そのときどう動く

←人気ブログランキングに参加中♪

もともと人気はあったけれど、新首相誕生の「どじょう演説」で改めて注目されている相田みつを作品。

私が好きな作品のひとつは、

「そのときどう動く」。

何か決断を迫られた時、窮地に追い込まれたとき、自分がどう動くか。

この言葉が、あの大胆ななんともいえない書体とともにいつも頭に浮かぶ。

短い言葉だけれど、強くて緊迫感があって、身が引き締まる思いがする。

私の周りには、彼の作品を好きだという人もいるけれど、「向上心が持てなくなる」と好まない人もいる。

確かに、改めて作品を読み返してみると、人間の弱さをうたったものが多いから、心が折れそうな時とか、元気をもらいたい時に読むと心に沁みるけど、元気いっぱいの時に読むと凹むような気がしないではない。

そんな相田作品の中で一番好きなのは、これ。

「いいことは おかげさま わるいことは 身から出たさび」。

いいことがあったら感謝して、悪いことが起きても何かのせいにしない。

この気持ちが常に持てたら最高。

だけど、それがなかなかできないんだよな・・・にんげんだもの。

読んでいただけたら、

人気ブログランキングのクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。

ついでに、わんこ好きの方は、

にほんブログ村ウエスティのクリックもポチッと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です