膀胱炎でした。

昨日、動物病院に行ってきました。

調べてもらったところ、抗生物質が効いてすでに治りかけているものの、膀胱炎だったことがわかり、再発しないように10日分のお薬をもらって帰ってきました。

血液検査の結果はこれまでとほぼ変わりなく、治療を継続している腸リンパ管拡張症は、うまくコントロールできているようです。

ほっとひと安心していたところ、病院の待合室の壁に「診療時間の変更と休診日のお知らせ」という張り紙がありました。

これまで休診日は一日もなく、午後の診療は19時までだったのですが、今は毎週火曜日が休診、午後の診療は18時までに変わっていました。

理由は「スタッフ不足」で、あくまでも一時的な措置と考えていると書かれていました。

休診日がなく土日もやっていて夜19時まで診てくれるのは、飼い主にとっては非常にありがたく安心してお世話になっていて、患者側にとってはこれ以上ないサービスではあるものの、先生が多忙過ぎて倒れるのでは?、病院で働く側にとってはかなりブラックだな~、と実はかなり前から心配しておりました。

だから、休診日ができ、診療時間が短くなって、ちょっと安心したような複雑な気持ちです。

行きはタクシーでしたが、病院からの帰り道は40分かけて、ゆっくりゆっくりバブーとお散歩しながら歩いて帰ってきました。

まだまだ元気ですよ!

 

読んでいただけたら↓

ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

ウェスティ・ランキングはコチラ↓

にほんブログ村

“膀胱炎でした。” への2件の返信

  1. 理由がわかって良かったですね。
    一安心です。

    評判の良い病院、本当に働く側からはある意味ブラック。
    うちの御用達病院も、受付時間19時までが18時30分に。
    預かりも縮小。
    冬場は特に急げないので痛手です。

    バブーちゃん、お手製セーター着てお腹冷やさない様に♪

    1. >チョビマロ母さん
      今回は、これまで何度か経験したことのある症状だったので、ほぼ膀胱炎に間違いないと思っていました。
      とはいえ、素人判断は禁物ですからね。先生に診てもらって安心しました。

      休診日ができて診察時間が短くなったことで、予約が以前よりかなり取りにくくなりました。
      会計も不慣れな人が交代で担当しているせいか、すごく時間がかかるのでこちらまで心配になります。
      早く新しいスタッフさんが見つかればいいのですが、この勤務時間だとなかなか見つからないのかもしれません。
      どこも人手不足のようです。

      バブーは、手編みのセーターを着て、雪の日も元気に走っていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です