ニュージーランド・ドリーム

今日、仕事を終えて家に帰ってくると、ポールは国際電話の真最中。

電話のお相手は、ポールの大親友のジョン。

ポールの幼なじみのジョンと奥さんのキャロルは、イギリスの移民優遇政策に疑問を感じ、40歳にして母国を出ることを決意。

かなり以前からニュージーランド移住計画を立てていたのです。

そのジョンが、ついに先月、ニュージーランドに移り住んだとの報告の電話。

選んだ街はモリンズビル

ニュージーランドといえば、クライストチャーチくらいしか知らなかったので、この地名ははじめて聞いたのですが、調べてみると日本語のHPも発見。

人口わずか約6,100人の小さな街で、かなりのド田舎。

すでに2人とも仕事が見つかり、イギリスのときと比べると、給料自体はかなり下がったそうですが、とにかく物価が安いので、快適な暮らしができそうだとのこと。

以前、英会話教室にニュージーランドから来た先生がいたのですが、日本での英会話講師の給料は、本国では『外科医の給料と同じ』と言っていたことを思い出しました。

「外科医~!!そんなに違うの?!」って思いっきり驚きましたが、そんな物価状況ゆえ、イギリスの家を売却したお金で、ニュージーランドでは、かなり大きな家も買うことができるのだそう。

ときどきニュージーランドの英語が理解できなくて、同じ英語とはいえ、コミュニケーション面では相当苦労しているようですが、それにもすぐ慣れることでしょう。

一度2人で旅行をして以来、すっかり気に入ったという緑豊かな美しい国ニュージーランド。

ジョンを心から信頼しているポール。

ニュージーランドの生活について根掘り葉掘り聞いているあたり、彼も『ニュージーランド・ドリーム』を狙っているに違いない