にはストックがあります。

インスタント麺で、体にはよくないとわかりつつ輸入食料品店で買っています。

最近、近くのスーパーで買うことができるようになって、美味しくてお気に入りなのが、こちらの「日清 旅するエスニック トムヤムクン」。

これに野菜をたっぷり入れて、具だくさんにしてスープを味わいます。

この日清のシリーズが大好きで、他に「酸辣湯麺」もあって、汁を全部飲み干してしまうほど好き過ぎるのですが、最近「酸辣湯麺」がスーパーの棚からなくなってしまい、軽いパニックになりました。

楽天では買えることがわかりましたが、そのための配達で運転手さんの手を煩わせるのも・・・と躊躇しています。

この「トムヤムクン」も、先週末にスーパーに行ったときには、棚に4つしかなかったので、やがて商品が売られなくなる危機を感じ、そのうち3つを買い占めました。

こんなに美味しいのに、みんなどうして買わないの!?

そんな「トムヤムクン」愛なのです。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

元気で頑固

今日はバブーと一緒に一時間以上、大きな公園をお散歩をしました。

14.5歳で病気のせいですっかり痩せて小さくなりましたが、よく食べるので体力はしっかりあります。

歩くのは超ゆっくりで、時々「ズルっ」と後ろ足がこけたりしていますが、一時間以上のお散歩でもほとんど休みもせずにびっくりするほどよく歩きます。

相変わらずコース選びには、持ち前のわがままを発揮しますしね。

元気で頑固!

鼻をくんくん動かしながら、枯葉の山の中に入って行きます。

枯葉の中には何が隠れているかわからないので、私としては本当に嫌なのですよ。

でもバブーが強硬なので仕方なく・・・。

お散歩中、次期副大統領のカマラ・ハリスさんのスピーチをYouTubeで聞いていました。

7歳の時に両親が離婚して、女手ひとつでカマラさんを育てた母親のシャマラさんは2009年に亡くなっていますから、カマラさんは45歳の時に、母親さえも失っているわけですよね。

本当に力強いスピーチでした。

「有能で、攻撃力がある」、ある政治ライターはそう評していました。

素晴らしいことじゃないですか!そうじゃないとアメリカで「ガラスの天井」を突き破ることなんて絶対にできませんからね。

バブーも長生きして「20歳の天井」を突き破って欲しいな~と思います。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ぞっとする話とほっとする話

アメリカのニュースを見ていると、もう本当に毎日驚かされます。

法廷闘争を仕掛け、いまだに敗北を認めず2期目に向けてやる気満々で、政権移行に非協力的な現大統領。

次期大統領に共有すべき資料の提出を拒んでいるのだとか・・・。

マジなの!?、ただの意地悪!?、子供か!?って、ぞっとしますよね。

でも、バイデンさんなら、なんとかしてくれるでしょう。

政権移行に協力してもらえないことは想定の範囲内で、かなり前から着々と準備を重ねていたようですしね。

先日、何かで、バイデンさんは見た目が日本の俳優の若林豪さんい似ているというのを目にしましたが、確かにその通り。

紳士的で優しそうで、人に安心感を与えてくれる穏やかな感じがよく似ていますね。

そんな見た目のせいもあって、最近、テレビでバイデンさんの姿を見るたびにほっとします。

もうこれからは現大統領の意地悪そうなむくれた顔や、政治とはおよそ関係がなさそうな美男美女の「取り巻き」を見ることもないかと思うと、それだけで心が穏やかになります。

アメリカに「良心」がやっと戻って来てくれるような気がします。

家族の悲劇を乗り越え、どん底の人生を歩んできただけに、家族を失う悲しみを誰よりもわかっているバイデンさんは、コロナ対策の話でも言葉にとても重みがあります。

現大統領の動きを見ていると、クーデターでも起こす気なんじゃないかとハラハラしてしまいますが、来年の1月には無事に政権移行ができますように。

まだまだアメリカから目が離せませんね。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

金曜日の喜びも・・・

北海道のコロナの急激な感染拡大を受けて、今週は火曜日から金曜日までずっと在宅勤務でした。

今の仕事は、資料を作成したり、調べ物や資料の読み込みで知識を増強することがメインなので、パソコンとネットワークがあれば、在宅でも問題ありません。

むしろ集中できる上に、会社から支給されたパソコンと自宅のパソコンの両方をフルに使って、マルチ画面で仕事をすることができるので、生産性はかなりアップします。

だがしかし、やっぱり人恋しいですね~。

わざわざWEB会議するすほどでもないけど、メールやチャットの文字になると、なんだかトゲトゲ、ギスギスしちゃうようなときが一番困ります。

「〇〇って、どういう意味?」っていうとき、対面だとどうってことのない、よくある日々のやり取りですが、文面になると、なんだかドキッとするような「キツい感じ」になってしまいますよね。

そこを踏まえて、「〇〇って、どういう意味~?」なんて、「~」であえて朗らかな感じを出してみたり。

そんな小細工や相手を不快にさせない言い回しを考えるのに結構時間がかかったり、頭を悩ませたりしてしまいます。

とはいえ、これからは、こういう仕事の仕方が普通になってくるでしょうから、時代に乗り遅れないためには、今がチャンス、訓練の時と前向きに考えています。

そして、やっと金曜日の夜!

・・・ですが、在宅勤務だと、今週も無事に仕事が終わった~♪、良かった~♪という、金曜日の夜に会社の外に足を一歩踏み出した瞬間に会社員が感じる、あのなんともいえない安堵と至福の瞬間=「金曜日感」がまるでないのが、20年以上会社員生活を送ってきた身としては、なんとも寂しい限りです。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

あの人が・・・

数年前に参加した女性だけの異業種交流会に、とても素敵な女性がいました。

当時、政府が力を入れていた女性活躍推進の一環として企画された自治体による交流会で、一度切りのものではなく、半年くらいの間、定期的に開催されるものでした。

そんな交流会で、彼女はただ指定された席に座っているだけなのに、長くキレイなストレートの黒髪、背筋がピーンと伸びた佇まいそのものが異常な程に美しく、彼女のところだけが、まるでスポットライトが当たっているかのように輝いて見えました。

しかも交流会のたびに、会場に誰よりも早く来て、後から来る人たちにとびきりの笑顔でフレンドリーに挨拶してくれて、たとえ名刺交換をしても数回会ったくらいでは覚えられないような規模の大きな交流会だったのですが、きっと彼女のことはみんな真っ先に覚えたと思います。

ある時の会合では、テレビ局の取材が入ったのですが、他にも綺麗な女性はたくさんいたのに、テレビクルーは彼女にくぎ付けで、テレビカメラが彼女にだけ向いていたので、その超本人が企画してくれた年末の飲み会で、他の女子たちが自虐しながら泣き笑いしたことを覚えています。

そんな特別なオーラがありました。

知って納得。

彼女の職業は、海外で人気の「ミセスコンテスト」のオーガナイザーだったのです。

彼女自身が参加した海外のミセスコンテストでグランプリになったことで、自国での開催権を獲得し、自らが日本でミセスコンテストを企画したり、ウォーキングの指導をしているという「美の女神」だったのです。

その彼女とは、交流会終了後もFacebookで友達になってつながっているのですが、2年前からぱったり更新が途絶えました。

Facebookの場合、私自身もそうですが、多くの人が使い始めた当初は物珍しさから頻繁に更新するものの、やがて飽きてしまって見る専門になりがちです。

だから、よくあることとまったく気にしていませんでした。

ですが、先日の更新で、彼女が2年前に車の単独事故を起こし、全治3年と診断されて、現在もリハビリ中だということを知って本当に驚きました。

ご本人の投稿によると、「山道を50m落下し、12時間後にヘリコプターで発見されてクレーン車で救出」されたそうです。

命があったことが奇跡と思える状況で、「咄嗟のハンドル操作で即死は免れたものの、全身にかなりのダメージを負っており、意識が戻っても植物人間か一生車椅子」、と言われたそうです。

女手ひとつで娘さんを育てていて、仲のいい親子写真を、事故前には頻繁に見ていただけに、知ったときは本当にショックでした。

人生は、時に残酷なものです。

私にとってはアッという間の2年でしたが、彼女にとっては、想像を絶するような途方もなく長い2年だったと思います。

リハビリを兼ねてFacebookの更新をはじめたようですが、代理の方に頼んでいることも書かれていました。

でも、彼女がそれほどの大きな事故にあっても、命を失うことなく、今こうしてリハビリをしながら回復を目指しているというのは、何か特別な意味があるのではないかと思わされます。

奇跡の復活を遂げ、類まれなオーラを放ちながらステージに立つ彼女の姿を待ちたいと思います。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

女子学生会館の思い出

大学時代、東京都文京区にある女子学生会館に住んでいました。

通っていた大学の寮ではなく、女子大生なら誰でも入れる民間の学生会館です。

近くは千葉・埼玉、遠くは北海道・沖縄が地元の学生まで、入居者数は最大30人。

2人から最大4人の相部屋で、お風呂とトイレは共用。

当時はスマートフォンなどというものはなく、3台の公衆電話を30人の女子学生が共同利用するという環境でした。

見た目は美人で頭もいいのに整理整頓能力がまったくなく、運悪く相部屋になった人が恐怖を感じるほど汚部屋化する女子や、ハーフのような容姿で当時人気のタレントとデートをしているところパパラッチされて女性誌の表紙に目線付きで載ったモデル女子、看護師を目指して脇目も振らずひたすら勉強に励む女子・・・、とにかく多種多様な女子学生がいました。

その学生会館で、私たちのお世話をしてくれていた管理人の奥様が先週末、闘病の末に亡くなりました。

当時20代で、育ちざかりの3人のお子さんを抱えながら、わずかな寮費で朝夕の食事をはじめとして、私たちの生活全般の面倒を見てくれていたこと、今思えば、本当にもの凄いご苦労をかけていたのだと思います。

思えば当時から病気がちで、長い間、人工透析も受けていたようです。

葬儀の時に参列者に配られたというご主人が記した介護日記には、最後の数日間は車椅子で、体を支えることも、問いかけに応じることもできなくなり、おむつをつけての壮絶な闘病生活だったことが綴られていました。

コロナ禍で葬儀参列者の数に制限があり、参列はかないませんでしたが、参列した学生会館のメンバーがLINEでいろいろ教えてくれました。

そして、そのLINEを機に、今は全国に散らばっている寮生たちが、30年ぶりにまた連絡を取り合えることになりました。

当時の学生会館での生活は、私のその後の人生の「原点にして頂点」ともいえる充実した日々でした。

思い出すだけで幸せな気持ちになります。

管理人の奥様が作ってくれた「つながり」に改めて感謝の気持ちでいっぱいになっています。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

バブーの体調

バブーの体調。

お散歩を一日に何度もして、食欲も旺盛で元気は元気なのですが、下痢が続いています。

おむつの中で下痢をしてしまった時は、お尻が汚れてしまうので、部分シャンプーをするのですが、ポールはシャンプーを何度もするのは肌に良くないと心配しています。

そのため、トイレがしやすいように一日に何度も外に連れ出してあげているのですが、なかなかタイミングが合わないようです。

下痢止めの薬を飲むと、今度は便秘気味になってしまったり。

なかなかコントロールが難しいです。

バブーの便の様子を、「硬かった」、「柔らかかった」と報告し合いながら一喜一憂。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

近づいてきた感じ

札幌のコロナの新規感染者数が、東京を上回りました。

さすがにこうなると、マスクをして除菌をこまめにしているだけでは安心できず、ヒタヒタと我が身にも危機が近づいてきた感じがします。

そんなわけで今週から在宅勤務再開です。

内勤なので普段はパソコンを持ち歩くことはありませんが、今日は雪の中、パソコンを持ち帰ってきました。

明日から外に出なくてもいいと思うとほっとしています。

家族を守るため、職場を守るためにも、感染するわけにはいきません。

そんな中での朗報は、会社に薦められて登録した健康診断アプリの結果。

50歳を過ぎましたが、過去10年間にかかった医療費で測定する健康年齢は「39歳!」。

まさかの30代でした!

肝臓だけは黄色信号が出ていましたが、あとは健康そのものです。

札幌のみなさん、北海道のみなさん、これ以上感染拡大を広げないように、今が我慢の時です。

優先すべきは個人の楽しみより、集団の安全!

耐え忍びましょう。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ