ティーはディナーで、ディナーはランチ?!

私たちは、英語で、昼食=lunch,夕食=dinnerと覚えていますよね。

というより、ランチ、ディナーというのはもう日本語の中に入ってるので、普通に使ってますよね。

ところが、ポールは違います。

昼食をdinner(例えば、School dinner は「学校給食」のこと)、夕食をteaと言います。

もちろん、ネイティブ・スピーカーのポールが間違っているのではなく、これがイギリス英語

私たちが習ってきたのはアメリカ英語

イギリス英語とアメリカ英語の違いは発音や言い回しだけでなく、こんな意外なところにも出てきます。

8月に里帰りしたとき、ポールとポール・ママの電話での会話。

ポール:Have you eaten tea?

ママ : Not,yet.

ポール:Let’s go out and eat!

それを聞いていた私は、「ディナーにママを誘おうって言ってたのに、なんでお茶なの~?お腹すいた~。もう夕食の時間だよ」と抗議。

するとポールが、「イギリスでは、teaは夕食のことなの! 前に教えたでしょ」。

はい、そうでした、そうでした。

ポールも、日本ではみんなに合わせて、昼食=lunch、夕食=dinnerを使っているので、すっかり忘れてました。

イギリス映画を見ていると、

Have you eaten tea?

というセリフに、 字幕が「紅茶飲んだ?」となっているのを何度も見たことがありますが、これは完全に翻訳の間違いです。

本当は、「夕飯食べた?」と聞いているのです。

イギリスでこう聞かれて、夕食はもう済んだのに、紅茶のことを聞かれていると思って、「いや、まだ」などと答えると、もう一度夕食を食べる羽目になるかもしれません。

イギリスに言ったら、dinner とteaにご注意を!

それにしても紛らわしい。

“ティーはディナーで、ディナーはランチ?!” への2件の返信

  1. Saoriさんも知らなかったとは。イギリス英語は、日本では、マイナーですからね。
    ポールがちょっとかわいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です