『flawless』

女子フィギュアの荒川静香さん、本当に素晴らしかったですよね。

荒川さんの美しくて柔らかい演技に、私はもうすっかり魅了されてしまいました。

クール・ビューティーと言われる彼女の「凛」とした表情が本当に素敵。

自信に満ち溢れた、余裕すら感じさせる表情に、同性でも思わず見とれてしまいます。

そして、何より驚いたのは、彼女の精神的な強さ。あれほどのプレッシャーの中で、あの余裕と演技は、本当にただものじゃない。

イギリスのBBCでも彼女の演技が何度も放送され、『flawless=欠点がない』と評されていました。

一度は誰かに言われてみたいこの言葉。ヴィジュアル的にも、欧米人と比べても全く見劣りせず、同じ日本人として誇らしくさえ思わせてくれます。

ビッグマウス組が今回全く振るわなかっただけに、荒川さんの不言実行の潔さに心から拍手!

と、そんな話を会社の人たちとしていたとき、ある人が、「彼女があれほどのプレッシャーの中で、あそこまで落ち着いて演技ができるのは、彼女が勝っても負けても全く関係なく、決して見捨てることなく、彼女を理解し心からサポートしてくれる人がごく身近にいることを本人がよく分かっているからだ」ということを言っていました。

周りは口をそろえて「コーチ?!」。

真偽のほどは全くわかりませんし、ただの想像ですが、ものすごい練習量と持って生まれた心臓の強さに裏付けられての演技だと思っていた私は、「なるほどーーー、そういう見方もあるのか」と思わず唸ってしまいました。

人前でちょっと話をするだけであがってしまうような「ノミの心臓」の持ち主の私が、大きな仕事を控えて「仕事に行きたくないなー」などと愚痴っていると、「eriなら絶対大丈夫。成功するよ」とポールは何度も言って情けない私を励ましてくれます。

彼の私に対するこの言葉には、本当になんの根拠もありませんし、そのことを一番良くわかっているのは私自身なんですが、こう相手に言ってもらえるだけで、精神的には、かなり楽になり、不思議と自信も沸いてきます。

『自分に何があっても、この人だけは自分の味方』、そう思える相手がいて、自信を得て強くなっていくのは真実だと思います。

今日、日本に帰国するという『flawless』な荒川静香さん。

しばらくは彼女から目を離せそうにありません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です