見られてる

←人気ブログランキングに参加中♪

言葉を話せないわんこ。

飼い主や誰か人に何かを要求する時に、どういう方法を使うかはわんこ次第。

吼えたり、切ない鳴き声で要求するコもいれば、「おねだり」ポーズをしたり、前脚で突いたりという行動で示すコも。

バブーはとにかく「目力」で訴える。

お腹が空いているときは、「目力」+「舌出し」。

遊びたい時は、「目力」+「おもちゃ」。

絶対に吼えて何かを要求することがない分、求める相手の視界に入って、静かに、ただじっと、見つめられたら逃れられないほど強烈な「目力」で訴えかけてくる。

「ご飯食べたい」、「お散歩に行きたい」、「遊んでもらいたい」、「お腹をなでてもらいたい」、「ベッドで眠りたい」・・・。

これらの要求が常に「目力」によって発信されるため、家の中では、常に「見られてる」状態。

言葉で説明して納得してもらうということができない以上、この視線は精神的にはかなり重い。

たとえこうしてパソコンに向かっていても、どこからか鋭い視線を感じてそちらを向くと、そこにバブー。

スヤスヤと気持ち良さそうに眠っている姿は本当に天使みたいで「癒しの塊」なのだけれど、時と場合によってはモンスター。

癒されているようで、実は結構追い詰められもする、という直視しがたい現実が愛犬生活にはあるのです。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です