イギリスに行きたい

夫・ポールの故郷イギリスに行きたくてたまらなくなってきました。

ポールのママは80歳半ば。

コロナがなければスペインに頻繁に旅行に行くくらい元気で、時々、電話で話しているので健康状態に心配はありませんが、とはいえ80歳半ばです。

元気なうちに、せめて2年に1度くらいは息子に会ってもらいたいのですが、今年はそれも叶いそうにありません。

ポールは循環器系の持病があり、ママは高齢、私と同い年の妹は乳がん治療を受けていて、揃いも揃ってハイリスクなので、帰省は控えざるを得ません。

前回イギリスに行ったのは、2年前の2018年10月です。

もちろん、誰もマスクなんてしていませんでした。

その時の写真を今も時々見ては楽しかった日々を思い出し、バーチャル海外旅行をしています。

さすがに今は14歳のバブーを置いて旅行に行くことはできないので、少なくとも私は日本に残りますが、ポールだけでも早く帰ることができればと願っています。

まさかこんなことになろうとは思いもしませんでした。

先が見えないだけに、異国で生活している家族にとっては、距離が果てしなく遠い。

この状態が長引けば、もしかしたら2度と息子に会えないかもしれない、2度と母親に会えないかもしれない、という思いもよぎると思います。

2人とも口には出しませんが、ポール親子の気持ちを思うと本当に辛いですね。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

“イギリスに行きたい” への4件の返信

  1. 今は、ホントに普通の感覚でいくと、どこにも行けませんね。
    移動前後の両国での2週間のロスを含めると、5~6週間見なければなりませんから。
    体調やリスク考えると尚更ですね。
    残念です。

    p.s.以前ブログ内で見たシェパーズパイ作ってみました。
      大変美味でした!
     

    1. そうなんですよ~。
      移動前後の両国でのロス、帰国している間に状況が変わるリスクなどを考えると、「今、帰る」ということにはなりません。
      それが本当に辛いところですね。
      シェパーズ・パイ、おいしいですよね。
      私は、イギリス版「肉じゃが」だと理解しています。

  2. ポールさんのお母さんも80歳半ばなんですね。
    私の父もそうです。脳梗塞で倒れ今は施設に入っていて会うことは叶いません。あまり状態もよくないみたいですが、きっとコロナでお葬式も出席出来ないと思っています。 
    小泉元首相かな?
    人生には登り坂、下り坂、まさかがあるって言ってましたね。
    何が起こるかわからない時代になりました。

    1. 「登り坂」、「下り坂」、そして、「まさか!」。
      本当におっしゃる通り、まさかこんなことになるとは思ってもいませんでした。
      前回、「また来るね!」って約束して別れて、あれから2年です。
      80代にとっての2年は長く、今まで溌剌として元気だったとしても、体調を崩して一気に弱ってしまうこともありますよね。
      元気で親子の時間を楽しめる時に、イギリスに帰省することができればと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です