自粛

目に見えないウィルスは本当に恐ろしいです。

日々更新されるニュースにビクビクしています。

今月はいわゆる宴会がありませんでした。

この状況では仕方がないとはいえ、大きな宴会はすべてキャンセルになって、飲食店は本当に大変だろうと思います。

2回だけ少人数で軽い食事に出ましたが、時間が遅かったこともあって、多くのお店が営業時間の短縮ですでに閉まっていたので、入れるお店を探すのにもひと苦労でした。

北海道は落ち着いてきたように見えますが、4月は新年度。

人事異動シーズンもあって、国内で人が大移動しますから、まだまだ油断はできません。

外出を控えて自宅にいるのが一番ですね。

この日のランチは、ポールが作ってくれたマッシュポテトとゆで野菜と卵焼きとステーキのワンプレート・ランチでした。

美味しかったです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

見慣れてきました

バブーの痛々しい手術の跡。

だんだん見慣れてきましたが、抱っこするたびに傷跡に触れることになるので、その大きさにさすがにゾクッとします。

少しずつ、うっすらと白い毛も生えてきました。

今週末も病院以外の外出を控えて、バブーとまったり過ごします。

コロナ問題、北海道はだんだん落ち着いてきて、人出も少しずつ戻ってきた感じですが、今度は本州方面が大変なことになっていて心配です。

たった今、CNNのニュース番組でイギリスの首相ボリス・ジョンソンがコロナウィルスに感染したことがニュースになっていて、ポールが「あっ!」と声を上げました。

コロナ問題、まだまだ収束の目途は立ちそうにないですね。

コロナが発生してオリンピックも延期になって、バブーも大変なことになって・・・。

2020年の春のことは、きっとずっと忘れないと思います。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

獣医さんになりたい・・・

バブーは今回、数年前からずっとお世話になっている獣医さんのところで、たまたま撮ったレントゲン写真がきっかけで、ステージゼロの肺ガンが見つかり、切除手術を受けました。

大変な手術ですが、手遅れになる前に、肺ガンの可能性があるとは知らずに受けた検査の中で偶然見つかって、本当にラッキーだったと思っています。

もし知らずに、小さな体の中でがん細胞が増殖していたら・・・と思うとゾッとします。

バブーをいつも診て頂いている獣医さんは私にとっては、本当に神様のような存在です。

前回、リンパ管拡張症の手術を受けた後、入院中にお見舞いに行くと、先生からお散歩の許可が出ました。

2年前の春のことです。

仕事帰りの夕方の時間帯に、一時は諦めかけたこともあったバブーとのお散歩が、またできることが嬉しくて、ちょっと周辺に足をのばしてしまいました。

ゆっくりお散歩しながら病院に戻ってくると、なかなか戻ってこないことを心配したのか、先生が病院の玄関先に出て、私たちの姿を探してくれていたのですが、ちょうどその時、黄金の夕陽が先生を照らし出し、後光が差す神様のように見えたのです。

あの時の光景は多分一生忘れません。

残像として目に焼き付いています。

今回もまたバブーを助けてくれた先生は、本当に神様なのです。

もし学生時代に戻れたら、いや、生まれ変わったら、必死で勉強して今度は絶対獣医さんになって、可愛いわんこたちをたくさん助けたいと思います。

獣医さんになりたいなんて、バブーを飼うまでは思ったこともありませんでした。

愛犬パワーは本当に絶大ですね。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

なごり雪

先週末は近所の子供たちが半袖Tシャツ姿で遊んでいたくらい暖かかったのに、今日はまた雪が降りました。

朝起きて窓から外を見ると、ちょうどポールとバブーがお散歩している姿が見えました。

曇り空で、なごり雪が降っている中を、お互いをいたわるように、ゆっくりゆっくり歩いています。

ポールもバブーも歳を取りましたね。

もちろん私もですが。

家族の中で一番健康なのは私で、ポールもバブーも若い頃から体に爆弾を抱えているので、最近ますます心配になってきました。

それでなくても、コロナをはじめ暗いニュースばかりで気が滅入りますが、悲観せず、明るい春を待ちましょう♪

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

抗がん剤治療後

はじめての抗がん剤治療後、病院内でも元気なバブーです。

ポールから、もしかしたら、ぐったりしているかもしれないと言われていたので不安な気持ちで迎えに行ったのですが、普通に元気でしたし、今のところいつもと変わりません。

今回の抗がん剤治療では、投与してから数日のうちに吐き気が出て、1週間後くらいに下痢の症状が出る可能性があるそうで、その時に合わせて薬も処方されました。

わんこの個体によって、合う合わないがある治療なので、もしぐったりしているようなことがあったら、すぐに病院に連れてきてくださいと先生から説明がありました。

この治療のせいで急に具合が悪くなって、2~3日様子を見ることが命取りになることがあり得るので、必ずすぐに連れてきてください、と念を押されました。

傷跡も生々しく痛々しいですが、それだけ大変な治療をはじめたのだと傷を見るたびに覚悟しています。

今週と来週は特に注意してバブーの観察。

ぐったりしているかどうかは、いつも一緒に過ごしている飼い主にしかわからないですからね。

ポールが在宅ワークで本当に良かったです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

抗がん剤治療スタート

今日は朝9時前にバブーを連れて病院に行ってきました。

抗がん剤治療が今日からスタートします。

昨夜から食事抜き。

点滴治療で夕方までかかります。

まずはこの治療を続けて、合うか合わないか、治療に耐えられるかどうかをを見極める必要があるそうです。

抗がん剤治療の副作用としては下痢や嘔吐が考えられるそうで、特にバブーは胆のうを摘出していて、もともと内臓が弱いので、先生としてはそこが心配だそうです。

人間と違って、副作用としての脱毛は犬の場合はほとんど見られないと聞いて少し安心しました。

当面、1週間ごとに血液検査も必要になります。

頑張ってもらうしかないのですが、これまで何度も手術を受けて、これからもずっと採血したり治療が続くと思うと本当にかわいそうです。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

日常

コロナの影響で、なんとなく気分が晴れないですよね。

仕方のないこととはいえ、なんでも自粛、自粛で寂しい限りです。

東京オリンピックの掲示物を見るたびに、あと数か月しかないのに、本当に実施できるの?というなんともいえないモヤモヤした気持ちになってしまいます。

そんな中、家の中にはバブーの笑顔が戻ってきました。

エリザベスカラーも取れて、抜糸も終わったので、家の中では今まで通り元気に動き回っていて、外のお散歩も少しずつできるようになってきました。

「いつも通り」というのは本当にありがたいことだとつくづく思います。

世の中もバブーも、一日も早く日常に戻れますように。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

抜糸

バブーの肺の切除手術から10日目。

今日は抜糸の日でした。

ポールが病院に連れて行ってくれたので、抜糸の時の状況は分かりませんが、帰宅すると元気なバブーが待っていてくれました。

傷跡も順調に回復してひと安心です。

先生によると、バブーの肺がんのステージは「ゼロ」。

転移がなく、このまま再発しないことを祈るのみですが、現時点では判断がつかないため、これから抗がん剤治療がはじまります。

まずは日曜日に病院に行って最初の治療を受け、抗がん剤がバブーに合うかどうか見極める必要があるそうです。

抗がん剤治療が始まった場合、通院は3週間に一度の頻度で投薬を続け、費用は月2万円くらいかかることになるそうですが、バブーが痛みもなく健やかに過ごしてくれるなら、精一杯やります。

夫婦共働きで子供のいない我が家ですから、なんとかなります、なんとかします。

天使のバブーがいなくなることの、心の準備がまったくできていない私たち夫婦に、神様がチャンスと時間を与えてくれたのだと思います。

一日でも長く一緒に過ごすことができますように。

ただただ、そう願ってやみません。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

なぜ、転ぶ?

仕事の帰り、会社を出てすぐの信号のある交差点を渡って、銀行でお金をおろそうと急いでいた時、交差点の前で転びました。

雪道でも凍った道でもなく、歩きやすい普通のアスファルトの歩道で、です。

信号が変わらないうちに渡ろうと、ちょっと小走りした瞬間、なぜか左足がもつれて、持っていたカバンを地面に叩きつけるような形で前に転び、右ひざを激しく地面に打ちつけました。

痛かったのですがすぐに立ち上がり、そのまま道路を渡って銀行でお金もちゃんとおろすことができたのですが、転んだことがショックです。

今シーズンはどんなにツルツルの氷の路面でも、一度も転ばなかったのに、なぜ今、ここで転ぶ?

思えば、先日の女子会で同年代の女子トモが近づいてきた市電に乗ろうと走りだしたところ、激しく転倒して大恥をかいたという話をしていました。

同じです。

ということは、これはもしかして、エイジングということなのでしょうか?

家に帰ってよくチェックしてみると、履いていたパンツは破れることもなく無事でしたが、膝から流血していました。

「もう若くないんだから、気をつけなさい」という神のお告げだと思って、気を引き締めて、慌てず、ゆっくり、走らないことにします。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

何を信じたら・・・

コロナウイルスの脅威が凄まじいです。

公共の場所では、咳と間違われないように、飲み物でゴホゴホむせることさえ許されない状況ですよね。

仕方がないこととはいえ、息が詰まりそうです。

世界保健機関(WHO)は「咳など呼吸器症状がない一般の人に必要ではない」 と世界的なマスク不足を背景に過度の使用を控えるよう呼び掛けていますが、ウイルスを持っていても無症状のケースがあるのが怖いです。

それに、WHOに言われなくても、マスクが入手できない状況下では、今あるマスクを使い切ってしまうと、コロナウイルスに感染した時はもちろん、普通の風邪か何かで咳が出始めた時にマスクがなくなってしまう可能性もあり、無症状の時に使うことが憚られるようになってきました。

何よりマスクは医療機関や福祉施設で働く人や高齢者が優先されるべきだと思うと、無駄遣いは絶対にできません。

今の時代ゆえ、フェイクとリアル、処理しきれないほどの情報が日々、入ってきます。

一体何を信じたらいいのか・・・。

冷静になって、それぞれが自分で考えて、自分で対処するしかないですね。

我が家は毎朝、体温を測ることがポールによって義務付けられました。

夫婦ともに35度代の低体温で、今のところは大丈夫です。

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ