チリコンカルネ

『今日、何食べたい?』

と聞いたのは、珍しく私。

先日、実家に帰ったとき、食事はどうしてるのかと聞かれて、

『ポールがいつも作ってくれる』

なんて能天気に言った私に、

『ポールさんにばっかり甘えるんじゃない!』

と妻としてのいたらなさを、母に思いっきり叱られ、今日は俄然やる気。

でも実際のところ、リクエストを聞いてはみたものの、料理が大の苦手の私は、レパートリー・ゼロ。

そのことを一番良く知っているポールからのリクエストは、

『ポテトがたくさんあるから、ポテト料理がいいな』。

そうか、ポテト料理か・・・。

ポールの方がうまいに決まってる。

一気にやる気を失っていると、それを察したポール、

『チリコンカルネとジャケット・ポテトはどう?僕が作るよ』。

結局、いつも通り、ポール・メイドのチリコンカルネのできあがり。

ウ、ウマい

本当にウマい。

メキシコ料理店で食べたときの味にそっくり。

なんて、感動してる場合じゃないよー。

心の中で涙しながら味わっている私に、『今日は、どうして自分が作るなんて突然言い出したの?』と怪訝そうなポール。

事情を説明すると、ポールはプッと噴き出して、

『僕は、日本人じゃないから、妻が料理するべきとか、そんな風に考えたことないよ。

Eriは、料理苦手だから、できないだけでしょ。

料理は、僕の方が得意なのは明らかだし、好きだから作ってるだけだよ』。

本当、ポール?

本当に本当に本当?!

あ~良かった!

じゃなくて

どうしていっつもこうなっちゃうの

ディナー・テーブルの下に目をやると、バブーのダラーっと伸びた下半身が。

いいな、バブーは。

ドッグフードさえあれば幸せだもんね。

人気ブログランキングへ。↑クリックで応援よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です