真面目すぎる飼い主さん

←人気ブログランキングに参加中♪

とっても天気の良かった日曜日。

ゆったりのんびりお散歩していたら、初めて会ったテリアの飼い主さんに「あなたのわんちゃんはおうちでもトイレするの?」と話しかけられた。

バブーは朝は外で、夜は寝る前に家の中のトイレシートでトイレをするのが習慣になっているので、そのように伝えると、「羨ましい。うちのコは絶対家の中でしないから・・・」と、困り顔。

聞けば、自分が犬好きで飼い始めたわけではなく、娘さんの家でお孫さんがどうしても犬が欲しいというものだから生後3ヶ月の子犬を飼い始めたものの、3週間で飽きてしまって、もともと犬好きではない娘さんも困り果てて、結局はおばあちゃんの家に来ることになったとのこと。

以来4年間、外でトイレをしないわんこのために、毎日3回、各回1時間~1時間半のお散歩をしているらしく、ほとほと疲れ切っている様子。

「犬がこんなに手がかかるものだと思わなかったの。どこにも出掛けられないから、本当にストレスが溜まっちゃって。このコが来てから、すっかり人生が変わっちゃったの。4年も飼ってるけど、いまだに慣れなくて。。。もう本当にどっちがストレスで先に死ぬかって感じ」、と本音を語りはじめて、気の毒なほど。

「あなたは本当に犬が好きなのねー。とってもかわいがってるもの」、と。

もちろんバブーのことは目の中に入れても痛くないほど可愛い。

可愛くて、可愛くて、たまらない。

でも、そのコのように、1日に3時間以上お散歩させてもらえるわんこなんてそうそういない。

バブーなんて、1日1回、1時間~1時間半のみ。

家で何時間もお留守番していたり、お散歩もしてもらえなかったり、そんなわんこたちに比べたら、なんて幸せなわんこなんだろうと思うけれど、飼い主さんの話を聞いていると、とっても複雑な気持ちに。

愛情とお散歩時間は比例するものじゃない。

わんこにとってはどっちが幸せなのか。

永遠の謎。

優しくて真面目すぎる飼い主さん。

もっと力を抜いて、もっと気楽にしていたら、自分もわんこももっと楽しいはずなのに・・・。

帰る時に挨拶をして、飼い主さんとわんこの後ろ姿を見送りながら、なんだかとっても切ない気持ち。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です