街ネタ―イギリス・York(ヨーク)―

ヨークは、街の中心部が古い城壁に囲まれた中世の面影を色濃く残すとても美しい街。

ポールが昔、遠足で行って以来、イギリスで一番好きだという街ヨークへは、今回の旅行で絶対行こうと決めていました。

なんの予備知識もない私がヨークに着いてまずはじめに驚いたのが、街をぐるりと囲む『城壁』。

かなりの高さにも関わらず、本当に危険な一部を除いて柵も保護棒もありません。
見て!!本当に結構高いでしょ。

シラフだったので平気でしたが、ちょっとでも酔ってたら行かない方がいいでしょう。落ちたら絶対怪我します。

美観を大切にするイギリス人にしてみれば、鉄柵なんかは、せっかくの美しい街並みを壊すことになるので考えたこともないのでしょうが、日本で生まれ育った私にしてみたらありえない光景。

これが日本なら、「危ない」だの「危険」だのと騒ぐ人が必ずいて、そして走り回って落っこちて怪我をする子供なんかも必ずいて、まず間違いなく鉄柵が張り巡らされることでしょう。。。

美観も何もあったもんじゃない、そんなことになりそうな気がします。

入り口に「犬は禁止」と書かれていましたが、それ以外は何の注意書もありませんでした。大したもんです。

ずっと先に見えるのが、ヨークのシンボル「ヨーク・ミンスター」。大聖堂です。

イギリス最大のゴシック建築であるこの大聖堂には見所が一杯。

ステンドグラスの美しさといったらもう。。。(すみません。この写真じゃ伝わりませんね

よくもあの時代にこれほどまでの建築ができたものだと、その佇まい、荘厳な美しさに圧倒されます。

街に着いてからたまたま見つけたB&Bもとっても素敵で、オーナーらしきちょっと太目の女性もとっても親切にしてくれました。

翌日もゆっくり観光を、と思っていたのですが、ヨーク競馬場で重要なレースがあるらしく、道路が大渋滞になっていたので渋々諦めてヨークを後にしました。

なんだか消化不良気味のヨークでした。また行くぞ!

旅のスタイル

自分なりの「旅のスタイル」ってありますか?

例えば、「パックツアー派」とか「地球の歩き方を手にバックパック派」とか、「下調べバッチリのインターネット予約派」とか、そんな感じの旅のスタイル。

私は、ポールに会うまでは、完全な「パックツアー派」。

「現地で交通機関を探したりするなんて時間の無駄だし~、名所・旧跡は必ず全部見たいし~、間違いのないおいしいお店で名物料理なんかも食べたいし~・・・」などと思っていると、パックツアーの他に、その欲求のすべてを満たしてくれるものはないんです。

「パックツアー最高!!」
と嘘偽りなく思ってました。というか、今も思ってます。

が、ポールは完全に逆。

『旅行は自分のペースでするもの』なのだそうで、

「朝7時にロビー集合」とか、

「途中でトイレ休憩取ります」とか、

まして「ホテルに戻る途中で免税店にご案内しま~す」などと言うのは、もってのほか。

ポールの性格から言って、朝起きる時間や、トイレの時間、買い物をする場所まで人の指示に従うなんて絶対無理!!

初めて2人で行った海外旅行の台湾。

出発前、「僕の旅のスタイルを教えてあげるよ」と、微笑むポール。

「パックツアーしか行ったことないから、2人だけで自由に楽しめるなんて面白そうだね。」と私。

・・・・が、台湾に着いてよーくわかりました。ポールの旅の楽しみ方。

「ただ、リラックスしてるだけじゃん!!」

「旅って、その土地をもっと楽しむもんなんじゃないの?!」

旅先でヘトヘトになってもいいから200%楽しみたい私と、旅で日頃の疲れを癒し心身ともにリラックスしたいポールとの、旅に対する大いなる考え方の違いに気づかされた台湾旅行は、壮絶なバトルによって締めくくられたのでした。

8月の里帰り。

8月に、イギリス・ダービーに久しぶりの里帰りをしました。

ポールにとっては6年ぶりの故郷。

思い起こせば6年前、付き合い始めの不安定な頃、12日間の休暇を取って故郷に里帰りしていたポールを追って、たった5日間の休みしかないのに、貯金を全部使ってチケットを買い、ロンドンはヒースローに向かったっけ。

まるで、「ポールの故郷を見よ!」というお告げでも受けたかのような恐ろしいまでの行動力だったな。

ま、そんな話は置いておいて、その時に私もポールのお母さんやお友達に会っていたので、また彼らに会えるのがとっても楽しみ。

みんな、きっと変わっただろうな~、などとあれこれ思い描きながら、ダービーに着くと、これが驚いたことに、何も変わっていない。町並みも家も。

まるで6年前から時間が止まっているかのよう。

お母さんも変わってない。ポールの友達たちも。。。

6年前も椅子に座ってずっとテレビでアンティークのオークション番組を見ていた『ダレル』、髪をぐちゃぐちゃにして車の改造や家の改装にはげむ『ボッズ』、パソコンの話を始めたら止まらない『A・P』、みんなみんな変わってない。

年の頃は、みんな30代後半。誰か一人くらい、結婚したり、パパになったりしていてもいい頃なのに。

実際、この位の年代で、6年経って何も変わらないって意外と難しいと思うんだよね。

人生の転機を迎える頃だもの。なのにこの人たちは一体?! 

でも里帰りした方にとっては、この『変わらなさ』、とっても貴重なもの。

これからも変わらずにいて欲しいな。

ポールが故郷に戻って、寂しい思いをしないように。。

ここで、8月に会ったポールの家族を紹介。

ポールの妹ペニーとお母さんのヒルダ。お父さんはポールが12歳の時に亡くなってしまったそう。ポールとそっくりだったというお父さんにも是非会いたかったな。