世界がもし100人の村だったら

お休みの今日は、たまたまつけたテレビにすっかり夢中。

最初は、『世界バリバリ・バリュー』、そして、『世界がもし100人の村だったら3』。

どちらも再放送。

平日は、ポールに合わせてスカパーの英語番組ばかりを見ているので、民放を見ることがないため、たまに見る日本のテレビ番組が異常に新鮮に感じられたりするのですが、今日は特に強烈でした。

『世界バリバリ・バリュー』は、国際結婚セレブ特集。

国際結婚・・・というところまでは同じだけど、何この生活の違い。

イギリス人と結婚した日本人セレブ妻の生活・・・、よだれ出まくり。

ロンドン郊外の大豪邸のほかに、東京にも自宅を持ち、ハロッズのすぐ近くには4億以上のマンション。

お金って、あるところにはあるのね~、と世の不条理を嘆きつつ、そのまま民放を見ていたら始まったのが、『世界がもし100人の村だったら3』。

ひどい環境の中で、必死に生きる子供たちの姿をリポートしたものだったのですが、絶句。

今回のリポートは3つ。


小さな子供たちが、親のために自分を犠牲にして過酷な環境の中で危険な仕事をしてわずかばかりのお金を稼いだり、8歳で親に捨てられた子が14歳で子供を産んだり。

どうして国や政府は、こんな子供の状況を放って置いてるの?

ってイライラしたり、かわいそう過ぎて涙が出て止まらなくなったり、本当に目が離せませんでした。

特に最初に出てきたフィリピンの女の子は、家族のためにゴミ山で働いているのですが、英語の勉強がしたくて、ゴミの中に英語の雑誌を見つけると、思わず仕事の手が止まってしまい、読みふけっているのです。

こんな子が勉強さえできる環境にあれば、きっとものすごく勉強して医者になっちゃったりするんだろうな。

そういえば日本では最近、医者の息子が、親の厳しい教育を苦に自宅に放火した事件があったばかり。

勉強がしたくてできないのと、勉強をしたくないの強制されるのと、どっちが子供にとって不幸なんだろう。

お金をどう使っていいかもわからなくなっているようなセレブ生活を見たあとに、2日も3日も食べていない子供たちの悲惨な生活のリポート。

その格差が見ていて辛く、いろいろ考えさせられました。