もがいても・・・

昨日はTOEICを受験しました。

市内の大学が会場で、受験者の大半はおそらく就職試験のためと思われる学生さんたちですが、中年以降と思われる白髪の人たちもチラホラ。

急に上司が外国人になっちゃったとか、これから海外に転勤する予定とか、そんな事情があるのかな・・・、などと思いつつ、2時間200問の苦行が始まりました。

前回受験した時、ペース配分を間違えて時間切れになり、最後に慌ててマークシートの塗りつぶしをする屈辱を味わったので、今回はかなり時間配分に気を使いながら挑みました。

だがしかし、やはり時間がなくなり、「苦手だな」と思って飛ばしたいくつかの問題は、結局最後までできませんでした。

知り合いの20代前半の学生さんが、半年で大幅にスコアアップして前回960点を取得したと教えてくれました。

海外に留学したこともなく、独学だけで。

私はポールと10年以上一緒に生活して、それなりに勉強も継続していますが、もがいてももがいてもこの数年、900点前後をウロチョロしている状態で、そこからまったく抜け出せないわけですよ。

「960点取りました!」と報告された時、最初は、「すごい!どうやってそんなスコア取ったの?凄いよ!」と一緒に喜びましたが、後からジワジワ、メラメラと激しい嫉妬の炎が燃えてきました。

結果はまだですが見るまでもなく、帰宅後、リベンジで次回のTOEICも申し込みました。

気力、体力の限界が来るまで、チャレンジは続けます。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

2 Replies to “もがいても・・・”

  1. eri-ponさんは、お仕事関連でTOEIC を受けてるのですか。。?
    私はいまだに受けたことないです。
    職場が英語を使うところなんですけどね。。
    他の部署にapplyしたい時とかは、TOEIC何点以上とかって条件がついてるんですよー。
    私が入った頃は、英語でエッセイを書かされました!

    TOEICのテキストブックなんか見ると ダメだーって思っちゃう(笑)

    1. >Luckyママさん
      TOEICは仕事関連ではなく、趣味といいますか、英語力キープのために受けています。
      実施回数も多く合否がないのがいいところで、何度でも受けられるので、
      私にとってはどうしても攻略したい難易度の高いゲームのような感覚です。
      TOEIC側もいろいろ工夫していて、問題の傾向も時々変わりますし、リスニング試験も、
      アメリカ英語だけでなく、イギリス英語、オーストラリア英語、インド英語なども
      増えてきていて、なかなか興味深いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です