二兎を追うものは・・・

人気ブログランキングに参加中♪

この数ヶ月の間に、フランス語が必要な場面が出て来た。

大学時代に専攻していたとはいえ、卒業してから20年。

4年間、ただひたすらフランス語を勉強していたわけだから、簡単なものであればなんとか読むことはできるけれど、普段、話すことはもちろん、聞くことさえもほとんどないから、とてもじゃないけど「使える」などとは恥ずかしくて言えない。

この数ヶ月の間に、「ドイツ語が必要なんだけど、話せる?」と立て続けに2回聞かれた。

ドイツ語は、話せるも何も・・・、まったく無理。

「英語の他に話せる言語は?」。

「英語のほかに、もうひとつ何か他の言葉話せない?」。

これも2回聞かれた。

いずれも、最近の出来事。

もはや、英語だけでは充分ではない時代に突入しているらしい。

イギリス人の夫ポールと結婚して10年。

日常会話で英語を使うようになって、ようやく、英語だけは生活に支障なく、翻訳・通訳でなんとかヒト様のお役に立てるレベル・・・、(とはいえ英検1級は連続不合格で、TOEICはやっと900点)に達して喜んでいたところなのに、英語だけじゃダメなのか?

フランス語については、かつて夢中になって勉強していた言葉だから、もう一度しっかり勉強して、レッスンにも定期的に通って、眠ってしまった力を呼び覚まし、錆を落として、話せるようになりたいと思う。

だけど、器用なタイプじゃないから、フランス語を真剣に勉強し始めると、英語の上達に影響しそうでなかなか始められない。

英語か、フランス語か・・・、ここ数ヶ月ずっと悩んでる。

英語はこのレベルでもう良しとして、フランス語にシフトするべきか否か。

よく語学教材で見かけるキャッチ・フレーズ。

① 数ヶ月でぺらぺらになる。

② 聞くだけで自然と話せるようになる。

全部、嘘。

そんなわけがない。

ひとつの言語を習得するには、絶え間ない努力と莫大な時間と、どうしても身に付けたいという情熱が絶対に必要なのだ。

英語使いはたくさんいるけれど、フランス語使いには希少価値があるのは間違いない。

そう思い立ってフランス語のテキストを開くたびに、「二兎を追うものは一兎をも得ず」の言葉を思い出し、英語のテキストをまた開く。。。

最近はその繰り返し。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です