2月の雨

今日は朝から雨。

雪ではなくて、雨。

例年なら2月といえば、札幌の極寒の時期のはずなのにプラスの気温です。

今日の写真は、ちょうど10年前の今頃。

バブーが雪まみれになって走り回っていたのです。

雪が少ない今年の札幌。

今年はコロナで「さっぽろ雪まつり」が中止になりましたが、近い将来、温暖化でできなくなるかもしれません。

2月に朝から晩まで雨が降るなんて、札幌生まれの札幌育ちとしては想像しがたい現実なのです。

  

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

バレンタインデー

今日はバレンタインデー。

ポールが生徒さんからいただいた「サダハル・アオキ・パリ」の美味しいお菓子を私がちゃっかりいただいてラッキー。

この素敵な赤い箱の中に入っていたのは、「フォンダン・オ・マロン」、「フォンダン・オ・ショコラ・ゆず」と幸せを呼ぶ青いチョコ。

こんなに上品で高級なお菓子を味わえることなどなかなかないので、週末のティータイムに美味しくいただきました。

マロンも素晴らしいのですが、手前の「フォンダン・オ・ショコラ・ゆず」が最高でした。

濃厚なチョコレートとちょっとだけ酸っぱいゆずのハーモニーとしっとり感がなんとも言えず、食べてうっとり大人の味。

おいしい~っ!!

バブーも私の口元をクンクンしていました。

今年初!の絶品スイーツ。

「幸せの青いチョコ」はもったいないので、まだ食べていません。

「お守り」にします。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ちょっとふっくら

バブーが最近、よくご飯を食べるようになってきました。

まだ多少のムラはありますが、概ね食欲旺盛です。

たまたま見つけた昔のバブー写真。

もう6年も前のものです。

この頃は9㎏くらいあったと思います。

今は、よく食べるようになったと言っても、まだ7㎏あるかないかくらいだと思いますが、たくさん食べて体力が戻って欲しいと願うばかりです。

「ずいぶん丸々としたわんちゃんだね~」って言われていたこの頃が懐かしい。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

細胞診

バブーじゃなくて、私の話で、今日は「細胞診」をしました。

麻酔なしで、腫瘤と思われる部分に細い針をさして細胞を抜き取る、という検査です。

先輩たちから検査の詳細を聞き、「あんまり痛くないよ」と言ってくれる人もいれば、「意外と痛いよ」という人もあり、聞けば聞くほど精神的に不安定な状態になっていました。

なので、先生が「針、刺しますよ~」と言った瞬間に、まだ針も刺さっていないのに、思わず「痛っ!!」と叫んで顔をゆがめてしまいました。

完全な妄想です。

おかげで、看護師さんたちが酷く心配してくれて、検査後も「気分は大丈夫ですか?」、と何度も優しく声を掛けてくれました。

前回の検査の時もそうでしたが、不安な気持ちを抑えようと、あえて検査とは関係のない雑談をしてくれたり、本当に素晴らしい病院です。

結果、今思えば、針を刺すときの「チクッ」程度で全然痛くなかったです。

細胞を吸い取ってる感じもしませんでした。

検査結果が出るまでには1週間以上かかり、それでもわからなければ今度は麻酔をして太い針で細胞を抜き取ることになると説明してくれました。

できれば避けたい。

小さい頃から病気がちだったバブーの苦労がようやくわかってきました。

動物病院に行くまではいいのですが、診察台にのった瞬間に、普段は笑顔のバブーが急にガクガク、ブルブル、震えまくるのです。

検査しないと病気も発見できないので、飼い主としてはもちろん精密検査を求めるわけですが、何もわからないバブーには酷なだけかもしれません。

検査、検査は辛すぎます。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

みんないろいろ・・・

先月受けた人間ドックで、検査項目のひとつに「腫瘤あり、要精密検査」との判定がありました。

先週土曜日に再検査を受けたのですが、指摘された腫瘤が小さすぎるので、さらなる検査が必要とのことで、今週また病院に行ってきます。

再々検査を受けて結果が出るまでに1週間くらいかかり、それでもわからなければ、さらに別な方法で検査が必要とのことでなかなかの長期戦になりそうです。

その話を周囲の同世代の女性たちにしたところ、人間ドックの判定ですでに様々な検査を受けていて、この年齢になってはじめて「要精密検査」が出た私が珍しいくらいなのだとわかって、少しほっとしました。

「精神的に結構やられるけど、それを乗り越えたら強くなれるよ!」とありがたいアドバイスをしてくれました。

「検査に行っても、結局何も見つからなかったっていうのが多い」という理由で、人間ドックには賛否両論ありますが、早期発見・早期治療が一番大切なのだと思います。

何もなければそれに越したことはありません。

「老化をあるがままに受けいれて、痛みや苦しみがある時以外は、病院には近づかないほうがいい」という見方もあります。

「加齢とともに異常値の出る頻度は確実に高まっていくわけで、症状もないのに検査によって病気をあえて探り出すような愚かなことはやめるべき」という意見もあります。

「要精密検査」の診断を前に、身も心も迷える50代。

  

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

マルナゲドン

10年以上ブログを続けていて面白いと思うのは、分析ツールを使えば、過去記事でよく読まれている記事がわかることです。

心を込めて書いた渾身の記事がまったく注目されず、書くことがなくてたまたま思いついた「つなぎ」記事が意外なほどに高アクセスにつながっていることがあります。

このブログの最近の注目記事は、なぜか「プルピタ」(←過去記事はココをクリック)。

たまたま飲み会で遭遇した「アル中」と思しき人のことを書いたものですが、書いた本人がタイトルを見ても内容が思い出せず、改めて読んで思い出すような「つなぎ」記事です。

何がヒットするかは本当に不思議なもの。

そんなことを思っていたところ、たまたま同僚と「マルナゲドン」の話になりました。

ずっとずっと昔のことですが、職場に「マルナゲドン」って言われていた人がいたよね~、と。

「マルナゲドン」は、いわゆる「モンスター上司」のこと。

「『これ、どう思う?』と、意見を求めるかのように近づき、それに答えると、ドーンと仕事を振ってきて、仕事の目的や詳細などの説明はほとんどなく、『じゃ、任せたよ~。後はよろしく~』と、素早く去っていく」のが定義。

「『任せた!』と言うわりには、どこまで任せたのかが不明確であるのもマルナゲドンの特徴で、『どうしよう~』と、投げられた課題を一人で解決しようとすると、やけどや大ケガをしてしまいます」。

これはあるサイトの説明で、とてもよく言い表していて面白いですが、あまりにリアルで笑えません。

マルナゲドンに攻撃(仕事を丸投げ)されたら、「仕事の全貌をとらえ」、「周囲を巻き込む」必要があるそうですが、あの頃はまだ年若く、対処法がまったくわかっていなかったので、部下になった人たちはみんな相当苦労していたことを懐かしく思い出しています。

今は昔のものがたり。

歳を重ねた今、自分自身が「マルナゲドン」と呼ばれないように注意しなければ!、なのですが、一方で「マルナゲドン」の気持ちもよくわかるのがつらいところです。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

インターネット回線の謎

日曜日になぜか急にインターネットが遮断されてしまいました。

いつもと同じで、パソコンの設定変更もプロバイダーの変更も何もしていません。

インターネットが遮断されたといっても、YouTubeとFacebook、Googleのサーチエンジン、いつも読んでいる「Japan Today」というサイトはなぜか普通につながります。

なのに、このブログ「真っ白わんこ~」にはつながらず、たとえばYahooニュースも見ることができません。

Googleのサーチエンジンは使えるものの、クリックしても検索の先には行くことができません。

YouTubeとFacebookが問題なしということは、接続自体は問題なし。

まったくもって、???です。

契約しているネット回線の会社に電話してみたものの、自動音声かつ、「コロナのため最低限の人数で対応しているため、つながりにくくなっております・・・」、と。

なんとかかんとか「人」につながったものの、エンジニアの方が、「回線ではなく、パソコンに問題があるのでは!?」、と。

助けを求めたものの、結局なんの解決策も見いだせないまま、モデムやらルーターやらをいろいろ試して、夕方には今まで通り使えるようになりました。

今の時代、インターネットなしでは何もできません。

また同じことが起きると怖いので、機器を更新すべく、ポールは「ツクモ電気」へ。

私にはよくわかりませんが、インターネットの遮断だけは避けなければ。

このままではネット環境が不安定過ぎて在宅勤務ができません。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

雪遊び

今日はいつもより少し暖かかったので、バブーが久しぶりに雪と戯れていました。

レインコートの上に手編みのもこもこニットを着て、洋服の間には「貼るカイロ」も仕込んでいます。

先生曰く、「抗がん剤の影響が抜けるのは今週くらいから」ということだったので、下痢をしたり体調に変化があるのではないかと心配していましたが、日に日に元気になってきている感じです。

パスタも毎日もりもり食べて、おもちゃで遊ぶことも多くなってきました。

いつもより暖かいとはいえ、氷点下の中、雪に顔から突っ込めるのは元気な証拠。

雪が大好きなバブーですから、とっても嬉しいです。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

男社会のシーラカンス

世界中に波紋が広がっている森会長発言。

「失言」と言われていますが、本人は「失言」だと思っていないのでしょう。

謝罪する気のまったくない「謝罪会見」で火に油。

ボランティアの辞退続出なのだそうで、もう目も当てられない。

オリンピックを盛り上げるべき立場の人が、コロナと「この発言」で、東京オリンピックはどん底。

絶望的ですよ。

日本の男女不平等を世界に発信したわけですから、各国選手の辞退が続出するかもしれません。

正直なところ、83歳の男性にいくら男女平等とかダイバーシティとか言っても無理ですよ。

この方をトップにしたのがそもそもの間違いでしたね。

フリーアナウンサーの古舘伊知郎さんがラジオで、森会長のことを「男社会のシーラカンス」と表現したそうですが、まったくその通り。

高齢男性を袋叩きにするのはしのびないですが、仕方ない。

暴走老人はいるんです。

私の実体験はこちら「怒鳴る老人」(←過去記事はココをクリック)。

いろいろ思いを馳せてみると、ある意味、森会長の発言で、日本の「男女平等」が一気に進むかもしれません。

コロナ禍が一気に「在宅ワーク」を進めたように。

ついに日本中にはびこる「男社会」にさらば!

もしかしたら10年後には、森会長発言を「あの発言があったから」日本は変わることができたよね、女性の地位が向上したよね、って話しているかもしれません。

ジェンダーギャップ指数、2020年の日本の順位は153か国中121位。

男社会のシーラカンスのお陰で、良くも悪くもこの現実についにメス!

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

Mさん、あのね・・・

もうね・・・、世界に対して日本は本当に恥ずかしいですよ。

例の発言です。

実家は3姉妹で男1:女4でしたから、亡き父はさぞかし発言機会が少ないことをなげいていたでしょう。

思えば、母と娘たちが楽しそうにおしゃべりしているのを横目に、「本当に毎日よくそんなに話すことあるよな~」って呆れていましたよ。

その発言、家庭内なら許されますが、立場のある人が堂々と「みなさんもそう思ってるでしょ」的に、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」ですと。

それより問題なのは、「組織委の女性はわきまえている」発言です。

「わきまえている」、って何?!

評議会のメンバーからは笑いが起きた!?

はっ!? 

えっ!?

これがすべてを物語っていると思います。

いまや欧米諸国では、大規模な会議における登壇者の男女比率に配慮することが当たり前になっています。

組織もイベントも、「男性ばかり」であることこそが問題、違和感を持つべきところ。

「わきまえている」と言われた組織委の女性たちは今、この発言をどう思っているのか気になります。

Mさん、あのね・・・って、真剣に本人のことを思って教えてあげる人が周囲にいないんですね。

嘆かわしい。。。

力が抜けますね。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ