みんないろいろ・・・

先月受けた人間ドックで、検査項目のひとつに「腫瘤あり、要精密検査」との判定がありました。

先週土曜日に再検査を受けたのですが、指摘された腫瘤が小さすぎるので、さらなる検査が必要とのことで、今週また病院に行ってきます。

再々検査を受けて結果が出るまでに1週間くらいかかり、それでもわからなければ、さらに別な方法で検査が必要とのことでなかなかの長期戦になりそうです。

その話を周囲の同世代の女性たちにしたところ、人間ドックの判定ですでに様々な検査を受けていて、この年齢になってはじめて「要精密検査」が出た私が珍しいくらいなのだとわかって、少しほっとしました。

「精神的に結構やられるけど、それを乗り越えたら強くなれるよ!」とありがたいアドバイスをしてくれました。

「検査に行っても、結局何も見つからなかったっていうのが多い」という理由で、人間ドックには賛否両論ありますが、早期発見・早期治療が一番大切なのだと思います。

何もなければそれに越したことはありません。

「老化をあるがままに受けいれて、痛みや苦しみがある時以外は、病院には近づかないほうがいい」という見方もあります。

「加齢とともに異常値の出る頻度は確実に高まっていくわけで、症状もないのに検査によって病気をあえて探り出すような愚かなことはやめるべき」という意見もあります。

「要精密検査」の診断を前に、身も心も迷える50代。

  

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ