イギリス人ブーム

「イギリス人を旦那さんに!」、というブームが私の母の友人達の間で広まっているようなんです。

最初は、ポールと会って、ハグされたりなんかしてドギマギしていた母ですが、今は、「本当にいい旦那だわ~。国際結婚もなかなかいいものね。」というのが素直な感想のよう。

私の父は、典型的な日本のサラリーマンタイプで、昔から家のことは一切しません。定年退職した今も同じ。

父の出張のときも旅行の準備を全て母がしていたくらいだから、きっと自分のものがどこにあるかも知らないはず。

料理や掃除なんてもってのほか。

そんな夫が当たり前の母にしてみれば、ポールはまさに「奇跡の夫」

自分のことは自分でなんでもするし、家事もしてくれる。

ソファに寝転がってテレビを見ながら旦那の料理を待つ妻の姿なんて母には想像もつきません。

実家に泊まったときには、ポールの布団の片付け方を見て、「四つ角をきちんと合わせて、あんなに丁寧に布団をたたんだ人は見たことがない。」とものすごく感激してたし、家に遊びにきたときは、食事の後片付けをポールが自然にしているのを見て、父は口をあんぐり、母はうっとり。

そんな感じなので、母がこのことを友人たちに自慢しているらしく、母の周りでは、「旦那にするならイギリス人」と、俄かにイギリス人人気が高まっているらしい。

この前の電話。

母:「ポール、誰かイギリス人の友達紹介してくれないかしら?」

私:「え、どうしたの?急に。」

母:「友達の○○ちゃんと○○ちゃんの娘さんたちがまだ独身なの。ポールのことを話したら、どうしてもイギリス人と結婚させたいって言うの。いい人がいたら紹介してって頼まれちゃって」。

母の中では、ポール=イギリス人=理想的な夫という図式が完成。

日本人だって、なんでも自分でする人はいるし、イギリス人だって、何もしない人はいると思うよ。

この話をポールに伝えると、「ヒト、シダイネ」

そうだよね。その通り!了解です。