ロール・キャベツ

今日のディナーは、ポールが昨日の夜から準備をして作ってくれたロール・キャベツ。

ロール・キャベツそのものはもちろん、トマトソースもはじめから全部自分で作ります。

トマトソースといえば、すぐに缶詰を使う私と大違い。

「缶詰の方がおいしいかもしれないけど、ケミカルなものがたくさん入っているから体に良くない」という理由で缶詰は使わず、はじめから時間をかけて、ひき肉と細かく切った野菜、ハーブをじっくり煮込んで味見をしながら丁寧に作ります。

ロール・キャベツの中身は、
ひき肉に細かく砕いたガーリックとチリを混ぜていためたものに、マッシュ・ポテト、マッシュ・オニオンを混ぜ、それをベーコンで巻き、さらにその上にキャベツを巻くという凝ったもの。

このロール・キャベツにトマトソースをたっぷりかけて、オーブンで焼くこと数十分。

キャベツの中から、ふわふわ、熱々のマッシュ・ポテトが出てきて、トマトソースと良く合い、妻の私が言うのもなんですが、激ウマなんです

ガーリックがたくさん入っていることも忘れてモリモリ食べちゃいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です