英会話教室

ポールが自分の英会話教室をはじめて丸2年。
お陰様で教室はすっかり軌道にのり、ポールも毎日楽しく仕事をしています。

というのも、ここまで順調に教室運営ができるのは、生徒さんが本当に素敵な方たちばかりだから・・・と、今回の「腰痛」事件でポールと私はつくづく感謝しています。

これがもし、日本の大手英会話教室だったら、まず盆でも正月でもないこの時期に1週間も病欠することなど許されないでしょう。

マネージャーに叱られて、生徒さんからもクレームが来て、「不良外人」と判断され、『速攻クビ』になるのは目に見えています。

ポールが数年前、日本の大手英会話教室市場では、「若くて、金髪で、青い目」じゃないと、仕事をするのが難しい、英会話講師としての需要がない・・・と悩んでいたとき、「日本人に英語を教えるキャリアはもう充分なんだから、自分で教室を開けば」と薦める私に、「やっていける自信がない」と消極的だった彼。

その後、彼の友人で独立して英会話教室を開く人が増え、アドバイスを受けたりする中で、自分で教室を開くことを決意したわけですが、今は、「自分の教室を持って本当に良かった」と、あの時の判断が正しかったことを再認識しています。

彼の友人のアドバイス。

「大手英会話教室で働いていると、生徒も講師を選ぶことができないけど、講師も生徒を選ぶことができない。

だから、みんなに合わせて、誰からも嫌われないように、マネージャーに文句を言われないようにと気を遣って神経が磨り減る。

でも、個人の場合は違う。

自分を苦手とする生徒は辞めてしまうけど、それは人間同士だから仕方がないこと。

誰に文句を言われるわけじゃない。

生徒さんが辞めて、また新しい生徒さんがくる、この繰り返し。

自分の教え方を信じて、人柄を信頼してくれる人だけが教室に来てくれるから、常に英語を教えることに集中して一生懸命仕事ができるし、その価値がある。

真剣に英語を教えたいなら、絶対自分の教室を持つべきだ」。

このアドバイスが、躊躇するポールの背中を押してくれたのです。

今回の腰痛事件で、急にお休みを伝えても、怒ることもなくむしろ気遣ってくれる、優しくて、とてつもなく寛容な生徒さんたち。

本当に素敵な生徒さんたちに囲まれて、ポールは本当に幸せです。

みなさま、本当に本当にありがとうございます

9 Replies to “英会話教室”

  1. またまたおじゃましま~す(笑)
    えりこさん、困った時はお互い様なので全然気にしないで下さいね~!と、ポールに伝えてください! 
    ハハハハ{グッド}
    まずはシッカリ直すことですぅ! 
    無理して初めても座りっぱなしの仕事だからまた腰に負担かかっちゃいますしね~{ぱんだ}
     
    そういえば…水曜日のレッスンの昌子と土曜日レッスンのアヤちゃんはポールと連絡取れなかったみたいで…
    直接教室行ってびっくりしたらしいです
    『ポールがいな~い!!!{げっ}』って(笑)
    二人とも歯医者さん勤務だからきっとお休み連絡の電話に出られなかったのかな??? 
    もし今週もお休みなら、私から前もって二人に連絡するので教えてくださいね~! 
    ではでは~{バイバイ}

  2. 先日、計画倒産したっぽい英会話教室のニュースを見ながら、私はポールの教室に巡り遭えて本当に良かったなーとしみじみしておりました。
    大手の教室に通ったことはないので、どんななのかは知りませんが、きっとこんなに楽しくレッスン出来てる生徒さんは少ないんじゃないかなーと思ったりして。
    いかに早く上達するかだけを目的としているようなレッスンだったら、私の性格だと英語嫌いになっちゃってたかもしれないなあ・・・
    だから、こんなに回転の悪い脳みそに付き合って、辛抱強く単語が出てくるのを待っててくれるポールには感謝の気持ちでいっぱいなのです!{ごめんなさい}
    例え何ヶ月休みになっても他の教室に移ったりしないから、どうか焦らないで治してね!とお伝え下さいね。
    それより私の覚えの悪さで逆にポールに見離される可能性の方が大なので、ここは復習に励んでおかねば{げっ}

  3. >Rieさん
    本当にありがとうございます。
    図々しくお言葉に甘えちゃいますが、アスピリン、宜しくお願いします。
    それと、明日の水曜日も無理そうなので、ご友人の昌子さんには、レッスンはお休みですとお伝えください。
    土曜日は、復活できる可能性が高そうなので、もう少し様子を見てみます。
    >SIZUさん
    本当に温かいメッセージありがとうございます{グズン}。泣けてきます。
    早速、ポールに読み聞かせたところ、特に「例え何ヶ月休みになっても他の教室に移ったりしないから、どうか焦らないで治してね!」の部分には大変感動しておりました。
    SIZUさん、本当にいい生徒さん。。。
    今は少しずつ回復してきたので、おとなしく「ダビンチ・コード」を読んでいます。
    腰が痛いこと以外は、正常なので、結構本人も暇で辛そうです。。。。

  4. 友人の昌子には連絡しておきましたので安心してくださ~い!と、ポールにお伝え下さい!(笑) 
    なんだか。。えりこさん”連絡係り”みたいでゴメンナサイねん{笑}
    ではでは~{グッド}

  5. eri-pon様
    はじめましてキャサリーンと申します。
    実は子ども向け英会話教室のサイトでポールさんの英会話教室を見つけました。ポールさん宛てにメールをお送りいたしましたが、折り悪く腰痛のご様子。
    申し訳ございませんが下記の件、お伝えいただければ幸いです。
    腰痛が治ってからのご返信でかまいませんが、このメールをお受け取りのお返事がいただけると大変嬉しゅうございます。
    どうぞよろしくお願いいたします。
    下記:祐子とキャサリーンは同一人物です。
    :::::::
    ポール様
    はじめまして、祐子(ゆうこ)と申します。
    本日は息子の英語教育のことで質問がありメールさせていただいています。
    日本語でごめんなさい。
    息子の知明(ともあき)は11歳。市内の小学校の小学5年生です。
    1999年8月から2005年12月まで海外で生活し、この1月から生まれて初めて
    日本の小学校に通っています。
    来年3月に小学校を卒業しましたら4月からまた海外生活の予定で、
    アメリカンスクールで学び始めることになります。
    来年4月にアメリカンスクールの編入試験を受けるにあたり、英語での会話力と
    英語での読み書きの力を保持できればと考えています。
    恥ずかしながら、英語での読み書きはもとから力はないのですが・・・
    このような息子の状況ですが、ポールさんがレッスンをしてくださるとしたら、どのような方法をとられますか
    お知らせください。
    どうぞよろしくお願いいたします。
    祐子
    参考までに息子の略歴を記します。
    1999年9月 クロアチアの首都ザグレブの現地の幼稚園:英語クラスに入園
    2000年9月 アメリカン・インターナショナルスクール オブ ザグレブの幼稚園部に入園
    2001年9月 同上 GREAD1に入学
    2002年9月 同上 GREAD2に進級
    2002年11月  父親のニュジーランド:オークランドへ転勤で現地の公立小学校に転校。
    Year3を三週間だけ学び夏休みに(ニュージーランドの新学期は1月からで12月に終了します。イギリスと同じく5才の年にYear1となるので急に一学年上がりました。)
    2003年1月  オークランドでYear4に進級
    2004年1月  オークランドでYear5に進級
    2005年1月  オークランドでYear6に進級し12月小学校を卒業
    2006年1月  札幌市内の小学校の5年生に転校

  6. キャサリーンさん、初めまして。
    メール確認しました。お返事が遅れてしまい本当に申し訳ありません。
    息子さんの、この海外歴、本当に圧倒されてしまいます。
    大変なこともたくさんあるでしょうことは想像できますが、ずっと海外生活の夢をいだきつつ、ずっと日本にい続けている私としては、息子さんの環境がとっても羨ましいです。本当の国際人になるでしょうね。将来が楽しみです。
    ところで、本題の英会話の件ですが、ポールには伝えてありますが、現在は、教室の移転準備中ということもあり、新規の生徒さんのレッスンは残念ながらお受けしていないのです。
    大変申し訳ありませんが、次の教室が落ち着くまでの間、お待ちいただくことになると思います。
    ご希望に沿えず、大変申し訳ありませんが、どうぞご理解いただきたいと思います。
    返信が遅くなりましたこと、心からお詫びいたします。
    教室移転後、機会がありましたら、ポールが少しでも息子さんのお力になれれば、と思っています。

  7. Rieさん、昌子さんに伝えていただきありがとうございました。
    本当はポールがきちんとご連絡すべきところ、急な連絡をお願いしてしまって本当に申し訳ありません&どうもありがとうございました。
    ポールはおかげさまで順調に回復に向かっているようです。早く治って通常通りレッスンができるようになればいいのですが。

  8. {バイバイ}お~い!ポール!大丈夫かぁ~い?
    私はインフルエンザにやられて、タミフルのお世話になりましたw。
    5日目でなんとか回復の兆し{キラリ}
    ポールも北国の手荒い洗礼を受けんましたねぇ・・。
    ウチは家を買って2年目に除雪機を導入しました。1年目でママさんダンプは諦めましたw。北国に住む人間にとっては、そのほとんどが迷惑でしかない雪ですがこれからも付き合っていかねば・・・です。

  9. よーすけさん、もうインフルエンザですか?
    さすが、流行に敏感ですねー。
    ちょうど、昨日テレビのニュースで、今年はインフルエンザの流行が早いって言ってました。
    私も去年ひどいめにあったので、今年は、「気力」でインフルエンザにならないよう気をつけます。
    それにしても、雪、今年は本当によくふりますねー。
    初めての雪かきとの戦いなので、そう思うだけでしょうか・・・。
    もう本当にうんざりですが、これからもずっと付き合っていかなければならないんですよね。ふぅ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です