黒髪ブーム

欧米人の中には、艶やかな長い黒髪に憧れを抱いている人が結構多いようです。

私にもかつて黒髪長髪時代がありました。

全く染めていない真っ黒で健康な長髪に、ストレート・パーマをかけた時には、英会話の先生たちが”Wow”を連発して大絶賛してくれたものです。

学生時代、フランスにホームステイをしたときには、留学経験者たちから、「長い黒髪が洗面所に落ちていると、ものすごく嫌がられるから、留学するときは、髪を短くしていった方がいいよ」なんてアドバイスをもらって、泣く泣く髪を切ったりしたけれど、あれは大間違い。

黒い長髪のままだったほうが、それだけで注目されて、楽しい留学ライフが送れたはず・・・。

ポールももちろん、サラサラの長い黒髪に大いなる憧れを持っているようです。

私は、黒くて太くて癖が強い自分の髪が子供の頃から大嫌いなので、数年前からずっと、真っ茶色に染めています。

いつもアップにしているので、『黒柳徹子』化を防ぐためには、そうするしか・・・。

そのため、度重なるカラーが原因で、今はパサパサ。

朝起きるといつも大爆発

・・・で、いつもポールに笑われているのですが、TSUBAKIとかパンテーン、LAXの美しい髪を誇示するCMが流れると、「これ、使ってみれば?」といつもアドバイスされます。

ポールには申し訳ないけど、はっきり言ってもう手遅れ。勘弁して

それにしても、ハリウッドでは黒髪が大流行なんですね。
シャーリーズも、

アンジーも

ニッキーも

みんな、みんな黒髪。

白人には輝く金髪こそ美しいと思うけど、人間ってやっぱりないものねだり。

でも、アンジー以外は黒髪より金髪の方が断然似合うと思います。

あー、なんてもったいない。

“黒髪ブーム” への2件の返信

  1. 確かに。
    私も一度目のオーストラリア滞在中、黒髪のロングで結構注目されました。(当時は何のこっちゃ?と思っていましたけど(笑)
    大分前から美容をやっている後輩に「黒髪のショートボブが素敵だったのでまたしてください」と何度となく言われています。
    彼女曰く『クール&モダン・ビューティー』なんだとか。
    そ、そんなに良かったのかい・・・?という感じなのです{涙}
    ただあの時は会社の社則で『髪を染めてはいけない。』
    『肩以上は結ぶ』という修道院みたいな事情があったからというだけ。
    今は違うのでブラウンです。
    染め直しも面倒だし、お金掛かるし
    黒髪にしようかな~{キラリ}
    外人さんにモテるかしらん{ルンルン}

  2. 黒髪への回帰、じわじわと始まっていますよね~。
    個人的には、髪が細くやわらかそうに見えるブラウンの方が断然好きですが、チェ・ジウとかルーシー・リューのワンレンでピカピカの黒髪にはとってもあこがれちゃいます。
    そうそう、Snowさんのコメントで思い出したのですが、昔は、校則はもちろん、「社則」で髪色を規制していたりするところありましたよね。
    なんともナンセンス。
    髪色なんか自由でいいのに、と思う一方で、看護婦さんが金髪に染めていたり、教師がアフロだったりしたら、仰天しちゃうんだろうな。
    今くらいのユルさがちょうどいいのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です