危険な冬道

今朝は車のエンジン音と空転するタイヤの回転音で起こされました。

午前4時です。

我が家は住宅街の角地にあるのですが、角の道路が大雪の後の雪解けでガッタガタ、ボッコボコになっているせいで、車がよく深みにハマってスタックしてしまうのです。

これまで何度もありましたし、今後も何度もあるでしょう。

冬場は「魔の道路」になるのです。

なので我が家は、あえて玄関の外にショベルや雪かき道具を出しっぱなしにしています。

スタックしたら自由に使っていいですよ・・・という意味です。

日中なら道具がなくても近所の屈強な男子たちがすぐに集まって、車をみんなで押して脱出を手伝ってくれるものですが、さすがに午前4時だと周囲は寝静まっていて誰も助けにくるはずもなく、車も通りません。

気づいてしまった私がポールを起こして助けに行くしかないな・・・と思い始めたころ、ようやく脱出に成功して走り去っていき、心底安堵しました。

タイヤの空転音の感じから言って、経験上、あの状態で脱出できたのは奇跡です。

我が家の道具を使ってくれたのかもしれません。

大雪の後の雪解けの道は最悪です。

冬道スタックに気を付けましょう。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

 

ひとつ直せば、またひとつ

自宅から徒歩数分のところに新しいタイプの予防型デンタルクリニックができたことと、人生の先輩たちからのアドバイスを受けて、数年前から歯のメンテナンスに力を入れています。※バブーじゃなくて自分のです。

定期的な検査とクリーニングで口腔環境を整え、奥の古い銀歯は撲滅しました。

銀歯の代わりに入れたのが、一番丈夫と言われる保険適用外のジルコニアです。

数年かけて数本変えたので費用も結構かかりましたが、長い目でみれば元が取れるはず、今後の健康のため、と考えて実行してきました。

今となっては、口の中で銀歯がギラギラしていたなんて信じられない・・・、という境地ですが、銀歯がなくなると、今度は、かなり前に保険適用外で入れた、当時はとても高価だったメタルボンドの歯が気になりはじめました。

メタルボンドは中が金属で表面は白いセラミックです。

今まではまったく気になったことがありませんでしたが、ジルコニアの歯が増えてきてからというもの、メタルボンドの歯を撲滅したくなってきました。

美容整形でも、「ひとつ直せば、またひとつ」、と一番気になっていたものがなくなると、今度は今までは気にならなかったことが新たに気になりはじめて、直すことがやめられなくなりエンドレス、という話はよく聞きますが、そんなものなんだと思います。

ちなみに、バブーの歯は、小さい頃から定期的にスケーリングをしたり、かなり気を付けていたので、治療のために抜いたのは2、3本だけで、13歳の今でも丈夫な白い歯がちゃんとしっかり残っています。

さらに言いますと夫のポールは、日本では歯医者に行ったこともありませんが、銀歯も虫歯もありません。

特に頑張ってお手入れをしていたということはなく、ただ単に歯並びもよく骨がもともと硬くて丈夫なんだと思います。

うらやまし過ぎるDNAですね。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

夫・ポールの誕生日

今日は3歳上の夫、ポールの誕生日でした。

またひとつ年を重ねましたが、今年のポールはちょっと違います。

去年の9月にお酒を止めてから、本当に健康になりました。

お友達とのパーティーの時以外、飲酒ゼロ。

先月の人間ドックでも肝臓の数値がC2からA判定に改善。

不調を訴えてありとあらゆる病院で診てもらっていた頃が嘘のように、毎日健康に過ごしています。

去年の1歳若いポールより、今年の1歳年を取ったポールの方がずっと若返った感じです。

このまま継続してくれたら、来年はさらにもっと若くなるかもです。

このまま頑張ってくれますように。

ブログの引っ越しで、過去の写真が消えてしまったので、今日はポールとバブーの懐かしい写真で。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

マスク問題

コロナウィルスが発生してからというもの、マスク人口が一気に増えました。

マスクをしている人を見ていると、色も柄も豊富で、もはやファッションの一部みたいなものなんだな、と思います。

白いマスクに慣れていたので、初めて黒いマスクを見た時はギョッとしましたが、白だとすぐに汚れが目立つので黒がいいという人もいれば、 炭の成分が練り込まれた機能性マスク だから着用しているというケースも多いようで、今は見慣れました。

日本では一時、「マスク依存症」が話題になったこともありますが、確かにマスクをしていると外敵から守られている感はありますし、何より、口元や喉の潤いが全然違いますから、特に冬場はメリットも多いと思います。

そんな諸々の事情から、日本ではマスク姿の人は以前からそれほど珍しいものではなく、インフルエンザの流行期などは毎年マスク人口が増えるので見慣れた光景ではありますが、お国によって事情が異なるようでアメリカではマスク着用による暴行事件が起きているようです。

デイリーニュース(英語)によりますと、ニューヨークの地下鉄駅で、マスクを着用していた中国人の女性が、「コロナウィルスの感染者!」、「俺に触るな!」、と見知らぬ男性に傘で叩かれたり、何度も蹴られたりしたそうです。

その様子を動画で撮影してFacebookに投稿した人物によると、その本人がふたりを引き離すまで、通行人は誰も止めに入ることがなかったそうで、「アジア人は一人で行動しないで、周囲に気を付けるように」と注意を呼び掛けていました。

マスクをしているだけで攻撃の対象になるなんて、本当に恐ろしい話ですよね。

日本では自分が病気でなくとも、他人に移さないように、また移されないように、予防の観点からマスク着用をしている人が多いので、マスク着用はむしろ歓迎されているのが現実ですが、他国では、「マスクは重病人がするもの」で、マスクをしている人が近くにいること自体が恐怖になることもあるようです。

そんな認識の違いが、世界規模で広がるコロナウィルスとマスクの関係にどう影響するのか、とても気になります。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

 

定期検査

今日はバブーの月1の定期検査の日でした。

先週木曜日の夜、夜ごはんの後から急に調子が悪くなって、苦しそうに呼吸をしながら部屋を歩き回っていたことがあり、先生にそのことを伝えたところ、いつもの血液検査の他に胸のレントゲンも念のため撮ってみましょう、ということになりました。

血液検査の結果はいつも通りで、特に悪化している様子はなかったのですが、たまたま撮ったレントゲンの結果に異常が見つかったのです。

ちょうど肺のあたりに気になる丸い影が映っていました。

レントゲンで調べるには限界があり、もっと詳しい検査が必要なので、近々、全身麻酔でエコーとCTスキャンを撮ることになりました。

ちょうど病院で幼馴染のプードルちゃんに会いました。

16歳になり、両目は白くなってほとんど見えていないようで、まったく食欲がないので病院に連れてきたと飼い主さんが説明してくれました。

「昔はみんな、あんなに元気に走ってたのにね~!」って、昔話をしながら涙目になりました。

「お互いしっかり頑張ろうね!」と言って病院を出ましたが、幼馴染のわんこたちには近所の公園で会うことより病院で会うことの方が多くなってきました。

歳を取るといろいろ出てくることは覚悟しているのですが、精神的にこたえますね。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

さよなら、あんちゃん。頑張れ、ふぅちゃん!

バブーの幼馴染のあんちゃんが11歳で虹の橋を渡ってしまいました。

キャバリアの親子で赤い服がママのあんちゃん、黄色い服が息子のふぅちゃん。

この写真は2018年の10月ですから、あんちゃんが9歳の頃です。

とってもフレンドリーで優しい飼い主さんに連れられ、いつも2匹そろって仲良くお散歩していて、バブーが小さいころから仲良くしてもらっていた大好きな親子です。

あんちゃんは2年くらい前から原因不明の血尿が続いていて、それが膀胱がんだと分かった時にはすでに手遅れで、本当に突然、あっという間のお別れでした。

思えば、3匹が集まると一番先輩のバブーが常にセンターで、控えめな親子はいつもなぜか後ろ。

この頃ちょうど 「ブルゾンちえみ with B」が流行っていて、「この3匹、ユニットで売り出せるんじゃない?!」って飼い主さんと大笑いしました。

もうこのユニットを見ることもできなくなってしまいました。

バブーより2歳も若いあんちゃん。本当にショックです。

本当に穏やかで静かで優しい子でした。

今、心配なのは息子のふぅちゃんです。

生まれた時からずっとママと一緒で、一人になるのははじめてです。

大好きなおやつも食べなくなり、飼い主さんの帰りをずっと玄関で待っているそうで胸が痛みます。

今日は久しぶりにバブーと会って、シッポをぷりぷり、2匹でじゃれあっていました。

あんちゃん、バブーと遊んでくれてありがとう、そして、さようなら。

息子のふぅちゃん、頑張れ!

バブーもいるからね。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

シニア犬あるある2

雪の中を元気に走り回って、食欲も旺盛で、絶好調だと思っていたバブーが、昨夜、急に体調が悪くなって焦りました。

荒い呼吸で家の中を歩き回るのは、体調不良のサインなのです。

万一の時のために用意していた薬を飲ませたところ、すぐに落ち着いて、私に抱っこされたまま眠りはじめた時には本当に安堵しました。

夜間病院行きも覚悟して、お酒も飲まずに待機していましたが、夜はスヤスヤ眠ってくれて、今日はまた元気にしています。

朝のお散歩もしっかりこなし、いつも通りの普通のバブーです。

週末はちょうど定期検査もありますが、シニア犬の場合、様子見が命取りになりかねないので少しでも異変を感じるとドキドキします。

昨夜は地震もあった上に、バブーの様子が心配で心配で、一晩中緊張して眠れませんでした。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

激変

今日はとても暖かいです。

真冬に「暖かい」というのは変な表現ですが、2月のこの時期は極寒の時なのに、プラスの気温で、雪が解けまくっています。

怖いのはこの後、凍った時ですが、数日は暖かい日が続きそうです。

昨日までは真っ白なパウダースノーだったのに、今日はもうベッチャベチャです。

道産子ですが、これほど気温のアップダウンが激しい年はなかなかありません。

コロナウィルスも心配ですが、気温の激変で体調を崩さないようにご自愛くださいませ。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

雪中運動会

今日はバブーと雪の中をたくさん走りました。

うさぎみたいに耳をぴょんぴょんさせながらリズミカルに走って、とっても楽しそうでした。

すっかり疲れてしまって、帰宅後は大いびきをかきながらずっとお昼寝。

いっぱい運動して、たっぷり食べて、良く眠って、気ままなシニアライフを送っています。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

近所でボヤ騒ぎ

今日の午後、近所でボヤ騒ぎがありました。

私は仕事で家にいなかったのですが、ポールによると、出火元は我が家もよく利用している地元では有名なお菓子やさんで、消防車が何台も我が家の前を通って行ったそうです。

驚いたのは、その後のお菓子やさんの対応です。

ボヤ騒ぎのすぐ後に我が家に従業員の方が来て、「謝罪させていただきたい」、と。

「火事ではなく、工場から煙が出ただけで今は問題ないが、お騒がせしてしまい申し訳ない」と平謝りしてお菓子を置いて行ったというのです。

ポール曰く、「すごく丁寧。こんなことしてくれるのは日本だけだよ」。

ボヤ騒ぎを起こすのはまったく褒められることではありませんが、我が家に謝罪に来たのは、消防車が来はじめてから1時間も経っていなかったそうなので、対応の早さには感心します。

安心してお付き合いのできるご近所さんだと思います。

延焼が怖いですから、同じ町内会で火事があったと聞いた時は本当に驚きましたが、何事もなくて本当に良かったです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ