好きなモノ

断捨離に励んでいます。

余命宣告をされたわけでもなく、100歳まで生きるかもしれませんが、モノに囲まれた生活がなんだか鬱陶しくなってきました。

食べモノ、着るモノ、生活に必要なモノ。

それぞれ自分の好きなモノが厳選されて、必要なモノを見分ける感覚が研ぎ澄まされてきた感じです。

例えば洋服。

数年前に、羽田空港のフライトの待ち時間でたまたま入った伊勢丹で買った黒のワンピース。

オトナっぽいシルエットと高身長でも膝が出ない微妙なスカート丈、皺にならないストレッチ素材でストレスフリーな着用感が気に入って、こんな理想のワンピースに出会えることは二度とないと思い、クリーニング時に備えて、その後通販で2着同じものを追加購入。

これが大成功で、着心地がよく、どんなジャケットにも合わせることができるので、年がら年中、ビジネスでもプライベートでも大いに助けられています。

食べ物もそうです。

好きなソースは絶対に切らさないようにまとめ買い。

これがないと困るんです。

若い頃はバリエーションを楽しんできましたが、その経験を経て、「好きなモノは好き、嫌いなモノは嫌い」がはっきりしてきました。

断捨離をするたびに、自分のこれまでの衝動的で勝手気ままな購買行動に反省しきり・・・。

無駄が多すぎ。

目指すのは、好きなモノだけに囲まれて、断捨離をする必要のない生活。

ほとんど着用していない高価な服を手放し、持っていることすら忘れていたモノを捨てるたびに、「バカなの!?」って自分に問いかけています。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

いちごと梅干し

先日、バブーのわんこ友達の飼い主さんが、「ブログを見て・・・」、と買い物帰りに我が家に立ち寄ってくれました。

ご自身が癌患者で、この5年間に腎臓→肺→肝臓と転移が見つかり、3度の手術を受けたとのこと。

いつも軽やかで素敵なショートヘアですが、抗がん剤治療の影響で一度は髪がすっかり抜けてしまったそうで、今はしっかり生えてきたの、と教えてくれました。

家がご近所で、愛犬が同じトリマーさん、同じ獣医さんにお世話になっているので、お散歩中にお会いして、愛犬の情報交換はしていたものの、飼い主さんのご病気のことはお話したことがなく、今回はじめて知って驚きました。

いつも朗らかで穏やかで優しくて、まさかこの5年の間にそんな大変な治療をされていたとは思いもしませんでした。

元ナースで癌治療にも詳しく、「いろいろ心配だと思うけど、今の抗がん剤は吐き気もほとんどないし、早期発見なら絶対に大丈夫!全然心配する必要ないから!ちゃんと治るから」と太鼓判を押して勇気づけてくれました。

帰り際に、「これ、食べて!」と渡してくれたのは、大きくて真っ赤なイチゴと、体によさそうな梅干し。

やさしさに感動して涙が出ます。

「ウィッグもあるから、必要な時は貸してあげる!」と言ってくれました。

「乳がんのこと、ブログでよく正直に打ち明けたよね・・・」って、言われます。

私自身はそこに忖度はなく、自分の身に起きた喜怒哀楽を日々記録しているだけなので、勇気を振り絞ったわけでもなんでもありません。

でも、今回、乳がんを患ったことで、周囲にこれほどまでに多くの癌患者がいるということを知ることになり、その多さに改めて気づかされました。

「日本人の2人に1人がガンにかかる」、「日本人の3人に1人はがんで亡くなる」。

これまでは他人事だったフレーズが、自分事になり鮮明に浮き上がってきました。

癌の診断書を受け取っても、自覚症状ゼロなので、いまだに狐につままれたような感覚ですが、この手術を乗り越えたら、人間として成長できるような気がします。

「人は経験によってしか学ぶことはできない」。

健康を過信していた自分自身に与えられた試練なのだと受け止めたいと思います。

  

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

「ぎゅっ!」

今日は医大病院で追加のMRI検査を受けました。

すでに一度別の病院で受けているので再検査は必要ないと思っていましたが、「病院が違うと撮り方も違うので・・・」と。

確かに今回は、前回「仰向け」で検査を受けた時と違って、エステサロンで全身マッサージを受けるときのように、顔の部分に穴があいている診察台にのって「うつぶせ」での検査でした。

これがプーケットのビーチなら最高なのにな・・・と思いつつ受けた検査ですが、とってもかわいかったのが、担当の20代前半と思しき看護師さんです。

造影剤を入れるため、検査前に腕に注射針を刺してもらうのですが、右腕の一度目、失敗。

「あっ。ごめんなさい!腫れちゃった。とてもいい血管なので。すみません。腕、変えますね」。

注射の時はいつも目をつぶって見ないようにしているので、何が起きたかはさっぱりわかりませんが、うまく行かなかったようです。

そして、左腕で再チャレンジ。

今度はうまく行ったようです。

その後、約20分間にわたり、マシンの中で工事現場の爆音を聞かされるような検査を終えて、同じ看護師さんに注射針を抜いてもらったのですが、今度は血がなかなか止まりません。

「血が止まらない方ですか?」と聞かれたので、「いいえ」と答えると、「そうですか~」と頷き、笑顔で『ぎゅっ!』、って言いながら傷口を押さえて止血してくれました。

その『ぎゅっ!』が、あまりに可愛くて一生懸命で。

ブルーな気持ちで検査を受けていましたが、エンジェル・ナースの笑顔に癒されました。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

わざとです。

トリミング前のボサボサ期。

バブーは我が家で、「ボリス!」って呼ばれています。

イギリスの首相、ボリス・ジョンソン氏のことですが、トレードマークはぼさぼさの金髪。

首相というよりコメディアンのような風貌に、人前に出るのになぜ?、と思っていましたが、ポール曰く、「あれは、絶対にわざと」。

スピーチの直前にわざと手で髪をぐしゃぐしゃにして、親しみやすさを演出するために「カッコ悪く見せることが戦略」、なのだとか。

バブーも同じ戦略で親しみやすさを狙っています。

「カッコ悪い」が「カッコいい」時代!?

いろいろ「定義」がわかりにくい時代ですね。

  

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

自覚

手術前の大事な時なので不必要なリスクは避けるべきという職場の配慮で、今週から在宅勤務をしています。

在宅勤務の環境もすでに整っており、WEB会議も当たり前。

コロナ前ならあり得なかったことで、すんなりと在宅勤務に移行して入院・手術に備えることができることに感謝。

とはいえ、自覚症状もなくいつも通りなので、一番ピンと来ていないのは私自身のような気がします。

病院から渡されたパンフレットを読んでもイマイチ実感が沸いてきません。

脳が現実逃避したいだけ・・・なのかもしれません。

約1年前に肺がんの手術を受けて、回復したバブーの笑顔に癒されています。

そう感じる自分の精神状態はハイなのか?

いや、ローなのか?

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ガラスの50代

先日、私の入院を知った読書家の友人が、退屈な入院中に是非♪と本をたくさん買って持ってきてくれました。

なんとありがたい・・・。

いつも一緒に飲んで笑って、私の性格をよく知っているだけに、私が好きそうな興味深い本ばかり・・・。

待ちきれずに入院前に自宅で読破しちゃうんじゃないかな、これは。

特に「ガラスの50代」。

目次のひとつが「働くおばさん」。

子供の頃、道徳の時間に先生が見せてくれたビデオは「働くおじさん」でしたが、今や労働者の半数が「働くおばさん」、または予備軍ですからね。

入院手術を何度も経験しているポール曰く、「日中は絶対にお昼寝しちゃだめだよ、夜眠れないのは辛いから・・・」。

入院期間を人生最大・最長の読書期間と定めて、知識の増強に努めたいと思います。

転んでもただでは起きませんからね(笑)!

気合です。気合!って、そんなにうまくいくのかな。。。

ガラスの50代の遠吠え。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ


いろいろと

妹から「手術や入院って一気に体力を奪うから気を付けて!体力を落とさないように意識してね」というメッセージが届きました。

「ずーっとベッドの上って、知らず知らずに弱っていくの。普通の生活に戻った時、びっくりするから」と。

経験者ゆえですが・・・、そういうものなのですね。

そういわれると焦ります。

入院前の今の方が退院後より体力がありそうなので、今のうちにいろいろやっておこうと、この週末は衣替えと断捨離にいそしみました。

先日、友人がプレゼントしてくれた栄養ドリンクとサプリを飲んだせいか、今日は朝からずっとエネルギーがみなぎっている感じで、いつもより作業がサクサク。

予定していた以上のことができました!

もうひとつのエネルギー源は夫のポールが作ってくれるごはん。

夫の方が断然料理上手なので、普段から「おまかせ」です。

今日の朝食のソーセージとベーコンは姉が送ってくれたもので、ポールも「これ、すごくおいしいね!」って、感動していました。

ソースは「A1」。

我が家のイギリス料理に欠かせない酸味の強いソースで、輸入食料品店の「ジュピター」で定期的に購入してストックしています。

好みは別れそうというより、苦手な人の方が多いかな・・・と思う個性の強いソースですが、お肉やマッシュポテトにとてもよく合うので、ハマる人はハマるかも。

入院中は、こういう個性的な食事を楽しむことができなくなるわけで・・・。

好きなものを飲んで食べて過ごせるのは、健康あってこそ。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

折り紙の花束と保湿

先週末に久しぶりに会った可愛い姪っ子から、折り紙で作った花束をもらいました。

上手~♪

繊細な花びらがカラフルでとってもきれい。

春休み中に一生懸命作ってくれたそうです。

今年10歳になる姪っ子。

昨年夏のお誕生日には、ふたりでデート。

ランチでパスタを食べて、H&Mでショッピングをして、狸小路でタピオカドリンクを飲みましたね。

先日実家で一緒にお泊りした時には、お風呂の後で「保湿しなくちゃ」って、可愛らしいポーチを持って洗面所に行って熱心に肌のお手入れをしていましたよ。。。

姪っ子の口から、「保湿」っていう言葉が出たことにびっくり!

あんなに赤ちゃんだったのに、いつの間に。

バブーも保湿した~い!

肉球がカサカサ、乾燥気味なの。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

ありがたい

先日、私の乳がんを知った友人が、たくさんのお土産を持って会いにきてくれました。

彼女は若い頃に両親を癌で亡くして、私にはまったく想像もつかないような苦労を乗り越えてきているのです。

お母さまの大腸がんが見つかった時には、すでに全身に転移していて「余命3ヵ月と言われたこと」、悪性リンパ腫が見つかったお父さまは、なかなか病院に行こうとせず大変だったことなど、いろいろ話をしてくれました。

そして友人自身も、2年前に婦人科の病気で入院手術をしたことを教えてくれました。

その経験から、入院前後に飲んで自分自身の体力回復にとても役立ったという栄養ドリンクや、

入院中の、味気ない白いご飯にかけて食べると美味しいと「ふりかけ」セットを持ってきてくれました。

こういうのは経験者だからこそできること、わかることですよね。

「余計なお世話かも・・・」とモヤモヤ躊躇いがあったと話してくれましたが、「余計なお世話」なんてとんでもない。

いつも笑顔を絶やさない彼女からたっぷりエネルギーをいただきました。

親身になって心配して気遣ってくれるやさしさが本当にありがたい。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

快適過ぎるジャパンタクシー

今日の札幌、寒くて朝から雪がちらついていました。

4月なのに・・・。

油断して薄着で外に出ると痛い目にあいます。

そんな今宵は、十年来の友人と約2年ぶりに会って食事をして、とってもあったか~い気持ちなりましたが、外に出て震えました。

あまりに寒いので、思わずタクシーに乗りこんでしまったのですが、たまたま乗ったのが乗り降りしやすい最新型ボックスタイプの次世代タクシー、ジャパンタクシー。

「今日は寒いですね~」、なんて運転手さんと話をしていると、だんだんお尻がぽかぽか暖かくなってきました。

お尻がじんわり暖かいなんておかしい・・・。

たっぷりお酒を飲んであったまっていたところに急な寒さで、まさかの「失禁」!?

かと本気で焦りましたが、後部座席がシートヒーターになっていました。

寒冷地の家によくある「床暖」のようなシステムで、座席の下に暖房器具が入っていて、座席がポカポカ暖かい「席暖」だったのです。

座席が暖かい車に乗ったのは人生初で、快適さに感動。

降りる時に改めて、シートが濡れていないことを目視で確認しました。

「失禁」じゃなくて「ほっ」。

 

読んで頂けたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ