CT検査

今日はバブーの胸部CT検査でした。

全身麻酔のため、朝9時に預けて夕方お迎えに行って、先生のお話を聞いてきました。

今日のCT検査では明らかな転移は見られないものの、怪しいものがいくつか出ていて、「完全に何もない、絶対に安心と言える状態ではない」とのことでした。

その怪しい小さな影を、今後、注意深く経過観察して行きましょう、と。

今日の体重は7.3㎏で、前回よりさらに痩せていました。

よく食べているのですが、病気のせいでちゃんと吸収できないんですね、きっと。

肺がんにかかったわんこは、手術をしても1年以内に転移が見つかる子がほとんどのようです。

ただ、稀に一切転移が見られない子もいるので、そうなればいいんだけどね、と先生がポツリ。

一緒にお腹の検査もしてくれましたが、「リンパ管拡張症もよくなっているとは言えないし、腎臓もかなり年取ってきたな・・・という感じだね」、と。

前脚も後ろ脚も血管がかなり細くなっていて、抗がん剤治療も注射での治療が今後できない可能性があるので、飲み薬に切り替えるかもしれないといわれました。

先生の話を聞いた後の帰り道、これからあとどのくらい一緒にいられるのか、一気に不安が押し寄せてきました。

ポールは「心配し過ぎないように」と言います。

不安な気持ちがバブーに伝わるのはよくないからポジティブでいなくちゃダメだと。

そうですね。その通りだと思います。

来週もまた病院です。

心穏やかに、たくましく、愛犬の老化に向き合っていかなければなりません。

自分にそう言い聞かせています。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

“CT検査” への2件の返信

  1. おはようございます。
    人間以外(?)は今を生きていますよね♪
    私たちが先走っちゃダメですよね。
    難しいですが、私も言い聞かせています。

    1. おっしゃる通りです。
      今だけを生きて、先のことを考えないって、ある意味、とても幸せなことですよね。
      同じく愛犬が癌になったお散歩仲間の飼い主さんが、「犬は将来を儚んだりすることがないから、救われる」って言ってました。
      人間ならそうはいかないですものね。
      どんなに将来をはかなんで嘆いても何も変えられないので、精一杯、バブーとの楽しい思い出を作りたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です