冷蔵庫の寿命と人間の寿命

先日、新しい冷蔵庫を買おうと家電量販店に行った時のこと。

ある程度2人で見て回って目星をつけて、最終的に「これ」か「これ」となり、ポールにどっちがいいか判断をあおいだところ、「新しい冷蔵庫の寿命が来て処分するころには、自分はもうきっとこの世にいないから、小さいサイズの方がひとりでも扱いやすくていいと思う」。

冷蔵庫の寿命は平均12.2年なのだそうで、壊れた冷蔵庫は15年使ってました。

確かにそう言われると、この先10年以上、2人とも健康でいられるかなんてわからないですよ。

特にポールは、自分の父親を幼い頃に病気で亡くしていることもあって、日ごろから自分は長生きできないと思っている節があるのですが、私だってこの先何があるかわかりません。

それより何より、食べる量は今よりも少なくなって、もはや大きい冷蔵庫は必要なくなるでしょう。

・・・ということで、最終的に小さい方を選びました。

なんとも寂しい消極的な決定理由。

冷蔵庫に限らず、これから大きなモノを買い替える時には、常にモノの寿命と自分たちの寿命を考えなければならないという人生の新たなステージに突入した気がします。

ちなみに古い冷蔵庫が搬出できない問題はまだ未解決のままで、週末に便利屋さんが見積もりに来てくれる予定です。

 

読んでいただけたら↓

人気ブログランキングへ

ついでに、わんこ好きの方は↓可愛いシッポにもう1票♪

にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

“冷蔵庫の寿命と人間の寿命” への2件の返信

  1. ポールらしい発想だけど、ネガティブですね。(本人には内緒)ポールにはおじいちゃんになったら、茶飲み友達(英国だからTea友達か)になってもらうので長生きしてって、これは言っといて下さい。古い冷蔵庫問題解決するといいですね。僕も15年前、神戸転勤の際にドラム式の洗濯機入らなくて、暫くダイニングに鎮座してた事あります。あの違和感、わかります。

    1. ポール、なんだか本当にここ数年ネガティブなんですよ。亡き父親の年齢を超えたころから悪化しました。もともとポジティブではないですけど(笑)。
      冷蔵庫問題は、まさに先ほど、ビッ〇カメ〇さんから搬出・搬入不可能という見積回答が来ました。
      「搬入」しておいて、「搬出」しれくれないっていうのはどうなの!?と思いますが、時代が違うと言われればそれまでですね。
      ご自身で引っ越し業者さんに頼んでみてはいかがでしょうか・・・、と提案されましたよ。
      とはいえ古い冷蔵庫をオブジェにするのも嫌なので、便利屋さんの見積もり待ちです。ビッ〇カメ〇さんの配送の方よりも余程真剣になんとかできないかと考えてくれていたので期待が持てそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です